テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

男性でもコールセンターで働ける?男性におすすめの業務やメリットをご紹介!

LINEでキャリア相談

男性でもコールセンターで働ける!

caption

「コールセンターは男性でも働けるの?」「男性は採用されにくいって本当?」

コールセンターは女性が働いているという印象を持つ方は多く、男性のコールセンター勤務に対してこのような疑問をもつ方も少なくありません。

そこで今回は男性がしやすいコールセンターの業務やコールセンターで男性が働くメリット、注意点について紹介していきます。

在宅のコールセンターって実際どうなの?年収やメリット・デメリットまとめ

コールセンターで働く男性は多くいる

caption

コールセンター男性は勤務可能なのでしょうか?コールセンターは女性が多い職場というイメージを持つ方が多い職種ですが、男性も女性同様に活躍しているのです。

当然ですが、男性よりも女性が優遇されているわけではなく、オペレーターの幅を広げる目的で男性オペレーターの採用を強化するコールセンターも多数あります。

実際に、パソコンや通信サービスのテクニカル系、テレアポなどの営業系は主に男性が活躍しています。

コルセンター内の男性と女性の比率

caption

コールセンターで働く男性と女性の比率は実際どれくらいなのか調査しました。コールセンターの男女比は4:6から3:7程となっているケースが多く、女性オペレーターの方が若干多い傾向にありますが、比率を見ても圧倒的に女性が多いというわけではないことがわかります。

また、コールセンター内のリーダーやスーパーバイザー(SV)といった管理職の男女比でいうと5:5となっているコールセンターもあり、男性も活躍できる職場といえるでしょう。

男性が多い/しやすいコールセンターの業務の内容

男性が多く業務しやすいコールセンターの業務内容について大きく4つに分けて紹介します。

テクニカルサポート

caption

男性が多い/しやすいコールセンターの業務内容1つ目は、テクニカルサポートです。

テクニカルサポートとはパソコンや通信サービスやネットワーク関連の問い合わせに対応する業務です。

パソコンやネットワークに関する技術や知識を要する業務のため、このような分野に精通する男性が数多く働いています。

カスタマーサポート

caption

男性が多い/しやすいコールセンターの業務内容2つ目は、カスタマーサポートです。

カスタマーサポートの中でも主にクレーム対応業務は男性が担当しやすい業務になります。

クレームをつけるお客様の中には男性が対応することで「しっかり対応してくれている」と感じる方も多く、クレームを収拾できるケースもあるため男性が重宝されやすいのです。

アウトバウンド系

caption

男性が多い/しやすいコールセンターの業務内容3つ目は、アウトバウンド系です。

アウトバウンド系とはテレフォンアポインターやテレフォンマーケティングといった営業系の業務のことを言います。

お客様への新規営業や商談の為のアポイントなどでは男性がメインとなって活躍しており、営業業務と同様にプレゼンスキルなどが求められます。

そのため、営業経験を持つ人は即戦力になりやすい業務でもあります。

夜勤系

caption

男性が多い/しやすいコールセンターの業務内容4つ目は、夜勤系です。

24時間体制のコールセンターでは日勤と夜勤のシフトにわかれて稼働しており、中でも夜勤系シフトは男性が勤務することの多い業務なのです。

夜勤シフトで男性が勤務することが多い理由としては、会社の防犯面の理由が大きいといわれています。

夜勤では日勤よりも時給が高いというメリットもあり、しっかり稼ぎたい男性が数多く出勤する業務となっています。

コールセンターで男性が働くメリット

コールセンターは男女問わず活躍できる職場とわかりましたが、男性がコールセンターで働くことでどんなメリットが受けられるのでしょうか?

