テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

【徹底比較】在宅ワークの月収ってどのくらい?どの職種が稼げるの?稼げない理由は?

在宅ワーク初心者の実際の月収についてご紹介

caption

近年、働き方改革により一般の企業に勤める会社員の副業が認められるようになり、副業に挑戦したいと思っている方は増加傾向にあります。

「会社に勤めながら自分のスキルを活かして収入を得たい」「自分の力だけで稼げる力を身に付けたい」など副業を始めるきっかけは様々だと思います。

副業の中でも自宅にいながら、自分の好きな時間に働くことのできる「在宅ワーク」が注目度を集めているのです。

しかし、これから在宅ワークを始めようと思っている方の中には、在宅ワークで月にどれだけの収入を得られるのか気になるという方が多いのではないでしょうか?

そこで在宅ワーク初心者が得られる月収について紹介します。

在宅ワークで高収入を目指せる仕事やコツについても解説するので、自分にあった在宅ワークを見つけられますよ。

在宅ワーカーの平均月収はどのくらい?

caption

在宅ワークの仕事による平均的な月収(1 ヵ月あたりの手取り)については、「5万円以下」が最も多く(27.7%)、次いで「10~19万円」(18.5%)、「6~9万円」(18.0%)であり、9万円以下で45.7%となっています。

出典:厚生労働省 在宅ワークの実態

現在在宅ワーカーとして活躍している方の月収を調査した所、月収が5万円以下と回答した方が3割近く、月収10万円以下しか得られていない方は全体の半数にも及ぶことが分かりました。

在宅ワーカーの中でも月30万円以上の収入がある方は、全体の2割ほどしかいないのです。

実際に在宅ワークを始めたばかりの初心者の頃には、月に1万円でも稼ぐのがやっとだったという意見は多く見られます。

続いては在宅ワークで初心者が稼ぐのが困難だと言われているのか、その理由を解説します。

在宅ワーカー初心者の月収が低めな理由とは?

在宅ワークで稼げない理由としては、本業の会社に勤める傍ら副業としてやっているため、在宅ワークに当てられる時間が少ないというケースが多くあります。

例えば会社勤めで帰宅してから数時間、土日はしっかり休みたいのであれば、平日2時間で週で換算すると10時間ほどと在宅ワークに当てられる時間が十分にあるとは言えないでしょう。

また初心者の頃は仕事の要領が分からず時間ばかりかかってしまったり、単価の低い仕事ばかりをこなして稼げないということが考えられます。

では在宅ワークで単価の低い仕事とはどんな仕事なのか、その特徴を見ていきましょう。

在宅ワークで始めやすい仕事は単価が低い

在宅ワークで稼げない原因の1つである単価の低い仕事とは、特別なスキルや知識がなくても働ける仕事のことです。

特別なスキルや知識がなくともできる仕事というのは、初心者にとっては始めやすい仕事ではありますが、その分多くの在宅ワーカーにできる仕事のため低単価の仕事が多い傾向にあります。

そのため低単価の仕事は、数をこなしても高収入を目指すのは難しいのです。

続いては、比較的楽に始められる低単価な仕事を3つ仕事内容も合わせてご紹介します。

低単価な在宅ワーク①:データ入力

caption

低単価な在宅ワーク1つ目は、データ入力です。

データ入力とは、クライアントから提供された資料やデータを、パソコンを使って決められたWordやExcelファイルに入力する仕事です。

打ち込むデータは、顧客情報や売り上げデータ、アンケートなど様々な種類があります。また講演会や会議の議事録、インタビューの音声などを入力するもののあり、これらは文字起こしと呼ばれる作業になります。

データ入力は1件ごとの単価が非常に安く、1件5〜10円などの案件もあり、数をこなして初めて収入を得られるようになります。データ入力の平均月収は3万円から5万円ほどです。

在宅バイトデータ入力について徹底紹介!どんな仕事?メリットは?面接について

低単価な在宅ワーク②:シール貼り

caption

低単価な在宅ワーク2つ目は、シール張りです。

シール張りとは、梱包された商品に指定されたシールを貼り付けたり、該当の商品の値段を確認して値札を貼る他、商品の梱包などを合わせた作業もあります。

シール貼りも特別なスキルや経験がなくても始められる仕事ですが、シール貼りも単価が安く、相場は1枚0.5円〜1円ほどです。

時給は平均して200円ほど、月収でも平均3万円程度しか稼げていないワーカーが多くみられます。

作業によっては、自分で納品物を納品したり、次の仕事に必要な材料も自分で運ぶ必要があるものもあります。

シール貼りの在宅バイトってどんな仕事?どんな人に向いている?メリットは?高校生でもシール貼りの内職はできるのか徹底紹介!収入や始め方は?

