テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

【徹底解説】在宅のWebデザイナーってどんな仕事?未経験でもなる方法は?

目次

開く
  1. 1. 在宅でおすすめの仕事Webデザイナー
  2. 2. 未経験でも在宅Webデザイナーを目指せる
  3. 3. 在宅Webデザイナーに求められるスキル
  4. 4. 未経験から在宅Webデザイナーになる方法
  5. 5. 在宅Webデザイナーの仕事とは
  6. 6. どんな人が在宅Webデザイナーに向いている?
  7. 7. 在宅Webデザイナーとして働く方法
  8. 8. 在宅Webデザイナーの年収は?
  9. 9. 在宅Webデザイナーが仕事を獲得する6つの方法
  10. 10. 在宅Webデザイナーとして活躍するための4つのポイント
  11. 11. Webデザインスクールを選ぶ際の注意点
  12. 12. 主婦がWebデザインスクールを選ぶ際に重要なポイント
  13. 13. スキルを身につけて在宅Webデザイナーを目指そう

在宅でおすすめの仕事Webデザイナー

caption

在宅でWebデザイナーとして働くには経験がないと難しいと思っている人もいるかもしれませんが、未経験からでも活躍することは可能です。

スキルさえ身につければ、在宅Webデザイナーとして活躍するチャンスは誰にでもあります

在宅Webデザイナーになる方法から必要なスキル、仕事の獲得方法まで詳しく紹介するので、在宅Webデザイナーを目指している方はぜひ参考にしてください。

デザイナーでリモートワーク/在宅勤務が可能な求人

未経験でも在宅Webデザイナーを目指せる

caption

在宅でWebデザイナーとして働くには、特別な資格や経験は必要ありません

もちろんWebデザイナーとしての経験があるにこしたことはありませんが、未経験であっても必要な知識とスキルを身につければ未経験であっても在宅でWebデザイナーとして仕事をすることは十分可能です。

在宅Webデザイナーに求められるスキル

では、在宅Webデザイナーとして活躍するには、どのようなスキルが必要となるのでしょうか。在宅Webデザイナーに求められるスキルについて、みていきましょう。

デザインスキル

caption

Webデザイナーとして活躍するにはデザインスキルが欠かせませんが、在宅Webデザイナーとして活躍するにはデザインスキルの習得がより重要になってきます。

在宅Webデザイナーとして働くとなると、会社で働いている時のように気軽に周囲の人とコミュニケーションをとりながら仕事を進めることができません。もちろん、企業で働く場合は全くサポートがないわけではなくチャットツールやWeb会議ツールなどを使ってサポートを受けることはできますが、ある程度一人でも問題なく仕事を進めていける高いスキルが必要となるでしょう。

Webデザインを行ううえで必要となる、次のようなソフトはしっかり使いこなせるようにしておきましょう。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • HTML
  • CSS
【2021年最新】デザイナーの資格おすすめ13選!資格が必要な理由や勉強法をご紹介!

コミュニケーションスキル

caption

在宅Webデザイナーとして活躍するには、デザインスキルに加えてコミュニケーションスキルも非常に大切になってきます。

Webデザイナーに求められるのは単にデザインを行うことではなく、クライアントの意図に沿ったデザインを行うことです。そのため、クライアントとしっかりコミュニケーションをとり、クライアントの要望を正しく理解することが求められます。

対面でのコミュニケーションに比べてリモートでのコミュニケーションは難しく、特にチャットを使ったやり取りでは細かいニュアンスが伝わりづらいこともあります。認識の相違を防ぎクライアントの満足してもらえるデザインを作るには、コミュニケーションスキルも必要です。

リモートワークにおすすめのツール32選!【これだけあれば安心】

未経験から在宅Webデザイナーになる方法

未経験からでも在宅Webデザイナーになることはできますが、全くスキルがない状態で仕事を得るのは難しくなっています。未経験から在宅Webデザイナーを目指すためにやるべきことを紹介します。

必要なスキルを習得する

未経験から在宅Webデザイナーになるには、まずは必要なスキルを習得する必要があります。スキルを身につける方法は2通りあり、独学とWebスクールで学ぶ方法があります。各学習法のメリットとデメリットを理解し、自分にあった方法でスキル習得していきましょう。

独学で学ぶ

caption

在宅Webデザイナーに向けて自分のペースで学習したい方には、独学がおすすめです。

独学であれば時間や場所に捉われず、ライフスタイルに合わせて無理なく学習をすすめていくことができます。

また、Webスクールに比べて費用を大幅に抑えられるので、気軽に学習を始められるのも独学のメリットになります。

ただし、周囲にサポートしてくれる人がいないので、なかなかつまずきを解消できず学習が思うように進まない可能性があることは頭に入れておかなければいけません。

モチベーションを上手く保てないと、スキルの習得までにかなりの時間を要してしまうこともあるでしょう。

未経験でもできるリモートワークの求人をご紹介!探し方は?