ここからは男性がコールセンターで働くメリットを5つ紹介していきます。

コールセンターでの勤務を考えている方は参考にしてみてくださいね。

昇給のチャンスがある

caption

コールセンターで男性が働くメリット1つ目は、昇給のチャンスがある点です。

コールセンターで正社員として働くとSVやマネージャーなどの部署やコールセンター内のリーダー的な役割にステップアップする機会があります。

男性女性問わずSVやマネージャーなどの管理職として活躍されており、男性であっても昇給の機会が与えられているのです。

求人ボックスによると2021年10月時点では、コールセンターの平均年収は362万円程ですが、SVに昇格すると平均年収は405万円と増加することがわかります。

このようにSVやマネージャーなどの管理職にステップアップすることで、昇給のチャンスが設けられているのはメリットといえるでしょう。

男性特有の低い声は信頼されやすい

caption

コールセンターで男性が働くメリット2つ目は、信頼されやすい点です。

実は男性特有の落ち着きのある低い声は、お客様をリラックスさせたり、信頼されやすい場合があります。

もちろん女性には女性で物腰の柔らかさと親しみやすさを与えられるという特徴があり、どちらか一方がオペレーターに適しているわけではありません。

お客様の中にはトラブルで焦っていたり、困っている中で電話をかけてくる方も多く、そんな時に男性オペレーターが対応することで不安や焦りをやわらげられるでしょう。

お客様の困りごとや悩みを解決する上で信頼されやすい落ち着いた声は男性独自の強みとなります。

クレーム鎮静化しやすい

caption

コールセンターで男性が働くメリット3つ目は、クレームを鎮静化しやすい点です。

コールセンターに電話をかけてくるお客様の中には、高圧的な態度を取る方やクレームを付ける方もいます。

中には女性オペレーターに対して高圧的な対応をするお客様もいるため、その時は男性が代わりにクレーム対応することでクレームが鎮静化する場合があります。

また、職場に男性がいることでクレーム対応や高圧的なお客様に対して落ち着いて対処できるため、女性オペレーターも安心して働ける職場になるでしょう。

男性の方が売りやすい商材もある

caption

コールセンターで男性が働くメリット4つ目は、男性の方が売りやすい商材がある点です。

髭剃りや男性用の化粧品など男性専用の商材は当然、男性の方が売りやすいですが、インターネットやパソコン関係の問い合わせなどの分野でも男性が数多く活躍しています。

女性と比べて男性の方がインターネットやパソコンに精通している方も多く、専門知識をもった説得力のある説明でお客様の悩みを解決に導けるでしょう。

このように女性が活躍する場面が多い印象の強いコールセンターでの仕事ですが、取り扱う商材によっては男性がメインとなって対応することも多いのです。

夜勤シフトやWワークで出勤しやすい

caption

コールセンターで男性が働くメリット5つ目は、夜勤シフトやWワークで出勤しやすい点です。

コールセンターによっては、24時間体制で問い合わせを受け付けている所もあり、夜間の勤務時には男性オペレーターが勤務する傾向が強いのです。

そのため、男性オペレーターとして働く人の中には、本業が終わった後にWワークとして働く男性も数多く所属しています。

夜勤シフトで男性が勤務することが多い理由としては、会社の防犯面の理由が大きいといわれています。

会社としてのメリットはもちろんですが、夜勤シフトは日勤シフトと比較しても給料が高く設定されており、効率的に稼ぎたい男性にとっても大きなメリットです。

職場によっては深夜から朝までみっちり働く場合と2、3時間程度の短時間の勤務でもOKとしているところもあるため、柔軟な働き方がしやすい職場といえますね。

コールセンターで男性が働く際に注意すべきこと

コールセンターで男性が働く際にはどんなことに注意しなければいけないのでしょうか?

続いてはコールセンターで働く男性が注意すべきことを3つ紹介します。

女性が多い職場環境や電話対応をメインとした仕事ならではの注意点とはどんなものがあるのか見ていきましょう。

同じ職場の女性への気遣い

caption

コールセンターで男性が注意すべきこと1つ目は、同じ職場の女性への気遣いです。

男性が活躍する機会が増えたとはいえ、現状はまだ女性が多い職場です。

そのため女性に対する配慮をもって働くことを心がけましょう。

女性が多い職場に全般にいえることですが、職場の女性との関係性がわるくなることで働きづらい職場となってしまう可能性があります。

職場ではおしゃべりが好きな人や愚痴をいうような人もいるため、愚痴に付き合ったりうまく立ち回る力が求められるでしょう。

また、クレーム対応などに対しても自分から率先して受けることで、女性から好印象を持たれやすくなります。

低いトーンの声が与える印象

caption

コールセンターで男性が注意すべきこと2つ目は、低いトーンの声が与える印象です。

男性特有の低い声はお客様に対して、安心感や信頼されやすいという印象を与えられるというメリットがありますが、人によっては「やる気を感じられない」場合や「高圧的」にとられてしまう場合があります。

そのため「自分にとってワントーン高い声でしゃべる」ことや「抑揚をつけてしゃべる」ことを心がけるだけでも、お客様に与える印象が変わります。

コールセンターでは研修期間やマニュアルを設けているため、電話での受け答え方やしゃべり方について学んでから実践に移せので安心して働き始められるでしょう。

清潔感のある服装を心がける

caption

コールセンターで男性が注意すべきこと3つ目は、清潔感のある服装を心がけることです。

コールセンターは服装や髪型などが比較的自由が多い職場ですが、清潔感のない服装や恰好は同じ職場で働く同僚にあまり良くない印象を持たれてしまうでしょう。

また、場合によってはクライアントや会社の上役が来ることもあるため、日頃から清潔感のある服装や身なりを心がけることが大切です。

服装が自由と言われてしまうとどうすればいいのかわからないという方もいるかもしれませんが、オフィスカジュアルを意識したカジュアル過ぎない服装で出勤すれば問題ないでしょう。

職場によっても雰囲気が異なるため、働きながら周りの雰囲気や他の社員を参考にしてみるのもいいですね。

コールセンターは男性でも働くメリットのある職場

今回はコールセンターは男性でも勤務できるのかについて、男性がコールセンターで働く上でのメリットや注意点について紹介しました。

コールセンターで働く人は女性の方が多いものの、男性オペレーターの数も増えつつあり、インターネットやパソコン関係の問い合わせ対応やクレーム対応など主に男性が活躍するコールセンターもあります。

コールセンターでは女性比率の高さから女性に対する気遣いを持つこと、男性特有の低い声が与える印象に注意して電話対応に当たるなど注意しなければいけない点もあります。

しかし、コールセンターで働く男性にとっても、SVやマネージャーなどの管理職に昇格する機会が用意されており、男性が働くメリットはある職種といえるでしょう。

コールセンターで働くことを検討している男性の方は、今回紹介したメリットや注意点を参考にしてみてくださいね。

友だち追加
LINEでキャリア相談

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る