テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

【徹底紹介】javaを使ってリモートワークはできる?仕事の始め方は?

目次

開く
  1. 1. javaを使ったリモートワークについて徹底解説
  2. 2. javaとはどんな言語?リモートワークは可能?
  3. 3. リモートワークする上でのjavaとJavascriptの違い
  4. 4. javaを使ったリモートワークの仕事が少ない理由
  5. 5. javaでリモートワークする際に導入すべきセキュリティソフト
  6. 6. javaを使ったリモートワークをする方法
  7. 7. java以外でリモートワークに向いている開発言語
  8. 8. リモートワークをするためのjavaの学習方法
  9. 9. まとめ
  10. 10. 関連記事

javaを使ったリモートワークについて徹底解説

caption

javaは汎用性も高く需要も高い開発言語です。javaを習得しておけば、様々な開発案件を受注することができ、スキルを磨けばリモートワークも可能となるでしょう。

そこで本記事では、javaについての基本的な知識から、javaを使ったリモートワークの課題、仕事の始め方、javaの学習方法まで徹底解説しています。

ITエンジニア・プログラマーでリモートワーク/在宅勤務が可能な求人

javaとはどんな言語?リモートワークは可能?

caption

javaとは、1995年にサンマイクロシステムズ社によって開発・リリースされたプログラミング言語のことです。2010年にはオラクル社に吸収合併されたことで、現在はオラクル社に版権が移っています。

javaはOSに依存しないマルチプラットフォームの言語、つまりどんな環境であっても使用できるのが特徴です。この特徴から、世界中で利用される人気の高い開発言語となっています。非常に需要が高い言語であるため、一度習得することで開発者ならば仕事に困ることはないでしょう。

javaはリモートワークでも働けるプログラミング言語ではありますが、これから習得予定であったり、スキルはあるが実務経験がない方は、フリーランスで働くにはあまり適した言語ではありません。この理由は後述します。

リモートワークエンジニアって実際どう?向いてる職種やメリット、始め方をご紹介!

リモートワークする上でのjavaとJavascriptの違い

javaと似た名前の言語にJavascriptというプログラミング言語があります。名前は似ていますが、javaとJavascriptは全く違う言語なので、しっかりと違いを理解することが必要です。またどちらがリモートワークに向いているかも解説します。

在宅のプログラマーって実際どうなの?収入やメリットについて徹底解説!

javaとは

caption

javaはコンパイラ言語という種類になります。通常プログラミングをする際に、コンピューターにプログラミング言語で書いた命令を理解させるため、さらにコンピュータ語に翻訳する作業が必要です。

しかしコンパイラー言語の場合、その翻訳作業が不要となります。機械語に翻訳がいらないということは、限りなくコンピューターに近い言語というわけです。

そのためjavaは処理速度が早く、企業の基幹業務システムなどの重いシステム案件などに利用されます。

Javascriptとは

caption

一方Javascriptはスクリプト言語です。スクリプト言語は、javaのようなコンパイラ言語と異なり、翻訳が必要なプログラミング言語です。スクリプト言語は機械語の翻訳が必要といった面で、人間に近い言語であるためプログラミングの理論や表記が分かりやすいという特徴があります。

こうした言語は処理速度が遅いため、簡易的な動作をさせることを得意とします。例えばJavascriptは、webサービスなどでポップアップなどを動作させる場合に利用されます。

リモートワークにはjavaよりJavascriptが向いている

caption

ここまでそれぞれの特徴を説明してきました。まとめるとjavaは企業の基幹システムの運用・管理が得意で、Javascriptはより簡単なWebサービス等のシステム開発が得意です。

リモートワークではWeb開発などの案件が非常に多いため、javaよりもJavascriptの方がリモートワークで仕事がしやすく、リモートワークの案件も多いのです。

javaを使ったリモートワークの仕事が少ない理由

現状、javaを使ったリモートワークの仕事はそう多くありません。ここでは、javaがリモートワークにあまり適さない理由を解説します。いったい何が障害になっているのでしょうか。

リモートワークのセキュリティ対策はどうしたらいい?リスクとその対策方法について徹底紹介!