Webスクールで学ぶ

caption

在宅Webデザイナーに向けて短期間で確実にスキルを習得したい方には、Webスクールでの学習がおすすめです。

Webデザインに精通した講師から直接指導を受けることができ、わからないことが出てきてもサポートしてもらえるので効率よく学習できます。

スクールによっては就職活動までサポートしてもらえ、スキルの習得から仕事の獲得までスムーズに進めていくことができます。

ただし、サポートが手厚い分、受講料は数十万円にのぼるのが一般的で高額な費用はネックとなります。

また、通学が必要な場合や受講時間が決められている場合は、仕事や家庭とどのように上手く両立させていくのかも一つの課題となります。

ポートフォリオを作る

caption

未経験から在宅Webデザイナーを目指すのであれば、ポートフォリオを作っておくと便利です。ポートフォリオとは自身の作品集のようなもので、自分のスキルの証明にもなります。

未経験の場合は実績がない分、企業に実力が伝わりづらくなっていまが、ポートフォリオがあると実力の証明になり仕事を獲得しやすくなります。

デザイナーのポートフォリオの作り方を徹底解説!抑えるべきポイントはこれだけ!

在宅Webデザイナーの仕事とは

在宅Webデザイナーと一言で言っても、担当する仕事の種類は多種多様です。Webデザイナーはどのような仕事を行うのか、具体的な業務内容を見ていきましょう。

在宅のデザイナーって実際どうなの?収入は?仕事内容や探し方についてご紹介!

在宅Webデザイナーの仕事その①:Webサイトの要件整理

caption

まずはクライアントからヒアリングを行い要件を整理していきます。クライアントのニーズにあったWebサイトを作るためには、クライアントの要望を把握することが大切です。

Webサイトを作る目的やターゲットなど必要な情報をしっかり聞き出し、的確にWebデザインに反映していきましょう。

在宅Webデザイナーの仕事その②:ワイヤーフレームの作成

caption

要件整理が行えたら次にワイヤーフレームの作成を行い、Webサイトの大まかなレイアウトを考えていきます。Webサイト全体のボリュームやキービジュアルなどWebサイト全体のイメージを作っておくことで、スムーズに作業を進めやすくなります。

在宅Webデザイナーの仕事その③:Webサイトをデザイン

caption

ワイヤーフレームを作成したら、いよいよWebサイトのデザインに取りかかります。ワイヤーフレームを基に写真やロゴ、アイコン等の配置を行い、配色も考えていきます。

Webサイトのデザインはクライアントと相談を行いながら、進めていくのが一般的です。クライアントの意見を柔軟に取り入れながら、デザインを進めていきましょう。

在宅Webデザイナーの仕事その④:Webサイトのコーディング

caption

最後に完成したWebデザインをブラウザに表示させwebサイトとして機能させるために、HTMLやCSSを使ってコーディングを行います。コーディングはコーダーが担当することもあり、Webデザイナーが必ずしも担当するわけではありません。

そのため、プログラミングのスキルはなくても在宅Webデザイナーとして活動はできますが、仕事の幅を広げるためにプログラミングのスキルを身につけていても損はないでしょう。

在宅コーダーってどんな仕事?なる方法・メリットは?

在宅Webデザイナーの仕事その⑤:Webサイトの更新・運営

caption

どんな人が在宅Webデザイナーに向いている?

在宅Webデザイナーの仕事は、Webデザインを担当して終わりではなく、ケースによっては完成後のWebサイトの更新や運営まで一貫して任されることもあります。

在宅Webデザイナーとして働くとなると自宅で一人で仕事を進めていくことになるため、セルフマネジメント能力や自発的に行動できる力は非常に重要になります。在宅Webデザイナーに向いている人の特徴を、詳しく見ていきましょう。

リモートワークをするのに必要なスキルを徹底紹介!向いている職種は?

