テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

【社内インタビュー】株式会社ネクスタム |リモートワークの取り組みを徹底紹介!

株式会社ネクスタムについて

今回は、受託開発、SES仲介、セミナー事業を行っている株式会社ネクスタムの宇恵さんにインタビューをさせていただきました。リモートワークの取り組みを中心に、社内で働き方や事業について独占取材させていただきました。

caption

株式会社ネクスタムの事業の概要

Q. まずは、株式会社ネクスタムの事業の概要を教えてください。

宇恵さん:弊社では、受託開発やSES仲介、セミナー事業を中心に、ITのチカラを駆使して、様々な会社様を応援し、夢を叶えるお手伝いをしております。セミナー事業は、主にノーコード開発について、お伝えしております。エンジニアでない方でも、自社に合ったシステムが開発可能になるプログラムを提供しており、ご好評を頂いております。

受託開発について

宇恵さん:システム上での課題や、要望といったあらゆる疑問をスピーディに対応しています。弊社には、高い技術と豊富な経験を持つエンジニアが在籍しており、お客様のご要望にお応えする万全の体制が整っています。お客様とチームになり、ご要望にお応えしていく、寄り添った開発を進めております。

SES事業について

宇恵さん:弊社では、案件と人材の仲介を担当させて頂いております。人材が足りないといった場合でも、短期的な増員に対応しています。

幅広いネットワークを活用し、必要なスキルや最適な案件・人材提案しております。現在、ITエンジニアは不足しており、この課題を解決することで、日本の技術発展に貢献することができます。日々、お客様や人材を紹介いただけるパートナー様と、コミュニケーションを取り、両社がメリットに感じられる提案を心がけております。

株式会社ネクスタムの事業とリモートワークで運営する上での工夫

caption

受託開発

受託開発メンバーには、PCを貸し出し、VPN接続のもと、開発を進めて頂いております。また、弊社では、コロナ前から社内間とお客様とのコミュニケーションツールとして、チャットワークを採用しておりましたので、違和感なくリモートワークに移行できました。また、上司・後輩への進捗確認等にはGoogleのmeet機能を活用し、顔を合わせたコミュニケーションの取り組みも増やしました。お客様への付加価値や生産性を落とすことなく、開発を進められております。

SES事業

宇恵さん:コロナ渦の中、各会社様のリモートワーク化も進みましたので、オンライン営業を増やしました。Zoomを活用し、自宅から多くのお客様に提案をしております。以前より、圧倒的に提案数が増えたため、成約件数の増加はもちろん、コミュニティ拡大にも繋がっております。

セミナー事業

宇恵さん:現状は全てオンラインで開催しております。ノーコード関連のセミナーでは、画面共有をして、制作現場を実況解説を行うなど、Zoomの機能をフルに生かし、情報提供しております。現場のセミナーと異なる点としては、その場に参加者の方がいらっしゃらないため、雰囲気や情熱を共有することが非常に難しいことです。講師の方からお客様に、より多くお声掛けしながら進めるなどしながら、ご満足頂けるセミナーになるように、常に改善を進めております。

株式会社ネクスタムのリモートワークの体制

caption

株式会社ネクスタムではどのようなリモートワークの体制をとっているのか伺いました。

リモートワークの導入したきっかけ

Q.:リモートワークを導入する前や後での経緯を教えてください。

宇恵さん:コロナ禍以前は、制度として、リモートワークあり、ひと月に1回程度行ってきました。そこまで本格的にはリモートは浸透していなかったのですが、横浜港でのプリンセス船でコロナについて取り上げられてから本格的なリモートワークが始まりました。

その時は全員ではなく、電車通勤をされている人がリモートワーク対象で進めていました。そもそも弊社では、電車通勤のストレスを減らすために、会社の近くに住むことを推奨しています。そのため、徒歩30分圏内に住んでいる人が圧倒的に多く、その時はまだ出社する社員の方が割合が高い状況でした。

Q.:現在のリモートワークの体制はどのようになっているのでしょうか?

宇恵さん:3月の緊急事態宣言が出てからは、オフィスから徒歩30分圏内の社員もリモートが始まりました。緊急事態宣言が明けてからは、近い人は出勤、遠い人はリモートという体制でいました。残念ながら、コロナの感染が拡大し、今はほとんどがリモート(在宅)という体制になっています。

今後は出勤かリモートワークを自由に選べる体制へ

Q.:今後のリモートワークの方針はありますか?

宇恵さん最終的には、「出社」と「リモートワーク」を選べる体制にしたいと考えています。現在弊社は若手社員が多く在籍しており、育成においてはリモートより、出社の方が効果が高いと感じております。そのため、若手のうちは出社しながら育成し、自立して働ける方には、「出社」か「リモート」かを選択できる体制を目指します。場所を選ばす、求められている成果を、きちんと出せる環境を社員全員に提供したいと考えております。

Q.:セキュリティ面での取り組みについて教えてください。

宇恵さん弊社では、セキュリティ研修を月1回全社員が受講することで、意識を高めるとともに、VPN接続での作業やリモートワーク誓約書を結ぶことによってセキュリティ対策を行っております。

その他の社内発信のリモートワークの取り組みに関することはこちらの記事でも取り上げています。

Withコロナとネクスタムの挑戦

オフィスの役割について

宇恵さん:コロナ前は、他社様と同じように、社員全員が集まって、仕事をする場として機能していました。リモートワークである現状は、仕事やイベントなど、アナログなコミュニケーションを取る場として活用しています。今後は以前よりも、親密度の高める場として機能していくことが考えられます。

Q.:集まる場の重要性というところでしょうか?