javaを一から習得するには難易度が高すぎるため

caption

未経験者が一からjavaを学ぶのは大変難しいとされています。javaは極めて機械に近いプログラミング言語であるため、文法や考え方が難しく、リモートワークできるまでにスキルを習得するには膨大な時間やお金もかかります。

このように難度が非常に高いため、はじめは別の言語から学習し、プログラミングやシステム開発のウハウを習得・経験した人がステップアップとしてjavaに着手する場合が多いです。

未経験者がjavaを習得するはおおよそ半年から1年の期間が必要です。それに加えて、リモートワークできるほどにjavaを使いこなせるまで、1~2年必要といわれています。本気でjavaを習得したいと考えるなら、それなりの覚悟が必要です。

javaは社内業務システム系で利用されることが多い言語だから

caption

javaはマルチプラットフォームでコンパイラ言語であるため、主に社内業務システムで利用されています。加えてjavaには、オブジェクト指向とフレームワークを駆使し、どんなシステムにも柔軟に対応できる特徴もあります。

こうした特徴を携えるjavaは、大型システム開発に登用されることが多いのですが、当然規模が大きくなればなるほど一人で完結させることが出来なくなります。

例えば社内業務システムを開発する場合、大掛かりなプロジェクト体制で望むことになります。要件定義もシステムテストも大掛かりになるため、チームで集まって細かくチェックしたり、コミュニケーションをとったりして開発する必要があるのです。

ですからjavaは、リモートワークのように組織と切り離される職場環境で仕事をするにはあまり適しておらず、オフィスに集まり、face to faceで遂行するプロジェクトで使用されることが多い言語なのです。

セキュリティの問題があるから

caption

javaは社内業務システムに利用されるケースが多い言語だと解説しましたが、主に基幹業務システムで利用される言語でもあります。つまり、社外秘で機密情報の高いシステムで利用されることが多く、セキュリティ・コンプライアンス上リモートワークが禁止の企業も多いのです。

しかし、社内に常駐してjavaの開発をしてくれるエンジニアや会社が見つからない場合には、リモートワークで案件依頼する動きもあります。今後はjavaの開発案件もリモートワークで需要が高まる可能性があるでしょう。

javaでリモートワークする際に導入すべきセキュリティソフト

ここでは、javaでリモートワークをする上で欠かせないセキュリティソフトについて、マルウェア性能、ランサムウェア対策そして動作の軽さの観点でおすすめのセキュリティソフトをご紹介します。

なお、これから紹介するソフトの価格は日によって前後するため、大まかな値段で表記しております。

リモートワークのセキュリティ対策はどうしたらいい?リスクとその対策方法について徹底紹介!

ウイルスバスタークラウド

caption

ウイルスバスタークラウドは、一番安い価格帯で5800円ほどになっています。この価格帯のものだと有効期限が1年間で3台までのソフトをウイルスから保護することが出来ます。

こちらのソフトはリンク先の安全性を判断する機能が特徴的で、SNSをよく利用する人やネットサーフィンをする機会が多い人などに強くお勧めのウイルスソフトになります。

日本国内シェアは12年連続トップとなっており、非常に扱いやすいソフトで、javaを使ったリモートワークを始める際にまず導入したいセキュリティソフトです。

カスペルスキーセキュリティ

caption

カスペルスキーのセキュリティの価格は5000円ほど(5台1年)になっています。特徴としては、非常に性能の良いマルウェア対策が挙げられます。また、ランサムウェアへの対策も他社よりも早く対応し、その技術力は第三者機関の評価からみても確固たるものです。

一方動作の軽さですが、ほかのウイルスソフトと遜色なく特に問題はありません。javaを使ったリモートワークにセキュリティソフトを導入する際、性能を重視したい方におすすめの対策ソフトです。

ESETセキュリティソフト

caption

ESETセキュリティソフトの価格は7400円ほど(5台3年)と、この3つの中で一番コストパフォーマンスが高いソフトになっています。このソフトは機能の軽さが特徴で、パソコンの動作に支障をきたしません。加えてマルウェア対策も非常に優れています。