セルフマネジメントができる人

caption

在宅Webデザイナーは、自分自身で計画的に仕事を進めていく必要があります。

フリーランスとして働くのであれば全ての段取りを自分で決めるのは当然ですが、会社員としてリモートワークで働く場合でも社内で働いている時のように細かく指示を受ける機会は減ります。そのため、在宅Webデザイナーとして働くのであれば、ある程度セルフマネジメントを行える能力は求められます。

セルフマネジメントができていないと、業務がうまく進められず在宅Webデザイナーとして活躍するのは難しいでしょう。

自発的に行動できる人

caption

自発的に行動できることも、在宅Webデザイナーとして活躍するには大事な要素となります。在宅で仕事をしていると、どうしても互いの状況が把握しづらくなってしまいます。

そのため、自分から積極的に相談や連絡を行わないと、認識の相違が起こったりクライアントを不安にさせてしまい仕事に支障をきたす可能性もあります。

在宅Webデザイナーとして働く方法

在宅でWebデザイナーとして働く方法は主に3つで、「会社員として働く方法」「フリーランスで働く方法」「副業として仕事をする方法」があります。自分にあった働き方で在宅Webデザイナーとしての活躍を目指しましょう。

【徹底比較】雇用形態とは?働き方の種類とそれぞれのメリットとメリットについてご紹介!

在宅ワークOKの会社で会社員として働く

caption

一つ目は在宅ワークが認められている会社で、在宅Webデザイナーとして働く方法です。

近年、働き方改革などによって多様な働き方が広がってきており、出社勤務のみでなくリモートワークを取り入れる企業も出てきています。

会社員として働けるので、在宅ワークでも福利厚生の整った環境で働け、収入も安定して得られるでしょう。仕事も安定して受注することができ、経験を積んでスキルアップも期待できます。

テレラボでは給料の高いリモートワーク可能な求人のみを掲載しています。

テレラボ - リモートワーク × デザイナーの求人一覧

フリーランスのWebデザイナーとして働く

caption

二つ目はフリーランスのWebデザイナーとして働く方法です。フリーランスは会社員のように勤務場所や勤務時間に捉われずに働きやすくなっており、在宅でも問題なく仕事を進めやすくなっています。

仕事の受注から単価交渉まで全て自分で行えるので、実力があれば会社員よりも多くの収入を得ることが期待できます。

ただし、会社員のように必ずしも安定して仕事や収入が見込めるわけではないことは、頭に入れておかなければいけません。

在宅フリーランスおすすめ職種8選 | 特徴や探し方をご紹介

副業で在宅Webデザイナーで働く

caption

三つ目は副業として、Webデザイナーの仕事をする方法です。Webデザインの仕事は単発の案件として募集されていることも多く、副業としても始めやすくなっています。単発の仕事の多くは勤務場所の指定がないため、在宅で仕事が始めやすいでしょう。

単発の仕事なのでライフスタイルに合わせて働きやすく、本業をお持ちの会社員の方や家事や子育てに忙しい主婦の方でも隙間時間を使って仕事を進めていくことができます。

在宅でできる人気の副業おすすめ12選 | メリット・注意点は?【徹底紹介】パソコンを使った稼げる副業おすすめ6選!

在宅Webデザイナーの年収は?

caption

Webデザイナーの仕事の平均年収は約449万円。日本の平均年収と比較すると高い傾向にあります。
月給で換算すると37万円、初任給は22万円程度が相場のようで、派遣社員やアルバイト・パートでは平均時給がそれぞれ1,800円、1,013円となっています。
正社員の給料分布を見てみるとボリュームが多いのは371〜431万円の水準で、平均年収の449万円はこのゾーンよりも高い水準に位置しています。全体の給与幅としては311〜790万円と比較的広いため、勤務先や経験・求められるスキルによっても大きな差があると見受けられます。「フルリモート」という条件だと全体比+16%となるなど、条件によっても給与に差があることが伺えます

出典:求人ボックス

「フルリモート」という条件だと全体よりも15%給与が高くなっているという結果から、在宅Webデザイナーにとって良い求人・案件が揃っていると言えます。

実務経験3年以上やコーディング知識という条件だと400万から700万円という求人がある一方で、実務経験が1年以上かつ在宅ワーク可能の条件で300万円から500万円という案件もありました。

このように、スキルや実務経験年数次第で収入を上げることができます。自分が今どのくらい稼げそうで、将来どのくらい稼ぎたいか、明確な目標を立てることが重要です。

在宅のデザイナーって実際どうなの?収入は?仕事内容や探し方についてご紹介!在宅勤務の給料ってどうなるの?在宅勤務に切り替えたときの注意点などを徹底解説!