宇恵さん:そうですね。ネクスタムの仕事自体が、リモートでできないわけではありません。そのため、リモートの方がメリットを感じる部分が多くあるのも事実です。ただ、コミュニケーションを取る事においては、アナログ環境の方が優れているとも感じます。隣で先輩に質問できる環境の方が、成長を促しやすいのです。また、画面上よりも感情が動きやすいのも事実としてあります。やりがいや働き甲斐を、感じて頂くためにも、

オフィスに感情をより動かしてくれる機能を充実させていきたいです。

株式会社ネクスタムのリモートワークに関する社内の工夫・取り組み

caption

コミュニケーションを積極的にとっている

Q.:社内でのコミュニケーションの取り方についても教えてください

宇恵さん:リモートワークの息抜きの一環として、部署関係なくメンバーをシャッフルして15時30分から4-5人1組で10分間話す「雑談タイム」を取っています。

この活動を通して、社員間同士の距離感が近づくだけではなく、他部署の方や先輩に相談に乗って頂くなど、仕事の生産性向上にも役立っています。ネクスタムの特徴でもある、役職・年齢関係なく仲良しな雰囲気が、この活動をより良くしてるのはないかなと思っています。

朝会と夕会で業務確認

宇恵さん:弊社では、始業後と終業前に朝会・夕会を15分程実施し、その日の作業内容や進捗を確認しています。参加する全員が当日のタスクを共有するため、漏れも少なく、効率的に作業を進められています。情報共有や質問タイムに留まらず、雑談等を交わすことで、チーム力強化にもつなげています。

リモートワークに対する社内の満足度

リモートワークの満足度は、全体的には高いといえると思います。しかし、個人差はもちろんあると感じています。ただ、若手に関しては、分からない部分が質問しにくいという意見もあるのも事実です。

これまでは先輩・後輩が隣同士に座り気軽に、口頭で、質問できる環境であったことが考えられます。現状はテキストでのやり取りがどうしても多くなるため、質問すること自体に工数を取っていることもあります。

勤務歴3年以上の社員は、「オフィスより自宅の方が集中できる」といった理由で、満足度が非常に高い傾向があります。

Q. 株式会社ネクスタムでは、具体的にリモートでどんなツールを使い、どんな取り組みをしていますか?

業務連絡はChatworkを使用

宇恵さん:業務に関してのやりとりは、チャットワークを使っています。会社全体としてレスが非常に速いため、メールよりも、よりスピーディーに対応することが可能です。個人チャットは、LINE感覚で気軽に使用している社員も多く見られます。仕事以外の面でも、コミュニケーションを取りやすい環境・関係性であると言えるかと思います

Googleカレンダーで仕事内容を把握

宇恵さん:誰がどんな業務をしているのか、全体で把握するためにグーグルカレンダーを活用しています。「聞かなくても、見ればわかるよね」という環境づくりです。

上司に何か相談がしたいことがあっても、今の時間は忙しいかな?と思ってしまう場合がありますが、そういう不便を無くすために、上司がmeetで相談できる時間帯を設定してカレンダーに登録しています。上司によって時間は違いますが、1時間くらい設定している人が多いです。

Googleのツールを活用することにより業務を円滑に

宇恵さん:弊社はコロナ前後で使用しているシステムがほとんど変わらないため、リモートで不便を感じることもあまりありません。リモートでの作業も、指示が出た翌日に移せたくらいです。ただ、以前まであまり使用していなかった、meetやJamBoardなどを活用するようになりました。

在宅で仕事できるように、助成金で高スペックなPCを新規購入したため、以前より、仕事環境も快適になったと考えられます。

株式会社ネクスタムではどんな人を採用したいのか

Q. リモートワークという環境で、どんな人を採用したいですか?

宇恵さん:自律性や自主性がとても求められているのがリモートだと考えています。大前提として、時間を守る、生活リズムを整えるなど、当たり前のことが当たり前にできる方であること、素直で新しいことにどんどんチャレンジしていくような、勉強熱心で意欲的な方を求めています。今までは裁量権が無くて、やりたいことができなかった方や、社長直下で新規事業を進めていきたい方を、積極的に採用していきたいです。

会社概要

  • 社名 株式会社ネクスタム(英名:NEXTAM )
  • 従業員数
  • 事業内容 SI事業(システム開発、保守・運用)SES事業( ITエンジニアがお客様の業務を支援)ASP事業( クラウドサービスの提供)
  • 設立年月日 2008年10月
  • 会社所在地 〒141-0031東京都品川区西五反田7-13-5
  • URL http://www.nextam.jp/about.html

最新のコラム記事COLUMN

コラムをもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビューをもっと見る