低単価な在宅ワーク③:アンケート

caption

低単価な在宅ワーク3つ目は、アンケートです。

アンケートはスマホから自分の体験、経験、商品の使用感などに関するアンケートに答えることで報酬を得るという作業です。

パソコンを使用せずとも、スマホからスキマ時間を利用して始められる手軽さが人気ですが、やはり単価が低く1件答えても10円〜30円など時給換算すると200円から300円程度しか稼げないと言われています。

月収1万円未満のワーカーが多く、多くても月に5万円ほどしか稼げないようです。

次は在宅ワークで高収入を得られるようにするには、どうすればいいのか高収入を得るためのコツを紹介します。

【徹底解説】在宅ワークのアンケートって実際どうなの?給料は?

在宅ワークで高収入を得られるコツ

在宅ワークで高収入を得るようになるには、単価の高い仕事を受注できるようになることです。

とはいうものの在宅ワーク初心者のうちは、すぐに高単価の仕事を受けられるわけではありません。もちろん例外として、専門的な知識やスキルがあってそれを活かした仕事を受けられる可能性もあります。

しかし仕事を発注するクライアントも「求めるスキルや経験があるか」「信頼できる人物か」を判断し、条件をクリアした人に高単価な案件を依頼しているのです。

具体的にどうすれば、クライアントが求める人材に近づけるのか分かりませんよね。

そこで高収入を得られるようになるコツを3つ紹介します。

在宅ワークで高収入を得るコツ①:仕事を継続して実績を作る

caption

高収入を得られる在宅ワークのコツ1つ目は、仕事を継続して実績を作るです。

まずは単価が低いと呼ばれる仕事も、初心者のうちは積極的に受注し同じクライアントから継続して仕事を受注することで実績を作るという方法です。

クラウドソーシングサイトなどで募集している仕事の中には、未経験者や初心者を歓迎する仕事も多くあり、仕事をするにあたってのマニュアルやノウハウを提供してもらえる仕事があります。

マニュアルに沿って仕事を続けることで、基本的なスキルは自ずと身についてくるので、お金をもらいながら勉強しているという感覚で続けてみましょう。

しばらく継続して仕事をすることでクライアントからの評価が貯まり、受注できる仕事の幅が広がります。慣れてきたら徐々に単価の高い仕事に挑戦してみましょう。

この時どんな仕事を受注するべきなのかについては、後ほどご紹介します。

在宅ワークに大人気おすすめクラウドソーシングサイト10選!

在宅ワークで高収入を得るコツ②:スキルを磨いて受注率をあげる

caption

高収入を得られる在宅ワークのコツ2つ目は、スキルを磨くことです。

スキルを磨くことで、競争率の高い仕事でもクライアントの求める能力を持っていると示し高単価の仕事を受注できるようになります。

スキルと一重に言っても、仕事によって求められるスキルは様々です。例えばWebライティングであれば論理的に筋の通った文章力やSEOを意識したライティングスキル。WebデザイナーならHTMLやCSSといったプログラミング言語です。

また高い収入を得るためには、常にスキルを磨いたり、学習を続ける必要があります。どんなスキルがクライアントに求められるのか、そして仕事に役立つのかと意識を持ちアンテナを高くすることも重要です。

リモートワークをするのに必要なスキルを徹底紹介!向いている職種は?

在宅ワークで高収入を得るコツ③:単価アップの相談をする

caption

高収入を得られる在宅ワークのコツ3つ目は、クライアントと単価アップの相談をするです。

ただこの方法は相談が成功することは珍しく、相談次第では仕事が受注できなくなる恐れもあるため、上記の2点に比べてあまりおすすめできる方法ではありません。

なぜならクライアント自身、依頼した仕事に対する予算が決まっているため、単価を容易にあげるのは困難なのです。

もちろんこの方法で高単価の仕事を得たという方もいます。ただ初心者のうちにこの方法が成功することはあまりないと言えるでしょう。

例外として、緊急な案件発生の依頼を受けた場合に、一時的に単価が上がるということはありますが、基本的には契約時の単価に沿った報酬が支払われます。

高収入を狙える在宅ワークとは?