在宅Webデザイナーが仕事を獲得する6つの方法

在宅Webデザイナーとして仕事を得る方法は多種多様です。会社員として働くのであれば求人サイトや転職エージェントの活用、フリーランスとして働くのであればクラウドソーシングサービスやSNSの活用といったように希望する働き方に合わせて最適な方法で仕事を獲得していきましょう。

求人サイトの活用

caption

仕事探しには、求人サイトが便利です。求人サイトには非常に幅広い求人が掲載されており、社内勤務の仕事だけでなく在宅勤務の仕事も募集されています。希望の職種や勤務条件にあわせて簡単に求人の絞り込みができるので、在宅Webデザイナーの条件で絞り込みを行い求人を探してみましょう。

また、リモートワーカーのための求人サイトとして、じわじわと人気を誇っているのが「テレラボ」です。Webデザイナーの求人も豊富で、フルリモートの仕事も多く取り揃えられています。高単価なIT企業の案件・リモートワークに関する詳細な条件を検索できるのも魅力です。

デザイナーでリモートワーク/在宅勤務が可能な求人【2021年完全版】在宅ワークのおすすめ求人サイト7選

転職エージェントの活用

caption

転職エージェントも、仕事探しに活用したいサービスの一つです。転職エージェントとは人材紹介を行うサービスで、在宅Webデザイナーの求人の紹介から履歴書添削、面接指導と手厚いサポートで就職を支援してくれます。

キャリアカウンセラーがヒアリングを行いニーズにあった求人を紹介してくれるのも特徴の一つで、自分では見つけられなかった優良求人を紹介してもらえることもあります。また、求人サイトには掲載されていない非公開求人を保有していることも珍しくないので、思わぬお宝求人に出会えることもあるでしょう。

リモートワークの案件の探し方まとめ!おすすめの求人サイトやエージェントは?

Webスクールで就職をサポートしてもらう

caption

スキル習得のためWebスクールを活用するのであれば、Webスクールで就職をサポートしてもらうのも一つの手です。Webスクールの中には就職支援に対応しているスクールもあり、在宅Webデザイナーの求人紹介やキャリアカウンセリング、面接指導など手厚いサポートで就職まで支援してもらえます。

ただし、全てのスクールが就職支援に対応しているわけではないので、Webスクールでの就職支援を希望する方はサポート内容を確認したうえでスクールを決めるようにしましょう。

クラウドソーシングサービスを活用する

caption

クラウドソーシングサービスも、在宅でWebデザイナーの仕事を得るのに有効な手段の一つです。クラウドソーシングサービスとはオンライン上で仕事の受発注が行えるサービスで、仕事の応募から納品まで全てオンライン上で完結させることができます。

募集されている仕事は多岐にわたりWebデザインの案件も募集されているので、気になる仕事があれば応募してみましょう。

在宅ワークに大人気おすすめクラウドソーシングサイト10選!

人脈を駆使して仕事をもらう

caption

Webデザイナーとして既に実績がある場合は、人脈を駆使して仕事を得るのも一つの方法です。スキルが認められていれば、仕事の関係者や友人・知人から在宅の仕事を発注してもらえることもあるでしょう。

身近な人から仕事を受注し、どんどん実績を積んでいくことで、新規のクライアントも獲得しやすくなります。

SNSを活用して仕事を獲得

caption

近年では、SNSも仕事を獲得する一つのツールになってきています。ポートフォリオの公開スキルの発信など、SNSを駆使してブランディングを行うことで、在宅Webデザイナーの仕事の獲得につながっていくこともあります。

デザイナーのポートフォリオの作り方を徹底解説!抑えるべきポイントはこれだけ!

