テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

未経験から在宅エンジニアになる方法を徹底解説!仕事の探し方や必要なスキルなど

未経験で在宅エンジニアになる方法を徹底解説

caption

近年、新しい働き方として在宅勤務が主流になりつつありますが、その中でもエンジニアは完全在宅で仕事をできる場合が多く非常に注目されています。そんな在宅エンジニアに未経験からでもなれるのか疑問に思う方は多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、未経験から在宅エンジニアになれるのか、知っておくべきことは何なのか、また未経験から在宅エンジニアの仕事をする方法、必要なスキル、学習方法などを徹底解説します。

ITエンジニア・プログラマーでリモートワーク/在宅勤務が可能な求人

未経験でも在宅エンジニアになれる?

caption

結論、未経験から在宅エンジニアになることは可能です。しかし、全くの未経験から在宅エンジニアになるのは難しく、プログラミング言語などの必要なスキルを身に付けたり、学習する必要があります。

在宅エンジニアの仕事にはWebエンジニアやシステムエンジニアなどプログラミングを扱う仕事が多く、これらの知識やスキルさえ身に付ければエンジニア未経験でも仕事を始めることはできますし、働き方や案件によっては未経験からでも在宅でエンジニアの業務をすることができます。

また下のページでは在宅エンジニアの仕事の種類や年収、一日のスケジュール例などを解説しています。

在宅のエンジニアとは?仕事の種類や探し方、年収、一日の過ごし方など徹底解説!

未経験から在宅エンジニアを目指す上で大切なこと

ここからは、未経験から在宅エンジニアを目指す上で大切なことをご紹介します。未経験から始めていくので勉強はもちろんのこと、営業力やコミュニケーションスキルも大切です。それでは順を追って解説していきます。

エンジニアの種類を知る

caption

最初に、一概にエンジニアといっても様々な種類があり、それぞれ仕事内容も異なります。未経験から在宅エンジニアを目指していく場合、仕事の種類を知り目標を設定することが第一歩です。未経験から在宅エンジニアについて勉強する場合、どのような種類の仕事があり、一般的な業務は何かを知っておかないと、どこから学習すれば良いのか分からなくなってしまします。

前述した通り、エンジニアの種類は様々です。システムエンジニアやWebエンジニア、インフラエンジニアなどITにおける分野ごとで分かれています。それ以外にも数多くの種類が存在し、新しくできているものもあります。

まずはご自身が在宅エンジニアとして何を取り組んでいきたいかを決め、その分野に必要な基礎知識を集めることから始めてみることをおすすめします。

【2021年最新】ITエンジニアの全16種類を徹底解説!気になる年収は?

業務内容を知る

caption

未経験から在宅エンジニアを目指すにあたって、在宅のエンジニアの業務内容を知ることは、学習する上で非常に重要です。自分がどんな業務を行いたいか決めてその職種の在宅エンジニアを目指すのもよいでしょう。

例えば、アプリに興味があればアプリ開発、更にその求人情報やクラウドソーシングサービスなどで、実際の仕事内容を覗いてみるとやるべきことが明白になります。そこで見た仕事内容をもとに、必要な知識やスキルをブラッシュアップしていくことが大切です。

やりたい仕事や興味のあることに対して、ご自身が学習しなければならないことを一致させることは成長への近道となります。

リモートワークエンジニアって実際どう?向いてる職種やメリット、始め方をご紹介!

プログラミングの基礎知識を身に付ける

caption

エンジニアの仕事内容によっては、プログラミングなどのコーディング作業を下請けに任せてマネージメントにまわる場合は多くあります。しかし企画や開発をおこない、完成におけるまでのプロジェクトではプログラミングの知識があった方が適切な指示も出せるようになります。

プログラミングの根底を理解していないと、ご自身が開発や試験に携わる場合、何もできないなんてことになってしまうでしょう。未経験から在宅エンジニアを目指すならば、実際におこなう仕事ではどのようなプログラミング言語が用いられているのか調べ、最低限でも基礎知識は学習しておく必要があります。

リモートワークエンジニアならRuby on Railsがおすすめ!その理由とメリットについて徹底紹介!【徹底紹介】javaはリモートワークに向いている?仕事の始め方は?

環境を整えておく

caption

未経験から在宅エンジニアを目指していく方は、PCとインターネット環境が必須となります。これらは仕事や学習、リモート会議などの打ち合わせにも必要です。

また、長時間座ったままになりやすいエンジニアは、デスク周りなどの環境も整えておくと作業がはかどり生産性の向上も期待できます。オフィスワークではなく在宅での仕事になるので、私生活とのメリハリを意識することが大切です。

在宅勤務の環境作りを徹底解説!環境作りのメリットや必要なものは?

