テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

インフラエンジニアはリモートワークできる?条件や必要なスキル、注意点など

インフラエンジニアのリモートワークについて徹底解説

caption

インフラエンジニアは、物理的なシステム環境の管理などを伴うためリモートワークに不向きだとされていましたが、サーバーのクラウド管理が普及したことでリモートワークが可能となりました。

そこで今回は、インフラエンジニアがリモートワークをしていくための条件や、リモートワークのインフラエンジニアの収入、必要なスキル、求人の探し方などを徹底解説しています。

ITエンジニア・プログラマーでリモートワーク/在宅勤務が可能な求人

リモートワーク可能なインフラエンジニアの仕事内容

caption

インフラエンジニアとは、システムのインフラ部分の設計・管理・監視・運用を行うエンジニアのことを言います。インフラ部分とはケーブルやネットワーク機器、サーバー環境やリソース管理などのこと。

少し前までは、インフラエンジニアの主な勤務場所はデータセンターでした。実際の物理的なシステム環境を管理・運用する必要があり、リモートワークは不可能な領域と考えられていたのです。

しかし、AWSに見られるようにクラウドシステムの普及によって、インフラエンジニアもリモートワークが可能な領域に変化してきています。もしもインフラエンジニアになりたいと考えている場合は、条件によってリモートワークでも可能です。

リモートワークエンジニアって実際どう?給料やメリット・始め方をご紹介

リモートワークでのインフラエンジニアの需要

caption

先ほど述べた通り、社内のインフラをAWSなどのクラウドシステムで管理・運用できるようになり、リモートワークのインフラエンジニアの需要は高まっています。

クラウドシステムの導入が進んでいる理由としては、コストの削減です。情報システムをクラウド化することで管理コストなどを減らすことができ、業務の効率化が図れます。

現在、スタートアップ企業やベンチャー企業をはじめ多くの企業がクラウドシステムの導入を進めてているため、リモートワークのインフラエンジニアの需要が高く、特にWebサービスを運用する企業ではSREエンジニアの需要が非常に高いです。

インフラエンジニアがリモートワークできる条件

インフラエンジニアがリモートワークをするには企業のシステム管理方法などの条件があります。ここでは、インフラエンジニアがリモートワークできる条件を解説します。

リモートワークとは?メリットや種類・導入方法について徹底解説!

企業がクラウドシステムを導入している場合

caption

インフラをクラウドシステムで管理している場合にはリモートワークは可能です。具体的には、AWSやAzure、GCPなどのシステムで管理している企業を狙ってみましょう。これらのシステムでインフラを管理している企業ではインフラエンジニアもリモートワークが可能です。

物理的な配線などの仕事がない場合

caption

AWSやAzure、GCPなどでインフラを管理していたとしても、もっと末端でどうしても物理的な配線などの仕事を任されるケースもあります。例えばインフラエンジニアがオフィスのNAS環境などの構築を任されるケースなどです。

そういった仕事もインフラエンジニアの責任領域にしている企業の場合は完全なリモートワークにはなりにくい可能性がありますので注意が必要です。インフラエンジニアに何を求めているのか、どこまでが仕事の領域なのかを最初にはっきり確認しておく必要があるでしょう。

リモートワークのインフラエンジニアに必要なスキル

リモートワークのインフラエンジニアが身に付けておくべきスキルをご紹介します。また下の記事ではエンジニアが身に付けておくとよいスキルについても紹介しています。

稼げるエンジニアが持っている基本スキル6選をご紹介!効率的に勉強する方法は?

