テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

リモートワークの案件の探し方まとめ!おすすめの求人サイトやエージェントは?

関連記事

記事のサムネイル

フルリモートワークとは?その働き方やおすすめの職種など徹底解説!

リモートワークの案件は多い?

caption

昨今の社会情勢ではリモートワークの案件を探す方が多くなっています。リモートワークを探す方にとっては、リモートワークは案件が多いのか気になるところ。

実際にリモートワークの案件は昨今増加傾向です。探す人も多くなっていますので、各企業でもリモートワーク可能な求人をたくさん掲載しています。

今回テレラボでは、リモートワークを検討している方に向けて、リモートワーク案件の探し方からリモートワークの注意点までご紹介していますので最後までご覧になってくださいね。

テレラボスタッフ

テレラボスタッフ

リモートワークについて説明した下のテレラボの記事もあわせてご参照ください。

リモートワークとは?メリットや種類・導入方法について徹底解説!

リモートワーク案件の探し方

リモートワークの案件の探し方はたくさんあります。代表的な案件の探し方をご紹介しますので自分に合った探し方でリモートワークは見つけていきましょう。

テレラボで探す

caption

テレラボでは、在宅ワーク、リモートワークを中心とした求人情報を多数紹介しています。他の求人サイトに比べて高単価、またリモート頻度や雇用形態などを細かく設定して検索ができるため、とてもフレキシブルに働き方を選択できるサイトとなっており、これからリモートワークを始める方にとてもおすすめのサイトです。

テレラボスタッフ

テレラボスタッフ

テレラボのサイトに以下のボタンからアクセスできます。自分の希望にあった求人を探してみたり、サイトの仕様を確認するなど思い思いの方法で活用してみてください。

テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

常駐から徐々にリモートワーク案件に切り替える

caption

将来的にリモートワークに移行したい場合には、最初は常駐案件に応募し、信頼関係を築いてから徐々にリモートワークに移行する方法があります。

フリーランスで最初からどうしてもリモートワークを探したい方には不向きですが、リモートワークに不安の方には適した方法です。

まずは常駐から始めて、いずれリモートワークに切り替えることで正社員としても働けますし、保障の面でも安心できます。

知人からリモートワーク案件を紹介してもらう

caption

すでに人脈があれば知人からリモートワーク案件を紹介してもらう方法もあるでしょう。

エンジニア案件であればリモートワークも数多くあります。知人からの紹介であれば信頼関係も構築しやすく働きやすい環境です。

現在会社勤めの方なら現在の取引先から業務委託で直接受注できないか相談してみるとうまくいくかもしれません。

この場合にはすでに実績がありますので受注しやすい状況です。または、現在の会社を退職し、そのまま現在の会社から業務委託契約で仕事を引き続き受注する案もあります。

その他、人脈を通じて仕事を紹介してもらう方法もあるでしょう。自分に合った方法でリモートワークを始めてくださいね。

クラウドソーシングサイトから案件を検索する

caption

クラウドソーシングサイトを活用し応募していく方法もあります。クラウドソーシングサイトであれば基本的に全ての案件がリモートワークです。

ただし、必ずしも受注できるとは限らないため、気長に応募していくしかありません。実績重視になりますから、単価が安くてもどんどん受注していくことが大切です。

希望する職種が初めての方でも受注できるので、リモートワークが初めての方には安心して利用できおすすめです。

テレラボスタッフ

テレラボスタッフ

おすすめのクラウドソーシングサイトはクラウドワークスやランサーズ、ママワークスです。主婦や副業希望の方でも受注ができますので使い勝手が良いと言えるでしょう。

在宅ワークに大人気おすすめクラウドソーシングサイト10選!

