テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

在宅の校正ってどんな仕事?始め方やメリットについてご紹介!

関連記事

記事のサムネイル

フルリモートワークとは?その働き方やおすすめの職種など徹底解説!

校正のお仕事って在宅でできるの?

caption

子どもが生まれたし在宅で仕事がしたい、最近コロナウィルスの影響で仕事に出られない。副業として在宅で校正の仕事を探したい、などと感じている方は必見です。

テレラボスタッフ

テレラボスタッフ

今回テレラボでは在宅で校正のお仕事とはどんな仕事なのか、始める方法、収入がどのくらいなのかご紹介していきます。

探し方から、注意点まで在宅校正者になれる方法を伝授しますのでどうぞ最後までご覧になってください。

その他の在宅ワークの仕事に関してもこちらの記事でご紹介しています。

在宅ワークでできるおすすめの仕事15選をご紹介

在宅で校正の仕事をする準備をしよう

caption

在宅で校正のお仕事をしたいと感じたならインターネットでお仕事を探していく必要があります。完全在宅でのお仕事ですから、自宅にインタネット環境が必要です。

校正のお仕事には必須になる資格などはありません。ですが、正しい日本語の知識は必要になるでしょう。日頃から新聞や本などに目を通して正しい日本語や漢字などを学んでいた方が有利になります。

テレラボスタッフ

テレラボスタッフ

また、会社での校正のお仕事とは違い在宅の校正のお仕事は出版社やテレビ局だけが契約先ではありません。webメディアの運営会社など幅広く募集がありますので地道に探していく必要があります。

在宅で校正のお仕事を探す方法

在宅で校正のお仕事をしたいと感じたならクラウドソーシングの会社に登録して探していく方法が一つの手段です。その他、企業自体が就活やバイト情報メディアで募集しているケースもありますので、インターネットで検索して探す方法もあります。

在宅の校正なら案件が多い「クラウドワークス」

caption

クラウドソーソーシングの会社で案件が多く、校正の募集も豊富なのが「クラウドワークス」です。完全在宅の校正のお仕事の募集がたくさんありますので、まずは受注者の登録をしてみてください。

受注の仕方は「校正者」としてお仕事の登録をしておくとスカウトが来ます。うまくスカウトがくれば契約はスムーズにできるでしょう。もしもスカウトを待っているほど余裕がない場合には、数ある案件の中から気になった募集案件に自分から応募します。

ただし、校正のお仕事は人気が高く応募者が多数です。実績がなければ採用される可能性は低いかもしれません。何度か応募するうちにあなたに合った案件が見つかりますので、めげずに応募していく姿勢が大切です。

受注しやすくするためにはプロフィールを充実させて自己アピールをしていくことも必要。意外に実績よりも誠実な人材を求めるクライアントもいます。

テレラボスタッフ

テレラボスタッフ

「納期は必ず守ります」「○○大学文学部出身」などあなたの武器になりそうな情報をしっかり記載し、プロフィールを充実させていきましょう。

在宅の校正ならサポートが手厚い「ランサーズ」

caption

クラウドソーシングの会社の中ではランサーズも校正のお仕事の募集は豊富です。登録者数がクラウドワークスよりも少ないこともありクラウドワークスよりもサポートが手厚いのがおすすめポイント。

応募やスカウトの仕組みはクラウドワークスと同様です。ランサーズではスカウトも多めなので1日1回はアプリを開いてスカウトが来ていないか確認するといいでしょう。

テレラボスタッフ

テレラボスタッフ

登録者数がクラウドワークスよりも少ないので意外にすんなり在宅校正のお仕事が見つかるかもしれません。

就活・バイト情報サイトの求人を見る方法も

caption

他には就活やバイト情報のサイトを見てみるのもアリ。募集は少ないものの、在宅校正のお仕事を募集する案件もあります。

クラウドソーシングで何回応募しても受注できない場合には、検索から探してみると良い案件に巡り会えるかもしれません。

在宅の校正と校閲の違いは?

校正と校閲との違いはわかりますか?名前が似ているからと校正に応募したつもりが校閲のお仕事だった、となってしまう前に2つの違いをしっかり把握しておきましょう。

在宅でするのは、校正も校閲の仕事もどちらでも可能。初心者なら校閲よりも校正の方が取り組みやすいかもしれません。何れにしても、ライティングの仕事よりも校正や校閲には技術が必要です。

校正とは誤字脱字などを正すこと

caption

校正とは、正しい日本語で文章が書かれているのかをチェックするお仕事です。具体的には誤字脱字のチェック、漢字の間違いの修正、「ら」抜き言葉などのチェク、主語と述語のねじれ修正などのこと。

誰でも簡単にできると思われがちですが、正しく校正するためにはそれなりの技術と知識が必要になるでしょう。

校閲とは意味を読み込み内容をチェックすること

caption

校閲の仕事とは、文章を読んで内容自体をチェックするお仕事です。具体的には、内容が矛盾していないか、内容の信ぴょう性はあるのか、正しい情報が記載されているのかをチェックします。

テレラボスタッフ

テレラボスタッフ

例えば、レストラン10選という記事ああったとします。店舗の基本情報が記載れていますが、営業時間や定休日など事実確認をしていくのは校閲のお仕事です。

在宅の校正の仕事に必要なスキルは?

