テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

稼げるエンジニアが持っている基本スキル6選をご紹介!効率的に勉強する方法は?

エンジニアに必要なスキルが欠かせない

caption

エンジニアとは、コンピューターのシステムは開発する技術職です。エンジニアが扱うITやAIといった技術はものすごいスピードで進化し続けています。そのスピードにエンジニアはついていかなくてはないません。

そのため、常にスキルアップを図りながら自分の付加価値を上げていく必要があります。この記事では、エンジニアのスキルアップについてご紹介してきたいと思います。

エンジニアに必要な基本的なスキル

それでは、エンジニアとして必要な基本的スキルについてご紹介していきましょう。エンジニアを目指す人にとっては必要なスキルでもあるので、ここは抑えておきたい部分です。

エンジニアの基本スキル①:ITの基本的知識

caption

エンジニアは、ITを使って仕事をします。そのため、基礎的な部分は把握しておかなければなりません。どういうルールがあるのか、マナーはどんなものがあるのかといったエンジニアとして必要な知識です。

ソフトウェアOS
ミドルウェア
開発ツール
オープンソース
ファイルシステムなど
データベース設計手法
データ操作
トランザクション処理
デーベース方式など
ハードウェアメモリ
プロセッサ
入出力デバイス
バス
入出力装置など
ネットワーク通信プロトコル
データ通信と制御
ネットワーク管理など
セキュリティ情報セキュリティ対策
情報セキュリティの種類
情報セキュリティの管理など

エンジニアの基本スキル②:パソコンを使いこなすスキル

caption

エンジニアにとって、パソコン操作ができるのは基本中の基本です。パソコンが操作できないのであれば、エンジニアとしては難しいでしょう。パソコンが一通り使いこなせるレベルが求められます。

エンジニアの基本スキル③:プログラミングの知識

caption

エンジニアにとって、プラグラムを組むのがだいたいの業務内容になります。プログラミング言語や知識、それらを使って仕事を進めていきます。

webシステムPHP
Java
Rubyなど
アプリSwift
Javaなど
システムPHP
Java
VBなど

エンジニアの基本スキル④:ドキュメント作成スキル

caption

エンジニアは、社内や社外で使うドキュメントの作成を行うためこういったスキルも必要です。

要件定義書顧客のシステム要件や業務要件が書かれたドキュメント
詳細設計書プログラマーがプログラミングする時に使うプログラム構造やコーディング要件が記載されたドキュメント
単体テスト仕様書クラスやモジュールのプログラムコードを1行で実行確認するテストのやり方と項目が記載されたドキュメント
結合テスト仕様書クラスやモジュールを結合して行う動作テストのやり方や項目が記載されたドキュメント
総合テスト仕様書完成されたシステムが正常に動作するか確認するためのテストのやり方や項目が記載されたドキュメント

エンジニアの基本スキル⑤:コミュニケーションスキル

caption

エンジニアは、顧客からのニーズを瞬時に把握し、自分のスキルを存分に発揮し顧客を納得させる成果をださなくてはいけません。そのため、顧客がどんなものを求めているのか、求められるものをコミュニケーションによって明白にする必要があります。

さらに、チームメンバーとのコミュニケーションも欠かせません。プログラミング知識だけあっても、コミュニケーション能力がないとエンジニアとしては難しくなります。

エンジニアの基本スキル⑥:常に新しい知識を探求する

caption

エンジニアは、常に新しいものに対応する必要があります。そのため、新しいITスキル習得や、新しい資格取得も必要でしょう。

また、ニュースや雑誌やネットからも、いち早くIT情報を手に入れ自分のものにしていく姿勢も求められます。

エンジニアスキルチェックで実力を可視化しよう

エンジニアとして、自分の実力を知ることで、自分を客観的に評価できます。自分ができている部分、自分に不足している部分を客観的に可視化できるので、スキルチェックはとても有効でしょう。

エンジニアのスキルチェックは、企業の採用試験でも取り入れられています。エンジニアにおすすめのスキルチェックサービスで実力を確認していきましょう。

エンジニアのスキルチェックにおすすめのサービス

では、エンジニアのスキルチェックはどういうサービスがおすすめなのでしょうか。

paiza

caption

SからEランク指定の課題を記入して提出すれば、スキルチェックができます。受験すると、そのランクに応じた求人を確認でき、エンジニアの能力や魅力を存分に発揮できます。

Topcoder

caption

世界中のエンジニアが集まるサイトで、かなり知名度の高いサービスです。問題文は全て英語です。大きな特徴として、他の参加者の回答を見れるという点です。自分のスキルアップにも繋がるでしょう。