前の項目でも少し触れましたが、在宅ワークでも高収入を狙うことのできる在宅ワークはあります。

そこで在宅ワークで高収入を得たい方におすすめの仕事を5つ紹介します。どんな仕事なのか分からなくても、仕事内容を簡単に説明しますので、安心してください。

様々な仕事があり、仕事内容によって単価も異なります。自分ができそうな、やってみたい仕事が見つかるはずですよ。

おすすめ在宅ワーク①:システム開発

caption

おすすめの在宅ワーク1つ目は、システム開発です。

システム開発はWeb制作やスマホアプリ制作など様々な種類の仕事があります。中でも募集が豊富なのはWeb制作やスマホアプリ制作と言われています。

プログラミングスキルを持っているプログラマーにおすすめの在宅ワークで、需要がある反面、専門的なスキルを扱える人が少ないため1案件あたりの単価は他の仕事と比べて高めに設定されています。

1つの案件で1万円から10万円ほどの案件もあり、月収40万から50万ほど稼ぐことも可能です。

リモートワークエンジニアって実際どう?給料やメリット・始め方をご紹介ITエンジニア・プログラマーでリモートワーク/在宅勤務が可能な求人

おすすめ在宅ワーク②:WEBデザイン

caption

おすすめの在宅ワーク2つ目は、WEBデザインです。

WEBデザインはクライアントから依頼されたWebサイトの制作を、クライアントの意向に沿ってデザインする仕事です。

仕事をするには、CSSやHTMLなどのプログラミング言語を身に付ける必要があります。

在宅ワークを掲載するクラウドソーシングサイトには、初心者でも比較的受注しやすいバナー制作などの案件もあります。数をこなせばこなすほど効率良く作成できるようになるため、高収入が期待できます。

1案件3,000円から5,000円ほどの案件もあり、月収30万円から50万円ほどの収入を得ることも可能です。

在宅のデザイナーって実際どうなの?収入は?仕事内容や探し方についてご紹介!デザイナーでリモートワーク/在宅勤務が可能な求人

おすすめ在宅ワーク③:ライティング

caption

おすすめの在宅ワーク3つ目は、ライティングです。

高収入を狙える在宅ワークの中では、比較的始めやすい仕事の1つです。

仕事の内容はクライアントの依頼した記事内容や構成に沿って、自身の経験、体験、知識を活かしたり、調査を行い記事を作成します。構成をクライアントで作ってもらうか、自分で作るかによっても単価が変わってきます。

始めるのに特別な資格やスキルは必要ありませんが、高単価な案件は専門的な知識や文章力を求められます。

1文字1円から経験を積むことで2円から10円と文字単価も上がるため、月に10万円から30万円ほど稼ぐこともできます。

【徹底紹介】在宅ライターってどんな仕事?どのくらい稼げる?稼ぐコツをご紹介ライター・翻訳でリモートワーク/在宅勤務が可能な求人

おすすめ在宅ワーク④:アフィリエイト・ブログ

caption

おすすめの在宅ワーク4つ目のアフィリエイト/ブログです。ブログに掲載した記事に広告を表示させ、そこから広告収入を得る方法です。このブログで広告収入を得る方法は2つあります。

訪問者が掲載した広告をクリックすることで収入が入る「Adsense広告」訪問者が掲載した広告から商品、サービスを購入した時に収入が入る「アフィリエイト」

一方、稼げるようになるまでに、時間がかかるという点もあるため、長い目でみて取り組む必要がありますね。はじめのうちは全く収入が得られなかったり月1万円未満ということも多いようです。

しかし人気ブログ、サイトにもなれば月に10万円ほど、中には月100万円ほどの収入を得ている人もいるのです。

ブログを運営することで、文章力を示すことになるため、ライティングの仕事が舞い込んでくることもあるので、ライティングと並行するといいでしょう。

おすすめ在宅ワーク⑤:動画編集

caption

おすすめの在宅ワーク5つ目の動画編集です。

動画編集は主にYouTubeの動画投稿者の動画を、指定された時間に合わせてカットしたり、映像や音声のエフェクトなどを加える仕事です。

近年ではYouTubeに動画を投稿する人が増えたことから、需要が高まっており、個人や企業単位でも外注していることが多いと言われています。

動画編集ソフトを使いこなすスキルに加え、動画をより面白くできるセンスも必要です。

10分以内の短めの動画の編集なら1本3,000円から1万円ほど、月に17万円から30万円ほどの収入が望めます。

【徹底解説】在宅の動画編集ってどんな仕事?未経験でも可能?