AWS、Azure、GCPなどのクラウドシステムについての知識

caption

先ほどご紹介した通り、リモートワークでインフラエンジニアをするにはAWSやAzure、GCPなどのクラウドシステムに関する知識は必須です。セミナーなども数多くありますので、知識を付けることをおすすめします。

今後スタートアップ企業はほぼクラウドで構築していくことになると考えられますし、現行自社でデータセンターを持って管理している企業もクラウドシステムに移行していくことが予測されます。

ですから、これからリモートワークのインフラエンジニアを目指す場合は、クラウドシステムについて学んでいくことが重要なポイントです。

SREについての知識

caption

さらには必須の知識とはいえませんが、リモートワークのインフラエンジニアになりたいならば、SRE(Site Reliability Engineering)についての知識を身につけていれば強みになるでしょう。

「SRE」とはgoogleが提唱している概念のことで、ソフトウェアエンジニアと運用管理エンジニアの融合のような概念です。運用管理とはまさにインフラエンジニアが担う部分になりますので、ぜひ学んでおけばSREのわかるインフラエンジニアとなり、需要が高まります。

SREとはこれまでの運用の課題を全て自動化しエラーや障害の予測なども含めて管理する概念です。人的工数を減らすことができ、さらにはソフトウェアの新たなリリース頻度なども自動で管理することができるようになります。

ただし、効率化に向けてのプログラミングなどの知識も必要になりますので、従来のインフラエンジニアの役割からさらに高度な技術が必要です。

リモートワークのインフラエンジニアの収入

リモートワークのインフラエンジニアの収入を会社員とフリーランスで比較して紹介します。また下の記事ではインフラエンジニアの年収について詳しく解説しています。

インフラエンジニアの年収ってどのくらい?男女別・年代別に徹底比較!

会社員のインフラエンジニアの年収

caption

リモートワークのインフラエンジニアの年収は約500万円前後です。ITエンジニアの中では高くはないのが実情です。というのも従来のインフラエンジニアは、レベルによってはさほどの技術力がなくても業務をこなせる領域だったからです。

ですが、今後更なるクラウドインフラの普及により、インフラエンジニアの需要も高まり、年収が上がることが予想されます。

フリーランスのインフラエンジニアの年収

caption

フリーランスでリモートワークしているインフラエンジニアの年収は約820万円と高い傾向にあります。これはリモートワークを前提としたクラウドインフラのエンジニア案件をこなしているからと考えられます。またSREが実装できるインフラエンジニアの収入も含まれているため、フリーランスでリモートワークしているインフラエンジニアの方が年収。

SREエンジニアの月収は高い傾向で100万円前後ともいわれています。

在宅フリーランスエンジニアの本音を徹底解説 | メリットや年収、福利厚生サービスなど

リモートワークのインフラエンジニア求人を探す方法

リモートワークのインフラエンジニア求人を探す方法について、4種類のサービスをご紹介します。

【徹底解説】リモートワークの求人サイトおすすめ6選 | 探し方のコツは?

フリーランスエージェントで探す

caption

リモートワークのインフラエンジニア求人を探すうえで、ITエンジニア向けのフリーランスエージェントの活用は有効手段です。ここではおすすめのフリーランスエージェントサービスを3つご紹介します。

ITプロパートナーズ

caption

ITプロパートナーズはすでにインフラエンジニアの経験がある方に適したエージェントで2,000社を超えるクライアントからマッチングすることができます。

また週2日からの案件もあり、リモートワークを気軽に始められるのも魅力です。

Midworks

caption

Midworksはフリーランス初心者には適切なエージェントで高単価案件は少ないものの、初心者でも働きやすい案件が多いことが特徴です。また手厚い福利厚生が最大の魅力です。

これからリモートワークのインフラエンジニアを目指すならまずはMidworksに登録してみるといいでしょう。

クラウドテック

caption

クラウドテックは大手クラウドソーシングサービスのクラウドワークスが運営するフリーランス専門のエージェントサービスです。

リモートワークOKの案件が豊富であるため、地方在住でリモートワークでインフラエンジニアをしたい方におすすめです。

リモートワークを多く取り扱う求人サイトで探す

リモートワークでインフラエンジニアを始めるにあたって、リモートワークを多く取り扱った求人サイトを利用する方法があります。ここでは2つの求人サイトをご紹介します。

テレラボ

caption

テレラボはリモートワーク専門の求人サイトで、高単価のITエンジニア求人を多く取り揃えています。また企業のリモートワークへの取り組みに関するインタビュー記事も掲載しており、応募先の企業のリモートワーク体制を詳細に知ることができます。