AtCoder

caption

日本のプログラミングサイトです。リアルタイムで3000問以上の過去の問題に挑戦できます。ゲーム感覚で挑戦する参加者も多く、順位が可視化できるのも魅力です。エンジニア採用基準として使っている企業もあります。

TOPSIC

caption

初級から上級の6段階からオンラインでリアルタイム判定ができます。プログラミングのスキルがどれくらいか客観的に測定したい人におすすめです。

freeCodeCamp

caption

全て無料でできるほか、チャットで他のエンジニアに質問できたりします。サイトは英語ですが、日本語コミュニティもあります。

Google Code Jam

caption

世界中のエンジニアが、オンラインで開催されるラウンドから最終ラウンドを目指します。このコンテストで上位に入れれば、就職にかなり有利になります。

CheckiO

caption

ゲーム感覚で問題を解いていけるサイトです。だんだんと難しくなっていくようになっているので、少しずつスキルアップできていきます。海外サイトではありますが、ほとんど日本語で翻訳されています。

エンジニアがスキルアップするために効率的に勉強する方法

自分がどれくらいのスキルがあるのか分かったところで、どうやってスキルアップしていけばいいのか勉強方法を解説していきます。

学習サイトや動画サイト

caption
  • 初心者におすすめ
    学習サイトや動画サイトは、簡単に見やすくなっています。初心者にも分かりやすく解説しているものも多く、自分のペースで学習を進めたい方におすすめです。
  • 独学でも勉強できる
    今は、学習サイトや動画サイトの質もとても高いものが多く、独学で頑張りたい人でも十分のクオリティのものもあります。
  • 種類が豊富
    たくさんの種類から自分にあった学習方法を選択できるのも魅力です。
  • 有料サービスなら質問コーナーもある
    学習サイトや動画サイトのなかには、有料の場合もあります。有料の場合は、無料で学習するよりも付加価値をつけるために、個人個人のニーズに合わせている場合もあります。

caption
  • 情報量が多い
    本1冊読めば、分かるくらいの情報量が魅力です。
  • 丁寧に向き合える
    本は、自分のペースで進めたい人におすすめです。分からない部分は何回も学習して理解を深めていけます。
  • マスターできるまで何回も繰り返し使える
    本の場合、何度でも同じページに戻ればそこが深く学習できます。
  • 初心者から上級者まで対応
    本の場合は、初心者向けの場合もありますし、上級者向けの場合と自分のレベルに合わせて選べます。上級者であればかなり専門的な部分も踏み込んだ学習ができます。
  • レベルに合わせて選ぶといい
    本での学習の場合、選び方として自分のレベルに合わせる必要があります。あまりにもレベル違いの本を選ばないように口コミやレビューなども参考にするといいでしょう。

勉強会

caption
  • 独学での限界を感じた人向け
    エンジニアの学習は、その特徴から独学では難しいと思うタイミングがあります。そうしたタイミングで勉強会に参加するといいでしょう。
  • 現役のエンジニアから学べることもある
    実際にエンジニアとして活躍している人からの生の声というのは、かなり勉強になります。より具体的にエンジニアとしてのスキルアップについて学べるのは間違いないでしょう。
  • 参加者同士でも切磋琢磨できる
    勉強会では、独学にはない仲間がいます。仲間の頑張りやつまづきを知れば、一緒に伸びていける力になるでしょう。
  • モチベーション維持に効果的
    独学でしている時は、どうしてもやる気がダウンする場合もあるでしょう。勉強会で自分と同じ志を持つ仲間の姿を知ればモチベーションの維持に効果的です。
  • 料金が発生する
    勉強会に参加するためには、多少なりとも費用が発生します。その価値があるのか、独学以上の実りある勉強会をしっかりと選んで、参加しましょう。

やめた方がいいエンジニアのスキルアップ方法

エンジニアの勉強は独学でも始められます。ただ、多くの人がやってしまいがちなおすすめできないやめた方がいい勉強方法もあります。

自分のレベルよりも難しい言語に挑戦する

caption

エンジニアとして活躍したいのであれば、難しい言語も使いこなす必要はあります。ただ、いきなりちんぷんかんぷんな言語にチャレンジするのはおすすめできません。早々と挫折してしまう原因になります。

エンジニア初心者であれば、まずは基本からしっかりと身につけていきましょう。

いきなり本で勉強する

caption

エンジニア初心者がいきない本を購入して勉強するのはおすすめできません。序盤から「やめておこう」となってしまう典型パターンです。まずは、動画サイトや学習サイトを活用してみましょう。

実際に触れるのと、知識だけとは全く感じ方も違ってきます。

まとめ

今記事ではエンジニアがスキルアップをする方法についてご紹介してきました。エンジニアにはスキルアップは欠かせませんので、エンジニアスキルチェックや効率的な勉強法でスキルアップを目指しましょう。

友だち追加

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る