在宅ワークが向いている人の特徴

在宅ワークは時間や場所に縛られず、好きな時に働くことのできる新しい働き方の1つです。もちろん自由度が高い反面、在宅ワークに向いている人と向いていない人が別れてしまうのも事実です。

ではどんな性格や特徴がある人が在宅ワークに向いていると言えるのでしょうか?

在宅ワークに向いている人の特徴①:自己管理能力がある

caption

在宅ワークに向いている人の特徴1つ目は、自己管理能力があるか人です。

在宅ワークの特徴として自分の好きな時間に働けるという点を挙げました。しかしそれは同時に、自分で仕事を管理する必要があるということにもなります。

会社に勤めていれば、出勤時間や上司の監視があるため、仕事をするぞという状態にスイッチを入れられますが、在宅ワークには出勤時間も上司の存在もないため、自分を奮い立たせて仕事をする必要があります。

また在宅ということで自分の過ごしやすい環境で漫画やテレビなどの誘惑を断ち切れる精神力が必要になります。このことから自己管理能力に長けた人が在宅ワークに向いていると言えます。

リモートワークにおすすめのツール32選!【これだけあれば安心】

在宅ワークに向いている人の特徴②:スキルをみがく向上心がある

caption

在宅ワークに向いている人の特徴2つ目は、向上心を持っている人です。

高収入を得るためにはスキルや知識を磨き、より専門的な仕事を受注しなければいけません。これは自己管理能力とも繋がってきますが、スキルや知識を身に付けるためには、自分から学習する習慣やモチベーションを管理する必要があるのです。

このことから自分から知識やスキルを得ようとする向上心を持つ人が適しているでしょう。

高い志を持っていても、安定した収入を得るには、受注する仕事が安全なのか見極めなければいけません。

続いて危ない在宅ワークについて見ていきましょう。

リモートワークをするのに必要なスキルを徹底紹介!向いている職種は?

受注しないで!危ない在宅ワークとは

クライアントの中には、在宅ワーカーを狙う悪質なクライアントや仕事も存在します。

危ない仕事の特徴をしっていれば、被害を未然に防げます。信頼できるサイトやクライアントから受注することが一番ですが、知識として知っておいて損はないので見ていきましょう。

危ない在宅ワーク①:研修費用や受講料を要求する仕事

caption

危ない在宅ワークその1つは、高額な研修費や受講料を要求する仕事です。

在宅ワークで稼ぐために必要な講座やテキストだといい、テキストを実践すればすぐに元が取れるなどということで、お金を払うように誘導させる手法です。

このように高額な研修費用や受講料を請求するクライアントがいれば疑うようにしましょう。

危ない在宅ワーク②:誰でも簡単など甘い文句には警戒

caption

危ない在宅ワークその2つは、誰でも簡単になどの甘い文句を謳っている仕事です。よくある文句としては、誰でも簡単に稼げる、1日で何万円もの収入が手に入る、というものです。

在宅ワークでは、特別なスキルがない限りは、高単価の仕事を受注できることはまずあり得ません。なかなか稼げなくても、このような甘い言葉には乗せられないでください。

危ない在宅ワークを避けるために確認しよう

caption

トラブル経験が「ある」とした回答の占める比率をトラブルの内容別に見ると、「(デ
ザインの変更など)仕事内容の一方的な変更」 が25.1%と最も高く、次いで「報酬の支払い遅延」 (17.9%)、「不当に低い報酬額の決定」(15.3%)となっています。

出典:厚生労働省 在宅ワークの実態

求人に応募する前に、その求人を出している会社を検索して以下のことを確認しておくことも大事です。

  1. 電話番号や住所は本物か
  2. 会社のサイトいに代表者名が明記されているか
  3. 仕事内容、報酬の支払い方法などはっきり明記されているか
  4. 条件の良すぎる、過激な宣伝文句がなされている求人ではないか

仕事の内容、納期、条件などを細かく確認しておくことが大切です。トラブルを防ぐためにも、時間給報酬なのか、成果報酬なのか、何をもって報酬が得られるのかということを確認し契約締結しましょう。

過激な宣伝文句がなされている求人は詐欺に関係している可能性が高いです。怪しい求人は会社名を検索して口コミや評判を確認してみましょう。過去に詐欺にあった人が、相談や注意喚起の投稿をしている投稿が出てくるかもしれません。

まとめ

副業に挑戦する人の増加やこのご時世で在宅ワークに挑戦しようと考えている方は増加傾向にあります。この記事では初心者が抱える在宅ワーカーの月収について紹介しました。高収入を得られるコツを身に付けて、在宅ワーク初心者から抜け出しましょう。

友だち追加

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る