営業力やコミュニケーションスキルも必要

caption

在宅のエンジニアにとって営業力やコミュニケーションはとても大切です。企業に属していればもちろんリモートでの会議もありますし、仕事上での打ち合わせもする場面も出てきます。オフィス内で隣には同僚がいて数分で済む話も、在宅では少し手間がかかってしまいます。

そしてフリーランスとして活動していく場合には特に営業力が重要です。個人で全てをこなしていくフリーランスは、自ら仕事を受注していかなければいけません。クラウドソーシングサイトでクライアントや企業に対して営業をかけ、仕事を受注して柔軟に対応していくには必要不可欠なことです。

営業力やコミュニケーションスキルを養うことで、未経験でも在宅での仕事を円滑に進めていくことができるでしょう。

【徹底解説】エンジニアにおすすめのコミュニティ13選!参加方法や注意点をご紹介!

未経験のエンジニアが在宅で仕事をする方法

未経験のエンジニアがどのように在宅で仕事をしていくのか、その方法をご紹介していきます。これからご紹介していくのは3つの方法です。

  1. 企業に就職して在宅勤務
  2. 在宅副業として仕事を受注する
  3. フリーランスとして在宅で活動する

それぞれ順番に解説していくので、参考にしてみてください!

企業に就職して在宅勤務

caption

まずは企業に就職して在宅勤務をする方法をご紹介します。未経験からエンジニアとして企業に就職する場合、すぐに完全在宅とはいかずに週に数日からということも珍しくありません。

これは経験が浅いエンジニアの場合、任せられる業務が少なかったり、問題の解決に時間がかかり過ぎてしまうなどが原因です。社内でエンジニアの経験を積んでいき、最終的には完全在宅を目指していくことが一般的です。

企業に所属していれば、仕事仲間や上司からもフィードバックをもらえるので、未経験からエンジニアを目指していく方におすすめの方法です。

【2021年最新版】在宅ワークのおすすめ求人サイト8選

在宅副業として仕事を受注する

caption

次に在宅副業としてエンジニアの仕事を受注していく方法を解説していきます。これは文字通り、本業のかたわら空き時間や休日を利用し、クラウドソーシングサイトなどで仕事を受けていく方法です。

クラウドソーシングサイトには多種多様な仕事が掲載されていて、初心者でも取り扱うことのできる案件もあります。企業のエンジニアとして就職するには、実績も求めれれる場合もあるので、副業の実績をポートフォリオとして提示することも効果的です。しかし、クライアントの機密事項に触れる場合もあるので、しっかりと許可を得ることが重要です。

副業は未経験から在宅エンジニアを目指す方にとって、手軽に実際の仕事に触れることができるので大きなメリットがあると言えます。

エンジニアは在宅副業できる?おすすめ求人サイトや注意点を徹底解説!在宅ワークに大人気おすすめクラウドソーシングサイト10選!

フリーランスとして在宅で活動する

caption

最後に、フリーランスとして在宅エンジニアの活動をしていく方法です。フリーランスは完全に個人で動くので、場所を選ばず在宅で仕事をするのに最も適していると言えます。

ですが未経験から在宅エンジニアを目指す方にとってはハードルが高く、ある程度の知識や経験が必要になってきます。エンジニアとしての経験を積んで、ご自身のスキルや仕事を受注する動線が確保できれば、フリーランスとして独立することが可能となるでしょう。

在宅フリーランスエンジニアの本音を徹底解説 | メリットや年収、福利厚生サービスなど

未経験の在宅エンジニアに必要なスキル

caption

未経験から在宅エンジニアを目指すにあたって、業務に必要なスキルを身に付けることは非常に重要です。またエンジニアの資格をいくつかとることも、仕事をもらうのに役立つためおすすめです。

下記のページではエンジニアに必要なスキルは具体的に何なのかや、エンジニアが持っておくとよい資格について紹介しています。未経験から在宅エンジニアを目指したいが、何の勉強をしたらよいかわからないという方は是非参考にしてください。

稼げるエンジニアが持っている基本スキル6選をご紹介!効率的に勉強する方法は?エンジニアが持っておくべき資格とは?おすすめの資格10選!