正社員の求人も多いことが魅力で、ある程度インフラエンジニアとしてのスキルを身に付け、収入アップやリモートワークをしたいと考えている方におすすめです。

インタビュー記事一覧

Indeed

caption

Indeed豊富な求人数が魅力の求人検索エンジンです。キーワードで簡単に条件を指定して検索できるため、リモートワークでインフラエンジニアを始めたい方は一度求人を探してみることをおすすめします。

インフラエンジニアの転職専門サイトで探す

caption

インフラエンジニア専門の転職サイトもあります。例えば、「FEnetインフラ」です。FEnetインフラならこれからインフラエンジニアを目指したい人が転職しやすい転職サイト

AWSやAzureなどの案件が数多く揃っていて、まさにリモートワークでインフラエンジニアを目指したい人にはぴったりです。検索条件で「リモートワーク」と入力することでリモートワークのインフラエンジニアの求人が数多く出てきますよ。

リモートワークのインフラエンジニアの注意点4つ

ただしリモートワークのインフラエンジニアにはいくつか注意点もありますので、ご紹介しておきます。

仕事は夜間や休日になるケースも多数

caption

インフラはユーザーが利用していない時間にメンテナンスをするケースが多く夜間や休日に仕事をしなければいけない可能性があります。

もちろんシステムや企業によってまちまちですが多くの企業では、リモートワークでも夜間や休日に働かなければいけないことを覚えておきましょう。

設計段階ではその限りではありませんが、インフラエンジニアとして運用管理なども任されるケースでは業務時間に縛りが出てしまうでしょう。

自由に休みを取得しづらい

caption

休日を自由には取得しづらい点にも注意してください。ITエンジニアの多くが自由に休みは取得しづらいのは当たり前ですが、リモートワークのインフラエンジニアも例外ではありません。

システムのリリースに合わせて設計・構築していく必要があり、どうしても仕事に合わせた休暇の取得になりがちです。

もちろん、先に休暇を取得しておけば休めるケースもありますが、他業種と比べて休暇取得の自由が少ないことを覚えておきましょう。

リモートワークでも自由に時間を使えない可能性もある

caption

育児や家事の合間にリモートワークをしたいと考えている主婦の方にはインフラエンジニアは不向きです。インフラエンジニアだと、あまり自由にリモートワークをできない点にも注意しましょう。

リモートワークのインフラエンジニアでも、打ち合わせの時間は固定の可能性がありますし、夜間や休日に呼び出しがある可能性もあります。家事や育児の合間にこなす仕事としては負荷が高いので覚えておきましょう。

必要な知識が多い

caption

リモートワークのインフラエンジニアとして現在需要が高まっているクラウドインフラのエンジニアは必要な知識が数多くあります。新たなクラウドインフラが出てくればさらに知識をつける必要がありますし、SREなどの知識も徐々に高めていく必要もあるでしょう。

一つ極めれば仕事がし放題なプログラマーなどとは違い、日々進歩するクラウドについて確実に学んでおく必要があります。

まとめ

リモートワークのインフラエンジニアの需要は高まっています。少し前まではインフラエンジニアのリモートワークは難しいとされてきましたが、現在ではリモートワークでも可能な領域になってきました。

これからインフラエンジニアをリモートワークで目指すなら、AWS などのクラウドインフラの仕組みを学んび、リモートワークのインフラエンジニアとして活躍しましょう。

関連記事

在宅のエンジニアとは?仕事の種類や探し方、年収、一日の過ごし方など徹底解説!未経験でもエンジニアでリモートワークできる!仕事の探し方やおすすめ職種を徹底紹介!在宅SE(システムエンジニア)ってどんな仕事?収入や始め方など徹底紹介【徹底解説】在宅のネットワークエンジニアって実際どうなの?年収、通信環境、スキルなど在宅のフロントエンドエンジニアって実際どうなの?必要なスキル、資格、仕事の探し方など
友だち追加

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る