校正を在宅で行うためには、仕事を始める前に身につけた方が良い技術や知識があります。慌てて応募するよりも先に技術を身につけてから応募しても遅くはありません。確実な受注に向けてスキルを磨いておきましょう。

在宅の校正にライティングの基礎知識は必要

caption

ライター業をしたことがない方は実績の面で採用してもらえない可能性があります。校正者を目指すなら、先にライターの仕事で実績を作っておきましょう。

ライティング技術を身につけることでおのずと正しい日本語を理解できるようになりますし、読みやすい文章がどういった文章なのかを理解できるようにもなります。

例えば、文末表現が重複すると読み手は冗長に感じますし、読みにくい文章になりがちです。校正する際に2回連続同じ文末表現になっている文章は「です」を「ます」に変更するなどして校正していきます。

一文を80文字以内にするなどの細かい校正ルールがある場合も。こういった基礎知識はライティングしていくうちにレギュレーションで覚えていけます。そのため、各社はライティング経験者を採用する傾向にあるのです。

在宅のライターの仕事についてはこちらの記事で詳しく取り上げています。

在宅のライターの仕事について詳しく見る

在宅の校正の仕事でもコミュニケーションスキルが必要

caption

コミュニケーションスキルは在宅の校正者にも必須のスキル。校正した文章をライターに返信しますから、上手に会話できる能力がないとライターとスムーズにやり取りできません。

在宅ですから口話ではなくチャットやメールになる可能性の方が高いでしょう。そして校正した文章を上司に上げていくことも必要ですから柔軟に会話できるスキルは身につけておいてください。

在宅だから、コミュニケーションは必要ないと考えるのは間違いです。確実に在宅校正者にもコミュニケーションスキルは必要になってきます。

在宅の校正には印刷・web公開の知識が必要

caption

在宅のケースでは紙ベースでの校正のお仕事は基本的にほとんどありません。ですが、出版社などと直接契約をした場合には、紙ベースの校正のお仕事も在宅で受注できるかもしれません。その場合には、原稿が印刷されるまでの流れの知識は一通り身につけておくべきです。

一般的にはクラウドソーシングできる在宅校正者のお仕事はwebサイトのお仕事。校正者は原稿の執筆から校正・校閲・web公開までの一連の流れをしっかり把握しておきましょう。

校正を在宅でする際の注意点

在宅の校正者になるためにはいくつか注意点があります。安易に在宅で校正しようと考える前にチェックして自分に適していると感じられたら校正者に応募してみましょう。

在宅ワークは時間管理が難しい

caption

在宅勤務は時間を有効活用できて楽に感じられるかもしれません。特に小さな子どもがいるなら外に出られず在宅で仕事をしたいと感じるのは当然です。

ですが、在宅ならではの落とし穴として時間管理が難しいという点も。隙間時間に仕事をしようと感じて始めたとしても、校正のお仕事には納期があります。納期に追われて家事や育児がおろそかになってしまうケースもあるでしょう。

上手に切り上げられずにご飯を作る時間がないということも考えられます。納期が明日ならうっかり徹夜してしまうということも。

時間管理が上手にできない方は在宅ワークは向いていません。こんなことなら外で働けば良かった、となる可能性があることを覚えておきましょう。

在宅の校正の仕事の競争率は激しい

caption

校正のお仕事はお手軽に主婦でも始められると感じられがちで常に高倍率です。実績のない初心者の方も多くその中で仕事をとっていくのは至難の技。校正者にすぐになれると思っていたのに仕事がもらえないというケースがあることを覚えておきましょう。

ですが、チャンスはきっとやってきます。諦めずに応募していく姿勢を大事にしてください。そして相性の良いクライアントに巡り会えたなら縁を大切に丁寧にお仕事をしていきましょう。

在宅の校正の仕事には悪質なクライアントもいる

caption

中には悪質なスカウトや募集も存在します。契約したものの、なかなかお仕事を開始できずに、最初に有料で講習を受けて欲しい、教材をまずは買って学んで欲しいなどと連絡してくるケースがあるかもしれません。

また、ありえないほどの低単価の報酬で仕事を依頼してくるケースもあります。1校正数十円というケースも。そういったクライアントは悪質です。在宅校正のお仕事の報酬相場は1校正500円〜3,000円程度。

有料クライアントなら契約が済んだらスムーズにお仕事の具体的な依頼があるはず。もしも悪質なクライアントに捕まったなら、すぐさま契約を解除した方が無難です。

在宅の校正の仕事を継続してもらえるとは限らない

caption

一度契約に至っても、クライアントが求めるスキルに達していなければ一回限りの契約になることもしばしば。契約できたからと安定収入を得られるわけではないことを覚えておきましょう。

安定収入を求めるなら複数社との契約が必要

caption

在宅のおf仕事は企業と直接契約ではない限りは継続して依頼があるとは限りません。クラウドソーシングのケースでは一回毎の契約になるケースも多数あります。安定収入を求めるなら、一社と契約して安心せずに複数社と契約していきましょう。フリーランスに契約数の上限はありませんので安心してください。

こちらの記事で在宅勤務のメリットとデメリットについてご紹介しているので、ぜひこちらのあわせて参考にしてみてください。

在宅勤務のメリットとデメリットについて詳しく見る

まとめ

caption

素人でも在宅の校正者になることはできます。特別な資格は必要ありません。ですが、ある程度のライティングと校正の知識は必要になりますので独学でまずは学んでいきましょう。

もちろん、通信教育や教材なども豊富にありますが、お金をかけなくても学ぶことはできます。日頃から綺麗な日本語を心がけ、新聞などの書籍に目を通して美しい文章を学んでみてください。

そして希望する方法で校正の仕事を受注していきましょう。きっと、あなたに合った素敵なクライアントに巡り会えるのではないでしょうか。

友だち追加

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る

リモートワーク転職 でなにかお困りですか?

LINEキャリア相談の詳細はコチラ