テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

リモートワークエンジニアならRuby on Railsがおすすめ!その理由と求人の探し方をご紹介!

関連記事

記事のサムネイル

フルリモートワークとは?その働き方やおすすめの職種など徹底解説!

目次

開く
  1. 1. Ruby on Rails を使ったリモートワークについて徹底解説
  2. 2. Ruby on Railsを利用できるRubyとは
  3. 3. リモートワークで使われるRuby on Railsとは
  4. 4. Ruby on Railsがリモートワークに向いている理由
  5. 5. リモートワークに向いているRuby on Railsの特徴
  6. 6. リモートワークに向いているRubyとPHPの比較
  7. 7. Ruby on Railsを使って開発された有名アプリ4つ
  8. 8. リモートワークに向いているRuby on Railsの学習方法
  9. 9. Ruby on Railsを用いたリモートワーク求人を探す方法
  10. 10. Ruby on Railsを使ったリモートワークの注意点
  11. 11. Ruby on Railsを使ったリモートワークの収入
  12. 12. まとめ
  13. 13. 関連記事

Ruby on Rails を使ったリモートワークについて徹底解説

caption

Ruby on Railsを使えるとリモートワークがしやすいという話を聞いたことがある人は多くいると思います。実際、Rubyを使えるエンジニアの需要は高いためリモートワーク求人も多く存在します。

そこで本記事ではRuby on Railsを使ったリモートワークを目指す方に向けて、RubyやRuby on Railsの基礎知識や学習方法などから、Ruby on Railsを使ったリモートワーク求人の探し方まで徹底解説しています。

ITエンジニア・プログラマーでリモートワーク/在宅勤務が可能な求人

Ruby on Railsを利用できるRubyとは

caption

最初にRuby on Railsを利用できるRubyについてどんな言語なのかをご紹介しましょう。Rubyはプログラミング言語の一種でWeb開発やスマホアプリ開発などでよく利用される言語です。

コンパイラー言語ではありませんので速度は遅い難点はあるものの、扱いやすく比較的に初心者でもマスターしやすい特徴があります。

Rubyは人気の高い言語でもありますので、学習環境や教材も多く、独学でも3ヶ月程度でマスターできるでしょう。またリモートワークでできる業務に対してもニーズが高い言語です。

こちらはRubyについて詳しく説明した記事ですので、Rubyについてもっと知りたい方はご覧ください。

リモートワークエンジニアならrubyがおすすめ!その理由と始め方を徹底解説!

リモートワークで使われるRuby on Railsとは

caption

RubyのフレームワークであるRuby on Railsとはプログラミング言語であるRubyを扱うためのツールです。フレームワークとは、アプリ開発やweb開発をする際の基本的な機能や骨組みをまとめたものと考えてください。

あらかじめ決まった骨組みがあるので、そこにコードを少し書き足すだけでwebサービスやアプリケーションが動作します。

骨組みが決まっていることで時間を短縮してアプリ開発が行えますが、その分複雑なアプリ開発には不向きです。Ruby on RailsはRubyに特化したフレームワークですから、他の言語には適していません。

前述の通り、RubyはリモートワークでWeb開発やアプリ開発を行うのに適しているため、Ruby on Railsを学習することはリモートワークへの近道となります。

在宅のプログラマーって実際どうなの?収入やメリットについて徹底解説!

Ruby on Railsがリモートワークに向いている理由

Ruby on Railsを使ったWeb開発などはリモートワークに非常に向いています。ではRuby on Railsがリモートワーク向いている理由を解説します。

リモートワークエンジニアって実際どう?向いてる職種やメリット、始め方をご紹介!

Ruby on Railsを扱えるエンジニアがまだ少ないから

caption

実はWeb開発といえばPHPの方が主流でエンジニアが豊富に揃っています。ですが、企業によってはRubyを使って開発したいという会社もあり、Ruby on Railsを扱えるエンジニアの数が不足しています。

そのためRuby on Railsを扱えるエンジニアは需要が高く、リモートワークでのRuby on Railsを利用したWeb開発案件が多いのです。

効率よく開発ができリモートワークとの相性が良いから

caption

Ruby on Railsを利用することで同じ処理を繰り返さないなどの決まりがあり効率よく開発ができることも、速さを求めるリモートワークで、Ruby on Railsを扱えるエンジニアが求められている理由です。