検索でリモートワーク案件を探す

caption

googoleの検索で「リモートワーク 案件」などで検索するとたくさんのリモートワーク案件が検索できます。

その中から希望に沿った案件に応募していけばリモートワークを受注できるでしょう。ただし、倍率が高い案件もありますので、地道に応募していくしかありません。

軽作業から、エンジニア案件、数は少ないものの営業職なども見つかります。

フリーランスエージェントを利用し案件を探す

caption

リモートワークを本格的に始めたいならフリーランスエージェントの利用がおすすめです。実績があり、すでに技術がしっかり身についている方がリモートワークに切り替えたいならエージェントの利用がいいでしょう。

ですが、希望する職種が初めての方には適してはいませんので注意が必要です。

リモートワークエージェントはクライアントと利用者のマッチングをしてくれますので、実績重視になってしまいます。初めての方を採用したいと考えるクライアントはほとんどいません。

もしもリモートワークで初めての職種にチャレンジしたいならエージェントを利用するよりもクラウドソーシングサイトを利用するかgoogleの検索から案件を探すことをおすすめします。

テレラボスタッフ

テレラボスタッフ

続いて、フリーランスエージェントでおすすめの10個のサイトをご紹介します。

エンジニアがリモートワーク案件を探せるエージェント

リモートワークの案件の多くがITエンジニア向けの案件です。最初にエンジニア向けのおすすめエージェントを7つ見ていきましょう。

レバテックフリーランス

caption

案件探しに1ヶ月ほどかかっていた方でも、最短一週間でエンジニア案件が見つかるサイトです。そしてレバテックフリーランスの平均年収は862万円です。

通常リモートワークではあまり稼げない印象ですが、常駐するのと同レベルの収入を得られる特徴があります。契約更新率が90%を超えていることも魅力です。

案件がなくなって困るというケースも少なくなるでしょう。報酬支払いが業界最短クラスで15日後なことも嬉しいポイントです。

テレラボスタッフ

テレラボスタッフ

フリーランスエンジニアの平均年収は700万ほどと言われていますから、より高収入を狙いたい人は、レバテックフリーランスを利用するとよいでしょう。

クラウドテック

caption

エンジニアにはクラウドテックもおすすめです。クラウドテックはクラウドワークスが母体のエージェントです。

案件数が多く、キャリアサポーターが徹底してサポートしてくれるので、安心できます。また、企業の満足度に応じて追加報酬を支払ってくれることも魅力で、報酬の最大1%を上乗せしてくれます。

テレラボスタッフ

テレラボスタッフ

会社員と違いボーナスなどがないことがフリーランスにとっては難点ですが、クラウドテックならプチボーナスのような制度があることがメリットと言えますね。

ITプロパートナーズ

caption

週2日からでも受注できる案件が豊富に揃っていることが特徴のエージェントです。フリーランスにとってあと少しだけ仕事を入れたいなどのケースがありますよね。

そんな場合には、ITプロパートナーズがおすすめ。週に2日、週に3日などの働き方ができます。直請け案件が多いため、週に2日でも高単価を期待できるでしょう。

また、ITプロトータルサポートというシステムを採用し、福利厚生が充実。所得保障制度を採用していることが魅力です。

FLEXY

caption

FLEXYも週に2回や3回などのリモートワーク案件が豊富に揃ったエージェントです。リモートワーカーの多重請け構造を理念にしているため土日だけ、夜間だけなどの受注の仕方も可能なエージェントになっています。

そのため、副業にもピッタリ。ディレクションや技術顧問などの案件も多数取り揃っているため、プログラマーやデザイナーの方がキャリアアップすることもできるでしょう。

ミッドワークス

caption

ミッドワークスは、ITフリーランスエンジニアとフリーランスウェブデザイナー専門のエージェントです。フリーランスの方にはおすすめのエージェントになっています。

案件数が豊富で専門性が高いため、エンジニアにはぴったりの案件が見つかりやすい特徴も。フリーランスの不安を解消する独自パッケージを採用し、正社員並みの保障を受けられることが特徴です。

これからフリーランスを目指すエンジニアにはおすすめのエージェントになるでしょう。

PE-BANK

caption

PE-BANKは30年以上の歴史を誇るエンジニア向けのエージェントです。クライアント数が豊富でスキルワードや居住地からの検索ができる特徴があります。

全国各地にクライアントが点在しているため、地方でエンジニアを目指したい人でも安心して利用できるでしょう。その上、確定申告代行や福利厚生が充実しているため、初めてのリモートワークにもピッタリです。