未経験から在宅エンジニアになるのにおすすめのプログラミングスクール

未経験から在宅エンジニアになるにはまずプログラミングを学習する必要があります。その学習方法としてプログラミングスクールに通うことをおすすめします。ここでは、おすすめのプログラミングスクールを3つご紹介します。

TECH CAMP

caption

TECH CAMP転職成功率99%、全額返金保証が特徴であり、エンジニア未経験の方の転職実績も豊富で、未経験から在宅エンジニアを目指す方におすすめのプログラミングスクールです。

カリキュラムが管理されていて、モチベーションが維持できたので未経験でもエンジニアのスタートラインに立てた、という声が上がっています。以下TECH CAMPの口コミ・評判を紹介します。

私はTECH CAMP(旧TECH::EXPERT)短期コースで学びました。
通って毎日学習を継続した結果、30代未経験からでもエンジニアとしてスタートラインに立つことができました。
約10週間程度の期間の学びは長いようで短く、非常に充実した日々でした。
カリキュラムの進捗率が管理されるのと教室に通える事が、モチベーションの維持に繋がり良いなと思いました。 周りも勉強している方が多くいる環境なので集中しやすいです。 挫折しそうな人でも目的を持って通学すれば最後までやり遂げられそうなサポートはしてくれていますので安心して通えると思います。

出典:TECH CAMP(テックキャンプ)の口コミ・評判

テックキャンプ短期集中コースを受講しました!
カリキュラムは画像や動画が豊富に使用されており、プログラミング初心者でも分かりやすかったです。
しかし、一日にこなさなければいけないカリキュラム量は、初心者の私には少し多かったので、10週間は一日も休むことなく追われるように学習してました。全くの初心者の方は覚悟が必要かもしれません。

出典:TECH CAMP(テックキャンプ)の口コミ・評判

DMM WEBCAMP

caption

DMM WEBCAMPはプログラミング未経験の方に向けて開発された独自のカリキュラムが特徴で、DMM WEBCAMPの97%がプログラミング未経験から始めています。未経験で在宅エンジニアを目指したい方におすすめする理由は、未経験の方向けのカリキュラムに加えて、講師に質問し放題、専属のコーチ・アドバイザーが卒業までついてくれるという特徴があり、未経験の方が挫折せずに続けることできるからです。

また多くの転職成功の声が上がっています。以下DMM WEBCAMPの評判・転職成功例を紹介します。

内定を承諾いたしました✨

バックエンド、フロントエンド、どちらも触らせていただく機会があるということで、引き続き多くのことを学びながら、良いサービスを作っていけたらと思っています🌱

スクールをはじめ、同期や応援してくださったたくさんの方々、大変感謝しております🙇‍♂️

#DMMWEBCAMP

出典:Twitter

入社したいと思っていた企業様から内定頂けました!!
自社開発と受託開発を行なっている企業で、自分の携わりたいと思っていたWEB開発に携われます!!
やるぞ!!PHP!Laravel!

#DMMWEBCAMP

出典:Twitter

侍エンジニア

caption

侍エンジニア現役エンジニアがマンツーマンで指導してくれるのが大きな特徴です。また教材で学ぶだけでなく自分で実践的な開発を行うことができるので、未経験で在宅エンジニアになりたい方が実践的な経験を積むのにおすすめです。また自分に合わせたカリキュラムで好きなことを効率的に学べるのも魅力です。

以下侍エンジニアの口コミ・評判をご紹介します。

いつもお世話になってます。 何でも講師の方に質問出来るところが良いです。 オリジナルカリキュラムで、好きなことが学べるのも嬉しいですね。 転職に関するアドバイスももらえたので、IT関連で就職を考えている方には、とてもオススメです。
#侍エンジニア塾

出典:Twitter

侍エンジニア 卒業
自分に合わせたカリキュラムで効率的に学習できました。独学では挫折していたと思いますが、最終的にはポートフォリオまで作成でき、入塾してよかったと思います。卒業後も転職サポートや教材を使うことができるので、とても満足しています。
#侍エンジニア塾

出典:Twitter

まとめ

未経験から在宅のエンジニアを目指すには、かなりの努力が必要です。しかし、エンジニアになることができれば、いずれ自宅や好きな場所でも仕事ができ、収入のアップも見込めます。在宅で仕事が完結すれば、毎朝の通勤に悩まされることもありません。

今後IT技術もさらに進歩し、それに比例しエンジニアの需要も高まっていきます。未経験から在宅のエンジニアを目指そうと思っている方は、ぜひこちらの記事を参考に挑戦してみてはいかがでしょうか!

友だち追加

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る