リモートワークには作業速度が求められます。会社で顔を合わせるわけではない分、コミュニケーションに時間がかかるため、作業効率は非常に重要です。ですから効率の良いフレームワークで開発が進められるRubyがリモートワークでは需要が高いのです。

ベンチャー企業やスタートアップ企業で採用されることが多い言語だから

caption

開発スピードが求められるベンチャー企業やスタートアップ企業ではRubyで開発するケースが多いです。そして新しい企業ほど、古い風習がありませんからリモートワークを積極的に推進しています。どこにいても仕事はできるという考え方が主流です。

このような企業が効率を求めてRubyで開発を推進していますから、Ruby on Railsを扱えるエンジニアはリモートワークで仕事をしやすいと言われています。

Webアプリやスマホアプリなどの開発に向いた言語だから

caption

Rubyは主にWeb開発やスマホアプリ開発に利用される言語です。比較的に、軽いシステム工程に利用されるケースが多いため、会社に常駐して働く必要がなく、リモートワークで十分働けます。

Ruby on Railsを利用したRubyでの開発は、リモートワークでもセキュリティーを守ることができ、どこにいても開発できる分野だといえるでしょう。

リモートワークに向いているRuby on Railsの特徴

リモートワークに向いているRuby on Railsの特徴をご紹介します。特徴を把握することで、Ruby on Railsへの理解をより深めることができます。

リモートワークとは?メリットや種類・導入方法について徹底解説!

Rubyに特化したフレームワーク

caption

Ruby on RailsはRubyに特化して作られたフレームワークです。ですからRubyを使ってリモートワークで開発する際には効率良く便利に利用できる特徴があります。

Rubyは他のフレームワークを利用することも可能ですが、企業からRuby on Railsの利用を指定されるケースもありますので、Rubyをマスターしたなら一緒にRuby on Railsをマスターした方がいいでしょう。

効率よくコードが書ける

caption

フレームワークのRuby on Railsを用いると、Rubyで効率よくコードが書けるという特徴もあります。理由は、同じソースコードを繰り返し書くことを避けて短く効率の良いソースコードを作ることができるからです。

リモートワークで開発をしているとどうしても同じ処理を繰り返すシーンがありますが、同じコードを繰り返さないことによって開発者は時間を短縮することができるでしょう。

MVCモデルのアーキテクチャを採用

caption

Ruby on Railsの大きな特徴はMVCモデルのアーキテクチャを採用しているということです。MVCとは、Model,View,Controllerの頭文字のことで、この3つの役割でプログラミングを生成しやすくしています。

Modelは主にデータベースとのやり取りを司り、ViewはWebページの表示を司っています。Controllerは指令し指示を司る役割を担い、ModelやViewで指令したことをコントロールする部分です。このようにRuby on Railsは3つがそれぞれ役割を分担してわかりやすいフレームワーク構造になっています。

そのためRuby on Railsはエンジニア初心者にも扱いやすく、これからリモートワークをしたいという方におすすめです。

未経験でもエンジニアでリモートワークできる!仕事の探し方やおすすめ職種を徹底紹介!

テスト機能を自動化できる

caption

テスト機能が自動化できることもRuby on Railsの大きな特徴の一つです。アプリ単体テスト、機能テスト、統合テスト、システムテストでRuby on Railsがテストコードのスケルトンを自動生成してくれます。

ですから、わざわざテストコードを作成したり、ブラウザ操作をしなくても効率的にテストが実現できる特徴もあるのです。リモートワークで作業スピードが求められる中、テスト機能が自動化できるのはRuby on Railsの大きな強みです。

リモートワークに向いているRubyとPHPの比較

caption

実際にRubyと同じスクリプト言語にはPHPがあります。この二つの言語を比較したとき、未経験者がWeb開発のエンジニアを一から目指すならRubyを習得し、Ruby on Railsを扱えるようになった方がリモートワークでは有利です。

PHPはWebアプリ開発では主流の言語です。PHPのエンジニアは多くいますが、Ruby on Railsを扱えるエンジニアはまだ数が少ないのが現状です。

PHPを習得してもリモートワークはしやすいですが、PHPには利用できるフレームワークが多数あり過ぎますので、企業の指示によって新たにフレームワークを学ぶ必要もあるでしょう。

ですが、Rubyを用いた開発ではほとんどRuby on Railsが用いられます。そのため、新たに言語やツール、フレームワークを学ばなければいけない手間が省けます。 

フルリモートのプログラマって実際どうなの?正社員とフリーランスを比較して徹底解説!

