テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

【インタビュー】株式会社Reach Script 代表 岡田 拓巳さんのリモートワークへの思いを徹底取材!

はじめに

今回は、フリーランスエンジニアの後に会社を立ち上げた株式会社Reach Script代表の岡田 拓巳さん(https://twitter.com/bb_ja_k)さんに、リモートワークの環境でどのような一日を過ごしているのか、仕事への思いやリモートワークのメリットやデメリットについて取材させていただきました。

岡田 拓巳さんのプロフィール

caption
名前岡田 拓巳さん
会社株式会社Reach Script 代表取締役
twitterhttps://twitter.com/bb_ja_k
仕事内容システム開発
リモートワーク状況フルリモート
エンジニア歴6年(※取材時:2021年4月当時)

岡田さん:私はSIerで基幹システム等を経験し独立、フリーランスとして3年間活動した後、2020年にReach Scriptを設立しました。

プロダクト開発には様々な壁があります。そもそも何を作るべきか分からない、作ったものが思ったように機能しない、チーム内での意思疎通が上手くいかない、 そもそも技術力が足りない etc...

そんなプロダクト開発の壁に妥協せず真正面から立ち向かう集団をつくりたいと思いReach Scriptを発足しました。

株式会社Reach Script - HP

岡田さんのエンジニアになろうと思ったきっかけ

Q. 岡田さんがエンジニアになろうと思ったきっかけについて教えてください。

岡田さん:大学時代はデザイン系をやりたいと思っていましたが、入った学科がデザイン系半分、情報系半分、と言う学科で、デザイン系の研究室に選考で落選してしまい仕方なく、エンジニア系の研究室に配属しました。

そして、その後もなりゆきで新卒でエンジニアとして正社員として入社しました。その後、社会人3年目の途中でフリーランスになりました。

リモートワークは「自分で集中できる環境」を作れる

caption

Q. 実際にリモートワークで働いてみて感じたリモートワークのメリットなどあれば教えてください。

岡田さん:一番のメリットだと感じたのは「自分で集中できる環境を作ることができる」という点です。

私は仕事しながら雑談をするのがずっと苦手でした。しかしリモートワークになって自分の好きなディスプレイ、BGMなど、自分が集中できるような環境作りができるようになりました。

Q. 確かにオフィス勤務特有のこまめな「雑談」は人によって合う合わないそれぞれあると思います。

リモートワークは自分のパフォーマンスに合わせることができる

岡田さん:他にも自分のパフォーマンスを合わせることができると言うのもメリットだと思います。

例えば、午前中寝た方が絶対パフォーマンス上がるって言う日、ありませんか?(笑)出社体制だと午前中に無理矢理出社するなど、よく聞く話です。

「自分でパフォーマンスが出る」スケジュールを組み、それに合わせて働けるって言うのはリモートワークの大きなメリットだと思います。

リモートワークは人との繋がりを持ちにくい

Q. それに対してリモートワークのデメリットなどは感じましたか?

岡田さん:やっぱり寂しいってところです(笑)リモートワークだと家で全ての仕事が完結してしまうので、人との繋がりを持ちにくくなってしまいがちです。

気を抜くとコミュニケーションや繋がりが崩れてしまいます。

私はそのためにエンジニアの勉強会を開いたりするなどして人との繋がりを持つ「努力」をしています。

理想は出社とリモート自由に選べて、気が向いたときに出社してコミュニケーションが取れる、みたいなスタイルだと思います!

Q. なるほど。リモートワークの場合は人との繋がりを持つために工夫する必要があるんですね。

岡田さんのリモートワークの一日

Q. それでは岡田さんがリモートワークの環境でどんな一日を過ごしているのか教えてください!

caption

岡田さん:日によりますが、基本的に朝8時頃に起きて、9時頃から仕事を開始します。そして11時頃に趣味のサウナに行きます!(家から徒歩5分の立地にサウナがあります)

サウナから帰ってきたら夜の19時頃まで仕事をして、その後も夕食を食べたあとは仕事をする日もありますね。

Q. サウナが近いの羨ましいです…(笑)

Reactの動画教材を配信

岡田さん:私はオンライン学習プラットフォーム「Udemy」でReactのコースを出しています。

caption

昨今のWebフロントエンド開発で人気のあるライブラリはReactです。しかし、Reactは「とっつきづらい」「難しい」などの声を多く聞きます。実際、日本にReactの入門を分かりやすく解説している教材は少なかったと思います。

そんな方のためにプレーンなJavaScriptからReactを習得するための掛橋になるような教材を作りました。2つのコースを作成していて、入門編を行っていただいた後、実践編でステップアップをする、という内容になっています!

入門編と実践編、両方受けたらかなりReactの学習が捗ると思うので、是非気になった方はこちらのURLから受けてみてください!

React動画教材クーポン | 25歳で独立したフリーランスエンジニア"じゃけぇ"のあれこれ

Q. 本日は本当にありがとうございました!

岡田さん:こちらこそありがとうございました!

友だち追加

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る