テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

【社内インタビュー】Laniakea株式会社 |リモートワークの取り組みを徹底紹介!

Laniakea株式会社について

caption

今回は、DX(デジタル・トランスフォーメーション)事業を行なっているLaniakea株式会社の冨田さんにインタビューをさせていただきました。 リモートワークの取り組みを中心に、社内での働き方や事業について独占取材させていただきました。

Laniakea株式会社のHPはこちら

Laniakea株式会社の事業の概要

Laniakeaならではの先端技術

Q. Laniakea株式会社の事業について詳しく教えてください。

冨田さん:弊社はテクノロジーによる事業の展開を行っております。主に機械学習やブロックチェーンなどの先端技術に特化したSES事業、人材紹介事業、システム開発、DX関連の受託、コンサルティングや自社サービスの開発を行っています。我々の強みでもあるデータ活用を利用しているため、スポットでいただいた要望や案件にも柔軟に対応できます。

また、一貫したコンサルティングからエンジニアリングまでできる点が特徴です。サービス業務としましては、「お問い合わせ」「ヒアリング」「マッチング」「業務開始」「サポート」というフローを踏んでいます。SESだけでなく、ヒアリングからサポートまですべて行う企業は珍しいかと思います。

優秀なエンジニアの在籍

冨田さん:幅広い領域のスキルを兼ね備えた優秀なエンジニアを提供することで、各ニーズに対応できる組織体制を整えています。

弊社のフリーランスエンジニア向け求人サービス「DXジョブ」では、「最先端」「尖ったお仕事」をキーワードに展開しております。

登録いただいているエンジニアさんは、アグレッシブでチャレンジ心のある方が多い印象です。また審査に合格した人のみが登録できる仕組みとなっており、技術面を重視、クライアントに信用してサービスをお使いいただける取り組みを行っています。

Q. そうなんですね!それでは具体的にどのようなスキルを持ったエンジニアが在籍しているか教えてください。

冨田さん:本当に幅広く、総合して言えないのですが、例えば、数学科出身の機械学習エンジニア、自分で事業を行っていたフリーランス上がりのウェブディベロッパー、メディアの立ち上げ・運用を行っていたデータアナリシストなどさまざまです。最新の技術やノウハウを持ったエンジニアを集めているので、スキルレベルは競合と比べて差別化ポイントでもあるかと思います。

また高いスキルを兼ね備える点だけでなく、成果を特に重視しています。顧客に満足してもらえるようなサービスを提供する会社を継続させていくためにも、双方に十分な人材を求めています。

豊富な経験を詰んだエンジニアが在籍

Q. Laniakeaさんの強みでもある最先端技術の網羅に関しまして、実際に行っている業務等について教えてください。

冨田さん:そうですね。中小企業に向けたRPA事業(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入や支援、業務のIT化等を行っております。また強みの一つでもある、機械学習に特化した業務を請け負っています。豊富な経験年数、経験内容を持つエンジニアを採用しているため、確実に問題解決へと導きます。

Laniakea株式会社のリモートワークの社内制度・体制

caption

コロナウイルス流行前も後も基本フルリモートワーク

冨田さん:Laniakeaはフルリモートワークの形態を取っています。コロナが流行する前もずっと同じです。高いスキルを兼ね備えたエンジニアが在籍しているため、リモートワークでも全く問題ないですし、オフィスも必要ないですね。

Q. 社員の所在地は決まっていますか?

冨田さん:一人福岡県の方がいますが、ほとんどの社員が東京在住です。お客さまとのミーティングをする際に集まりやすいというのが一つの理由です。

特に東京のクライアントと顔を合わせる機会が多いというのもあります。また、こちらからお客さまの元へお伺いするよりも来ていただくことの方が多いので、原則東京でのリモートワークとさせていただいております。

Q.フルリモートということで社員同士で会うことは少ないのでしょうか?

冨田さん:基本フルリモートなので、集まること自体は他の企業に比べて少ないように感じます。コロナが流行する前は飲み会など社員同士の交流の場はありましたが、今は緊急事態宣言下なのでなかなか難しいというのもありますね。

フルリモートの形態ではありますが、だからといって全くコミュニケーションを取らないわけではもちろんなく、業務内外でコミュニケーションをとっています。

効率化を意識したリモートワーク

Q. では、業務上のコミュニケーション方法をお聞かせください。

冨田さん:コミュニケーションは主にSlackベースとプロジェクトベースで分けています。基本やり取りはSlack上で行っていますが、必要な場合はプロジェクトごとのオンラインミーティングを設けることもあります。

他はzoomなどその時に応じて使うことはありますが、電話でのやりとりは少ないです。またリモートワークの方が社員の満足度も高いと実感しております。

Q. そうなんですね!地方や東京と拠点が違くても、コミュニケーションを取ることでお互いの状況を理解して効率よく業務を行っているのですね。

冨田さん:そうですね。在籍しているエンジニアも成果を出しているので、ワークスタイルもコミュニケーション方法も問題なく行えております。

Laniakea株式会社のリモートワークにおける工夫・取り組み

caption

Q.リモートワークを推進している企業として、業務の生産性を上げるコツなどありましたら教えてください

冨田さん:最低限当たり前のことを行うことですかね。基本は専課の進捗確認のみです。あとは積極的なコミュニケーションを心がけること。「報告」「連絡」「相談」のホウレンソウを日常的に行っているのが、業務の円滑化につながっているのだと思います。

Q. なるほど!常識を持って接することですね。

冨田さん:そうですね。zoomや電話はあまり使わず、Slackでテキストベースのやりとりが多いので、きちんと返事をするなど基本的なところを心がけています。

どのような人を採用したいか

Q. 会社の組織としては優秀な人材が在籍している印象ですが、改めてどういった方に入社していただきたいですか?

冨田さん:スキル面は入社後、弊社で育てることが可能です。中途メインで新卒の募集はかけていないのですが、一年以上の技術者としての経験があれば問題ありません。十分なスキルがなくてもその人の能力にアサインしつつ教育していくので、個々の成長率はかなり期待できます。

Q.スキル面以外で何か求めることがあれば教えてください!

冨田さん:1年以上の経験の他にベンチャー企業で働くことに躊躇しない方、会社と思考性が合うかどうかを重視しています。最低限即戦力であることが大事だと思っています。

Q. 社員と積極的にコミュニケーションを取りつつ、リモートワークで無駄のないワークスタイルを実現したLaniakeaさんの実態を知ることができました!本日はありがとうございました。

冨田さん:こちらこそありがとうございました!

会社概要

社名:Laniakea株式会社

従業員数:10人

事業内容:DX人材のSES、人材紹介事業、DX関連の受託、コンサルティング

設立年月:2018年9月13日

会社所在地:東京都中央区日本橋1丁目6-7 日本橋関谷ビル6F

URL:https://laniakea-tech.net

最新のコラム記事COLUMN

コラム をもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビュー をもっと見る