Ruby on Railsを使って開発された有名アプリ4つ

caption

Ruby on Railsがリモートワークに向いている言語だと言われても、実際どのような機能を実装できるのか、どんなアプリが作れるのかイメージがわかない方もいることでしょう。

Ruby on Railsで開発された有名アプリは以下のようなアプリです。

・twitter

・クックパッド

・グノシー

・食べログ

以上のアプリがRuby on Railsを駆使して作られています。アプリ開発はリモートワークに向いている分野ですので、リモートワークでエンジニアをしたい方は習得することをおすすめします。

リモートワークに向いているRuby on Railsの学習方法

リモートワークに向いているRuby on Railsの学習方法を2つご紹介します。独学で学びやすい言語ですので、Ruby on Rails初心者の方などは参考にしてみてください。

エンジニアの情報収集方法まとめ!注意事項などもご紹介!

Ruby on Rails チュートリアル

caption

Ruby on Rails チュートリアルは、初心者でもSNS開発やWeb制作について学べる大型チュートリアルサービスです。解説を読みながら開発を実際に体験できるのが特徴です。

わからない部分は36時間にも及ぶ解説動画を見ることで理解を深めることができ、オンラインでの質疑応答も可能なため、おすすめのRuby on Railsの学習サイトです。

Progate

caption

Progateは初心者向けのプログラミング学習サイトで、スライドを見ながら独学でRuby on Railsを学習できます。

有料版と無料版がありますので、まずは無料版で学習を進めてみましょう。オンライン上でWebサイトから直接プログラミングコードを入力でき、すぐに反映できる機能が魅力です。

Progateを用いれば、環境を自分で用意する必要がなく、パソコンさえあれば学習できます。Ruby on Railsだけではなく、htmlやSCC、PHPなど様々な学習ができますので、学んでおきたいプログラミング言語などはこのサイト一つで習得できるため非常におすすめです。

Ruby on Railsを用いたリモートワーク求人を探す方法

実際にRuby on Railsを使った開発のリモートワーク求人はどのように探せばよいのでしょうか。ここでは、Ruby on Railsを用いたリモートワーク求人の探し方を3つご紹介します。

【徹底解説】リモートワークの求人サイトおすすめ6選 | 探し方のコツは?

リモートワーク専門の求人サイトで探す

caption

Ruby on Railsを利用したWeb開発やアプリ開発のリモートワーク求人をリモートワーク専門の求人サイトで探すこともできます。

現在リモートワークが普及してきているため、リモートワークについて詳細に条件を指定して検索できる求人サイトも増えてきています。リモートワーク専門の求人サイトとしてはテレラボReworkerがおすすめです。

Rubyを使った開発のリモートワーク求人は多く、中には正社員雇用のリモートワーク求人もあるため、スキルを身に付け正社員として安定に働きたいという方におすすめの探し方です。

ITエンジニア・プログラマーでリモートワーク/在宅勤務が可能な求人

クラウドソーシングサイトで仕事を探す

caption

RubyとRuby on Railsの基礎を学んだら、次はクラウドソーシングサイトでRubyを用いた開発案件を探してみましょう。うまくクライアントと要件がマッチすれば仕事を進めていくことができます。

クラウドソーシングサイトは単価が低い案件が多いですが未経験でもできる仕事も多いため、Ruby on Rails初心者でリモートワークしたい方におすすめです。

おすすめのクラウドソーシングサイトはクラウドワークスランサーズフリーランススタートです。下の記事では在宅ワークにおすすめのクラウドソーシングサイトを徹底紹介しているので、参考にしてください。

在宅ワークに大人気おすすめクラウドソーシングサイト10選!

