テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

【社内インタビュー】株式会社QVCジャパン | リモートワークの実態調査と社内文化を徹底解明!

LINEでキャリア相談

株式会社QVCジャパンについて

今回は、24時間365日テレビショッピング放送を行なっている株式会社QVCジャパンの広報業務に携わっている林さんにインタビューをさせていただきました。 リモートワークの取り組みを中心に、社内での働き方や事業について独占取材させていただきました。

株式会社QVCジャパンのHPはこちら

株式会社QVCジャパンの事業の概要

caption

24時間365日テレビショッピング放送

Q.:まずは株式会社QVCジャパンがどんな会社なのか、手掛けられている事業などについて教えてください!

林さん:株式会社QVCジャパン(以下「QVC」)では、テレビショッピングやECサイトを通じて、アパレル、ファッショングッズ、美容品、健康食品、フード、キッチングッズ、家電、ホームグッズといった主に女性向けの商品を紹介しています。

商品だけではなく、お客さまにショッピングの楽しさを届けたいという思いで日々取り組んでいます。

QVCのECサイトはこちら

Q. テレビショッピングといっても具体的にどんな内容なのですか??

林さん:QVCでは、一般のECサイトでは体験できない、お客さまとのつながり大切にしています。

QVCのテレビショッピングは、QVCのナビゲーターと、商品を紹介するゲストで番組を進行しています。

ゲストと司会者であるナビゲーターが会話を通じて、画面の向こうにいるお客さまに商品の魅力を伝えていきます。

その様子を映像で伝え、お客さまは実際に自分の手にとって品定めをしているような感覚でショッピングを楽しめます。

高度な映像技術を生かした生放送

林さん:株式会社QVCジャパンでは、生放送や放送技術のよさを生かして、お客さまの要望を放送中に吸い上げてより具体的に伝えつつ、ショッピングの楽しさを感じられる工夫をしています。

  • お客さまからの要望に生放送で答える
    「裏地を見たい」「もう一度ブルーの色を見たい」など生放送中にいただいたお客さまからのご要望を放送演出に反映
  • 2018年12月から4K HDR放送
    色の再現性が高い映像を使うことで、実際に届いた商品の色とお客さまがイメージしていた色との違いからくる相違をなくす
  • ASMRの導入
    聴覚からの刺激からも商品のよさを伝える

最新鋭の放送技術を使い、視覚や聴覚を刺激するような映像でより商品のよさを分かりやすく伝えるようにしています。

株式会社QVCジャパンのリモートワークの社内制度・体制

caption

Q. 株式会社QVCジャパンでのリモートワークを始めた経緯について簡単に教えてください。

林さん:2020年4月に発令された緊急事態宣言直後から、リモートワーク可能な従業員は出来るだけ、リモートワークに移行していきました。

また、緊急事態宣言以前もQVCでは、一部従業員や、コールセンターのホームエージェントはリモートワークを実施していたという経緯があります。

QVCでは、リモートワークを増やし、出社が必要な従業員の働く環境の安全を守ることを念頭に取り組んでいます。

Q. 株式会社QVCジャパンではリモートワークではなく出社する人もいるのでしょうか?

林さん:QVCは、千葉県千葉市の本社にスタジオ等の放送設備、コールセンター、千葉県佐倉市の商品センターがあります。主に放送、コールセンター、発送に関する部署の従業員は出社という形をとっています。

もちろん、リモートワーク環境の従業員でも、出社が必要になれば出社しています。

caption

株式会社QVCジャパンのリモート体制

マーチャンダイジング部(買い付け)ほぼリモート
放送部門 ・コールセンター部門(24h体制)出社 / リモート
マーケティング部門(ECサイト)ほぼリモート
物流部門 出社 / リモート
バックオフィス部門(広報、人事、総務、経理、ITなど)ほぼリモート

株式会社QVCジャパンのWithコロナへの取り組みと今後

Q. 株式会社QVCジャパンの今後のリモートワークについてどうお考えかお聞かせください。

林さん:Withコロナのオフィス環境については、総務部が改善を続けており、例えば、オンラインミーティティング用の個室ブースの導入なども行っています。

Q. 株式会社QVCジャパンではWithコロナをどのように捉えていますか?

林さん:グローバル全体で、ニューノーマルを受け入れる局面まで想定して考えています。

コロナによる社会の変化を予想し、その時々に必要な対策を、グローバルで連携、情報共有をしながらコロナ対策をしていきます。

2020年3月現在では、2021年9月までリモートワーク体制を継続していく予定ですが、緊急事態宣言や感染者数等の状況を見て延長の可能性ももちろんあります。

9月というとだいぶ先のように感じられるかもしれませんが、来月再来月までリモート体制かわからないと、例えばお子さんのいる従業員など、生活面での予定が立てにくくなります。