在宅Webデザイナーとして活躍するための4つのポイント

次は、在宅Webデザイナーとして活躍するためのポイントを詳しく見ていきましょう。

デザイン力を磨く

caption

当然ですが在宅でWebデザイナーとして活躍するには、デザイン力は欠かせません。日々デザイン力を磨くと共に、アンテナを張り巡らせ最新のデザインやトレンドのデザインについてもしっかりキャッチアップしていくことが大切です。

技術の向上を怠らない

caption

在宅Webデザイナーとして活躍するためには、日々のスキルアップも欠かせません。特にWebの世界は技術の進化が非常に早く、次から次へと新しい技術が生まれていきます。

そのため、日々スキルアップに努めていないと、技術の進化についていけなくなってしまいます。

最新の技術を使いこなせないと仕事に影響が出かねません。

Webデザイナーとして長期にわたって活躍するには、一度技術を習得して満足するのではなく、常に技術の向上を心がけスキルアップに努めることが大切です。

コミュニケーション力を磨く

caption

Webデザイナーとして活躍するためには、技術的なスキルに加えてコミュニケーションスキルも重要になります。円滑に仕事を進めるためには、クライアントとのコミュニケーションが欠かせません。

特に在宅Webデザイナーとなるとリモートでしかコミュニケーションが取れないため、直接会えなくてもクライアントが不安にならないように密なコミュニケーションが求められます。

コミュニケーションをしっかりとることは、仕事をスムーズに進めやすくするだけでなく、クライアントとの信頼関係を築くことにもつながります。

信頼関係が築けないと継続して依頼を受けることが難しくなってしまうので、コミュニケーション能力もしっかり磨いていきましょう。

リモートワークにおすすめのツール32選!【これだけあれば安心】

ポートフォリオで実力を証明

caption

どれだけWebデザイナーとして高いスキルを持っていたとしても、実力をアピールしなければ在宅での仕事につなげることは難しくなってしまいます。

自分の実力を示すために、ポートフォリオを作成してアピールしていきましょう。

また、ポートフォリオは一度作って終わりではなく、定期的に更新していくことも大切です。実績をどんどん追加し、過去のスキルではなく今のスキルをアピールしていきましょう。

デザイナーのポートフォリオの作り方を徹底解説!抑えるべきポイントはこれだけ!

Webデザインスクールを選ぶ際の注意点

在宅Webデザイナーを目指すために時間もお金もかけている分、スクール選びを失敗して後悔するのは避けたいですよね。ここでは、Webデザインスクールを選ぶ際の注意点をご紹介します。

Webデザインスクール選びで注意する点①:卒業生の活躍

caption

在宅Webデザイナーとして活躍するためには、就職や転職のサポートがしっかりしているスクールかを確認しましょう。サポート体制が充実しているスクールは多くの卒業生が活躍しています。就職サポートの充実度を見極めるために、「卒業生数」だけでなく「卒業生の進路・実績」を見ることが大切です。

Webデザインスクール選びで注意する点②:学習内容

caption

スクールに通っていても、自分が目指しているキャリアに向けたスキルが身についていなければ、時間とお金の無駄になってしまいます。自分がやりたいこと、在宅Webデザイナーとして活躍するために身につけたいスキルを明確にして、選んだスクールのカリキュラムで実現することが可能かを確認しましょう。

WEBデザインスクール選びで注意する点③:授業システム

caption

在宅Webデザイナーに向けてスクール選びをする際には授業システムも確認しましょう。

「オンライン型」「通学型」「ハイブリット型」授業など自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが重要です。また。自分の学習ペースに合わせた授業を行ってくれる「マンツーマン型」、同じ志を持った仲間と一緒に勉強する「グループレッスン型」など自分の好みに合わせて受講形態を決めることもできます。

主婦がWebデザインスクールを選ぶ際に重要なポイント

caption

主婦が在宅Webデザイナーに向けてスクール選びをする際に重要なポイントは以下の通りです。

  • 託児所が設備されているか
  • 時間に縛られない授業形態か
  • 仕事の受注をサポートしてくれるか

小さな子どもがいる場合、スクールに託児所が設備されていたり、オンライン授業の際には自宅にシッターさんが来てくれるスクールもあります。家事や育児に追われていて時間が自由に使えないという主婦にとって、授業時間に融通を利かせることが可能かも確認しておきたいですね。

また、卒業後すぐに在宅Webデザイナーとして独り立ちするのは大変ですが、仕事の受注のサポートがあれば安心して働くことができます。

ノマドワーカーは女性におすすめ!メリットやおすすめの職種について徹底解説!

スキルを身につけて在宅Webデザイナーを目指そう

在宅Webデザイナーは、経験不問で誰でも目指せる仕事です。経験があるにこしたことはありませんが、未経験からでもスキルを身につければ十分活躍のチャンスはあります。自分にあったスタイルで、在宅Webデザイナーとしての活躍を目指しましょう。

友だち追加

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る