フォスターフリーランス

caption

フォスターフリーランスもITエンジニアには適したエージェントです。約25年に渡りフリーランスエンジニアに特化したエージェントを運営しています。

そのため、エンジニア業界には精通していて、サポートが手厚い特徴があります。ゲームやインフラ案件も多数取り揃っているため、ゲームエンジニアやネットワークエンジニアでもリモートワーク案件を受注しやすいでしょう。

エンジニア以外がリモートワーク案件を探せるエージェント

リモートワークといえばITエンジニアの案件が多いですが、昨今の社会情勢によってエンジニア以外でもリモートワークのニーズが高まっています。

テレラボスタッフ

テレラボスタッフ

ITエンジニア以外でもリモートワークを探せるエージェントを3つご紹介していきましょう。

ハイパフォコンサル

caption

コンサルタント案件をリモートワークで探したいならハイパフォコンサルがいいでしょう。プロジェクト管理や営業、経営などのコンサルタント案件を多数取り揃えています。

もちろんIT系のコンサルタント案件も豊富です。女性コンサルタントもたくさん活躍していますので、女性やエンジニア以外のリモートワークで活躍したい方は登録してみるといいでしょう。

在宅派遣

caption

経理や営業事務など、女性でも働きやすい各種リモートワーク案件が取り揃ったエージェントです。地方からでも応募できる案件が多いため、地方在住の方には嬉しいエージェントになるでしょう。

また、カウンセリングが丁寧でクライアントとの条件調整まで安心してお任せできる特徴もあります。応募から早ければ2週間程度でリモートワークが開始できるのも嬉しいポイントです。

テレラボスタッフ

テレラボスタッフ

企業によっては面接や説明会を東京や大阪などの大都市でオフラインで行う場合がありますので、地方在住の方は特に確かめておく必要がありますね。

プロの副業

caption

プロの副業はフリーランスだけではなく、企業に所属しながらの副業や、女性ブロガーなどの副業などでも探せる特徴があります。

単なるお小遣い稼ぎの副業ではなく、業務委託契約でのがっつり稼げる副業を紹介してもらえます。そのため、高額案件が多くすぐにでもリモートワークでたくさん稼ぎたい方にはピッタリです。

エンジニア以外の案件も多く取り揃っているため、きっとあなたにぴったりな案件が見つかるでしょう。

リモートワークで案件を受注する場合の注意点4つ

リモートワークで案件を受注する場合の注意点は大きく4つあります。注意点に気をつけながらリモートワークは受注していきましょう。

リモートワークは自己管理が重要

caption

リモートワークでは自己管理が重要になっています。基本的に在宅勤務になりますから、時間は自由に使えるでしょう。ですがその反面時間管理が難しく、家事や育児がおざなりになりがちです。反対に、うまく仕事の時間を作ることができないケースもあるでしょう。

リモートワークといえども、クライアントとの連絡や報告・相談などが必要になりますから、夜中にだけ仕事をすればいいものでもありません。クライアントの時間に合わせた時間調整が必要になることを覚えておきましょう。

しっかり自己管理ができなければ、仕事の遅れが生じたり、体調不良を引き起こす可能性があります。

案件は受けすぎないように注意する

caption

リモートワークでは、いくつもの案件を受注できる特性があるため、魅力的な案件が重なるとうっかり全てを受注しがちです。ですが、時間にも体力にも限界がありますから、受注のしすぎには要注意。納期に追われてクオリティの高い成果物を納品できなくなってしまいます。クオリティの低下はクライアントからの信頼獲得には繋がらず、リモートワークを継続できない結果になるかもしれません。

リモートワークでは自分のキャパシティをしっかり理解した上で受注していくことが重要です。

リモートワークはコミュニケーションが重要

caption

リモートワークは離れた場所にいるクライアントや仲間と仕事をしていくことになりますから常駐での仕事よりもコミュニケーションが重要になってきます。在宅勤務だからと人とは関わらないわけではないことを覚えておきましょう。