従業員がコロナ禍という未曾有の環境下でも先を見据えて準備できるように、QVCは先見性を持って今後の対策を打っています。

caption

株式会社QVCジャパンのリモートワークにおける工夫・取り組み

ミーティングはMicrosoft Teams

caption

Q. 株式会社QVCジャパンさんでのリモートワークにおける工夫やコミュニケーションに関する取り組みについて教えてください。

林さん:QVCのオンラインミーティングではMicrosoft Teamsを使っています。

コロナの前までは大会議室に集まって行ってきた全社規模のミーティングを、Microsoft Teamsによる動画配信に変更しています。

Microsoft Teamsでリモート同時通訳体制を構築

Q. 株式会社QVCジャパンは外資系の会社とお聞きしていますが、言葉の壁はどのように対処されているのですか?

林さん:もちろん英語で行われるミーティングは英語もありますし、英語を主言語とした従業員もいるため、日本語で行われるミーティングも通訳が必要な場合があります。

そのため、リモートワークが始まってすぐリモート同時通訳のシステムを整え、日英間でコミュニケーションを取るようにしました。従業員がリモート同時通訳にすぐに慣れるよう、リモート通訳のマニュアルを作成し、 今のところ全く問題なくコミュニケーションがとれていて社内でも大変満足しているという声が出ています。

また定期的にコロナ禍における従業員調査をグローバル規模で実施し、従業員のコロナ禍での働き方も配慮しています。

コロナ禍での株式会社QVCジャパンの新入社員研修について

新入社員研修は2ヶ月間基本リモート

Q. コロナ禍での株式会社QVCジャパンさんでの新入社員研修について教えてください。

林さん:新卒入社時研修はリモートで行いました。

4月の入社後いきなりのリモートになりましたが、リモートでスタジオ見学を行うなど、QVCならではの研修を行ってきました。

Q. 新入社員研修がリモートでできた要因はなんだと思いますか?

林さん:事業を通じて培ったノウハウと、デジタルに対応できている企業であったことがよかったと思っています。また、新入社員がこうしたテクノロジーに慣れていたのも要因の一つかもしれません。

新入社員の「迅速なリモートワークの導入は、QVCのビジネスモデル(テレビやECサイトでのショッピング)があったからこそできたと感じている」言う感想が印象的でした。実際に、弊社ではそこが強みでもあるので、証明できたと感じています。

リモート研修をするに当たって見えた課題

Q. 新入社員研修がリモートで見えた課題はありますか?

林さん:コミュニケーションについては課題は課題を感じています。既存従業員の人たちと対面で挨拶ができていないので、画面だけではどんな人なのか、新卒社員なのかすらわかってもらえないときがあるようです。

プロジェクトへの取り組みが新卒の成長のきっかけに

林さん:新卒で、いきなりフルリモートだけど大丈夫かな?という思いは正直ありました。そのような中、とあるプロジェクトを新卒だけで取り組んでもらう、という試みに挑戦しました。

Q. 具体的にどんな取り組みをしたのですか?

林さん:QVCジャパン20周年を記念して実施している、ナビゲーターオーディションという企画のCM作成を行ってもらいました。

新入社員に、屋外ビジョンの大画面で放送するCMを作って欲しいというプロジェクトです。これをきっかけに、多くの既存従業員との接点が生まれ、先ほどの課題の解決に繋がったと思っております。

【開局20周年】QVCジャパン、次世代のナビゲーターオーディションを実施

Q. 新入社員がプロジェクトに携わったことでどのような感想がでたのか教えてください。

林さん:新入社員に感想を聞いてみると、

「プロェクトをしたおかげで、部門外の人とコミュニケーションをとるきっかけになり、仕事を通じてコミュニケーションや成長に繋がった。」

「入社式以来会えていなかった新卒同士で、お互いに成長を実感できたのが嬉しかった。」

という感想がでていました。この時に作ったCMで紹介しているナビゲーターオーディションの結果は、QVCの20歳の誕生日である2021年4月1日15時に発表予定なので、ぜひオンエアをご覧ください!

リモートにしたことで生産性はアップしたのか

ミーティングはフレキシブルに

Q. 株式会社QVCジャパンではリモートと出社の人がいるということですが、リモートを取り入れたことで生産性の部分についてはどうなったのか教えてください。

林さん:社内や社外のミーティングは、移動時間を短縮できているのでフレキシブルになったと感じています。

コールセンターは人員調整にメリットがある

林さん:コールセンターではコロナ禍になる前から短時間勤務、リモートワークを行っていたのですが、コロナによりリモートを拡充したことにより、メリットを感じる部分が多くなりました。

放送する商品によって必要なオペレーターの人数が違ってくるので、その時その時の人員調整がやりやすくなったと感じています。

具体的には、1時間や2時間という短時間勤務も可能になりました。

24時間のテレビショッピングをしているので、時間によって必要なオペレーターの人数がリモートワークによって調整ができるようになり、無駄がなくなったと感じています。

どんな人を採用したいのか

会社の文化にフィットする人材

Q. 株式会社QVCジャパンさんではこれからどんな人を採用していきたいとお考えですか?

林さん:QVCでは、リモートワークの環境に関わらず、会社の文化やそれぞれの部門にフィットするかどうかが最も重要である考えています。

その上で、

  • 主体性
  • 改善意識
  • チームワーク
  • カスタマーフォーカス
  • 他者への思いやり
  • 好奇心
  • 変化を受け入れるフレキシビリティ
  • 倫理観のある方

を求めています。

会社概要

社名:株式会社QVCジャパン

設立:2000年6月 開局:2001年4月(今年20周年)

事業内容:テレビショッピングを主体としたマルチメディア通販業

本社所在地:千葉県千葉市美浜区ひび野2-1-1

URL:https://corporate.qvc.jp/

友だち追加
LINEでキャリア相談

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る