フリーランスエージェントサービスを利用する

caption

フリーランスのエンジニアとしてRuby on Railsを使ったリモートワークをするという方法もあります。そこでおすすめなのが、フリーランスエージェントサービスです。

フリーランスエージェントサービスでは、専任のキャリアアドバイザーがつき、希望に沿った案件を探すのをサポートしてくれます。おすすめはITプロパートナーズMidworksクラウドテックなどです。

Ruby on Railsを扱えるエンジニアは現在需要が高いため、フリーランスのリモートワーク案件も充実しています。

Ruby on Railsを使ったリモートワークの注意点

RubyとRuby on Railsを学んでリモートワークを上手にこなしていくためには気を付けるべき注意点があります。ここではその注意点をいくつかご紹介します。

納期は厳守する

caption

Rubyのエンジニアはそれほど多くはありません。ですから、仕事は意外にすんなり受注できるでしょう。ですがリモートワークで必須になることは納期を守ることです。

Ruby on Railsを使えば効率的に業務をこなせるというメリットがありますが、スケジュール管理を怠ってはいけません。

そしてプロジェクトで計画されたスケジュールには了承していくことも大事なことです。プライベートな予定を優先にするといくら数少ないエンジニアで優遇されたとしてもすぐに仕事を切られてしまいます。「納期は厳守する」ということは注意したいポイントです。

チャットの返信はできるだけ早く

caption

Ruby on Railsを使ったリモートワークをする際も基本的に連絡手段はチャットになるでしょう。チャットの返信はできるだけこまめにした方が良いです。数日間連絡が取れないとクライアントからの信頼を失ってしまう危険性もあります。

もしも数日間業務から離れる際には、「しばらくチャットを確認できません」などと事前に連絡しておくのが良いでしょう。

わからないことはビデオ会議で確認をする

caption

リモートワークだとわからないことが生じた時、すぐに周りの人に聞くことができません。そんな時でも、解決を後回しにせず、不明点はビデオ会議などでしっかり確認する必要があります。

Rubyなどのプログラミング言語を使った開発だと実際に画面を共有して不明点を解決することができるのも、Ruby on Railsがリモートワークしやすい点だと言えます。

リモートワークにおすすめのツール32選!【これだけあれば安心】

規則正しい時間に仕事をする

caption

リモートワークでも規則正しい時間に仕事をしていきましょう。フリーランスの方でも、可能ならクライアントの業務時間に合わせた仕事の進め方がベストです。

夜中に仕事をして、クライアントが昼間に仕事をしているようでは、急ぎの連絡などが取りづらくなってしまい、自分にとってもクライアントにとってもマイナスになってしまいます。

Ruby on Railsを使った開発では、コミュニケーションを細かくとりチームで認識を合わせる必要があるため、規則正しい生活をおくることをおすすめします。

開発速度を上げる

caption

Rubyでリモートワークの開発案件を受注する場合、Ruby on Railsを駆使して開発速度を上げることが重要です。またRuby on Railsに任せられる部分はできるだけ任せて、オリジナルで作成が必要な部分は自分でコードを書いていくのがおすすめです。

Ruby on RailsがあればほとんどのWebサービスはリモートワークで実装可能なので、そのためにもRuby on Railsを使いこなせるように日々学習や努力を怠らないようにしましょう。

Ruby on Railsを使ったリモートワークの収入

caption

Ruby on Railsを使っているエンジニアの収入は以下の表の通りです。リモートワークは働き方が様々なので、雇用形態ごとにまとめました。

正社員年収400~700万円
業務委託月給80~120万円
派遣社員時給2,000~3,000円
アルバイト・パート時給1,200~1,500円
フリーランス単価相場60~80万円

フリーランスの単価相場は実務3〜5年程度の経験や実力がある場合の単価相場です。

Ruby on Railsはエンジニアが少ないことからJavaやPHP比べて案件単価が高いと言われています。

【2021年最新】ITエンジニアの全16種類を徹底解説!気になる年収は?

まとめ

Ruby やRuby on Railsはリモートワークには適した言語やフレームワークです。もしも未経験からプログラミング言語を学んでwebサイトの構築案件などを受注していきたいならRubyを学ぶことはおすすめです。独学でも習得は早いですし、案件も豊富にあるでしょう。

Rubyを学ぶならRuby on Railsを学ぶことも必須です。Ruby on Railsをマスターして快適で効率良くリモートワークを実現できることをお祈りします。

関連記事

【徹底紹介】javaはリモートワークに向いている?仕事の始め方は?Pythonは在宅でもできる?仕事の探し方や仕事内容について徹底紹介!在宅RPAエンジニアって実際どうなの?仕事内容や始め方を徹底紹介!在宅のエンジニアとは?仕事の種類や探し方、年収、一日の過ごし方など徹底解説!
友だち追加

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る

リモートワーク転職 でなにかお困りですか?

LINEキャリア相談の詳細はコチラ