リモートワークでは密なコミュニケーションが何よりも重要です。メールやチャット、ビデオミーティングなどでコミュニケーションを取ることになります。会えないからこそ端的に要件を伝えられる能力が必須になるでしょう。

リモートワークは収入が少ない場合も

caption

リモートワークを始めると高額収入がすぐさま見込まれると考えがちですが実は少し違います。元から実績があり、信頼関係が構築されている場合でしか最初からの高額収入は実現しないでしょう。

リモートワークをはじめたての頃は、会社員時代よりも低収入になってしまうことがほとんどです。収入が少ないからと落ち込まないようにしましょう。

実績に伴いどんどん高額案件でも受注できるようになってきます。

リモートワークを始めると決めたなら長いスパンで目標をたてて徐々に収入を上げていきましょう。

ですから、リモートワークだけの収入を見込んで生活をしていこうとするなら最初は生活するだけの預貯金も必要かもしれません。

リモートワークで案件が受注できない場合の対処法

リモートワークで案件がなかなか受注できない場合にはどうしたらいいのでしょうか。焦らずじっくり進めていくことも大切です。対処法をご紹介します。

リモートワーク用のポートフォリオを作成する

caption

リモートワーク用のポートフォリオを作成することは有効です。自分の強みと魅力は何か?過去の成果物を効率よくアピールできるようにポートフォリオを作成していきましょう。

どんな仕事でもポートフォリオは作成可能。案件に応募する際にはポートフォリオを添えることでクライアントに自己アピールができるでしょう。

成果物が何もないより評価されやすいのでまずはポートフォリオの作成をしてみてください。

案件は複数に応募する

caption

案件は一つずつに応募するよりも並行して複数案件に応募する方が効果的です。全てを受注できるわけではありませんから魅力を感じた案件にはどんどん応募してみましょう。

そうすることで効率よく案件を受注できることにつながります。結果を待って次に応募していてはいつまでたっても案件を受注できない結果に。

ただし、リモートワークエージェントを利用する場合には、エージェントがコンサルティングをしてくれているので複数に勝手に応募することはできません。

あくまでも並行応募は個人で検索やクラウドソーシングサイトを利用する場合の方法です。

テレラボスタッフ

テレラボスタッフ

エージェントを使っていれば案件を受注できないという悩みはほとんどありません。ですから安心してリモートワークエージェントを利用していきましょう。

常駐から徐々にリモートワークに移行する手段もアリ

caption

リモートワークばかりにこだわらずに最初は常駐から初めてみるのも一つの手段です。常駐案件であれば実績が少なくても採用される可能性が高いでしょう。

最初は常駐で徐々にリモートワークに移行するのは難しいことではありません。

もちちろん職種によっては難しいケースもありますが、昨今の社会情勢ではほとんどの企業でできるだけリモートワークに移行しています。

在宅のリモートワークで働ける環境がある企業に応募して徐々にリモートワークに移行できれば収入面でも保障の面でも安心できるでしょう。

まとめ

caption

リモートワークの案件はたくさんあります。探し方にもよりますが、検索からでもたくさんのリモートワーク案件は見つかるでしょう。

リモートワークで生計をたてたいならリモートワークエージェントの利用が効果的です。高額案件が多いですし継続で受注できる可能性が高まるでしょう。

初めてのリモートワークならgoogleの検索やクラウドソーシングサイトがおすすめ。初心者歓迎の案件が豊富にありますよ。

最初は低単価かもしれませんが確実に実績を積み重ねていきましょう。リモートワークを始めるなら、自己管理をしっかり行い、受注しすぎず自分のペースで信頼を勝ち取ってくださいね。

リモートワークを通してワークスタイルを充実させていきましょう。

友だち追加

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る

リモートワーク転職 でなにかお困りですか?

LINEキャリア相談の詳細はコチラ