開発元は大手のキャノンITソリューションという点も注目です。キャノンITソリューションは、Google Playストアの有害アプリ排除に一躍買っている「App Defense Alliance」に技術提供をしている企業で、ウイルス対策の歴史も長く信頼を寄せることが出来ます。

javaを使ったリモートワークに導入するセキュリティソフトで、機能の軽さを重視したい方におすすめです。

javaを使ったリモートワークをする方法

javaを用いたリモートワークの仕事をする上で、その働き方や仕事を見つける方法をご紹介します。

企業に入社して正社員としてリモートワークする

caption

もしもjavaを習得したなら一度企業への就職を考えた方がよいでしょう。最初からフリーランスでリモートワーク案件を受注していくことは難しく、経験や実績を作った方がより無難です。

昨今の事情を鑑みると、開発者や技術者など場所を選ばない職業は、リモートワークが認められやすく、javaを使ったリモートワークもしやすくなってきています。

正社員としてjavaを使うリモートワークの仕事を探すならテレラボがおすすめです。テレラボはリモートワーク専門の求人サイトで、エンジニア求人も多く取り揃えています。

ITエンジニア・プログラマーでリモートワーク/在宅勤務が可能な求人

常駐先のリモートワークに便乗する

caption

javaを使ったリモートワークをする方法として、クライアント企業に常駐し、クライアント企業のリモートワークに便乗する方法があります。一度常駐先の企業に相談してみると、了承が得られる可能性は高いです。

エンジニア専門のフリーランスエージェントに登録する

caption

実は、javaのリモートワーク案件は数が少ないものの、エンジニア専用のエージェントにはそれなりに案件はあります。少しでもエンジニア経験があるならエージェントに登録すれば、フリーランスエンジニアとして簡単にjavaを使ったリモートワークの仕事が見つかるでしょう。

ただし、フリーランスエージェントだと未経験者では採用されることが難しく、一から学んで登録していくことはおすすめできません。ある程度一人で業務をこなせるようになってからフリーランスエージェントに登録すると良いでしょう。

在宅フリーランスエンジニアの本音を徹底解説 | メリットや年収、福利厚生サービスなど

java以外でリモートワークに向いている開発言語

リモートワークでITエンジニアとして働きたいと考えるなら何もjavaだけが人気の開発言語ではありません。ここでは、未経験者でも学びやすく需要の高い開発言語についてご紹介します。

【2021年最新】ITエンジニアの全16種類を徹底解説!気になる年収は?

PHP、Ruby、JavascriptなどのWeb開発言語

caption

リモートワークで需要が高い言語としては、Web開発案件で利用できるPHPやRuby、またHTMLやCSS、Javascriptなどがあります。

javaでできる業務内容とは異なりますが、どの言語やスキルも難易度はさほど高くはありませんので、未経験者でも習得しやすいのが特徴です。

下の記事では、それぞれの言語を用いたリモートワークについて徹底解説しています。

リモートワークならrubyがおすすめ!その理由と効果的な仕事の探し方をご紹介!リモートワークエンジニアならRuby on Railsがおすすめ!その理由と求人の探し方をご紹介!HTMLコーダーってどんな仕事?収入やなる方法についてご紹介!

PythonやSwiftなどのスマホアプリ開発ができる言語

caption

リモートワークが可能な開発案件の中でも、スマホアプリ開発は需要が高い分野です。また自分でアプリを開発できれば、そのアプリを販売することもできます。

iPhoneで動作するスマホアプリを開発するならSwiftを習得しておくと比較的に簡単にアプリ開発することが可能です。Swiftは難易度も高くはないため、新しく言語を学ぶ人や今後のスキルアップを望む人におすすめです。

Android上で動作するアプリ開発には、基本的にjavaのスキルが必要です。ですが、javaは初心者では学びにくいため、近年では主にPythonが使われるようになってきています。

Pythonは豊富なフレームワークから、非常に扱いやすい言語でスマホアプリ以外のWeb開発でも利用できますので、リモートワークをする上で学んでおいて損はありません。

Pythonは在宅でもできる?仕事の探し方や仕事内容について徹底紹介!

C#やRubyなどのゲームアプリ開発ができる言語

caption

コロナ禍の中急増しているリモートワーク案件がゲーム開発案件です。ゲーム開発をするためには、開発言語だけではなくゲームエンジンの理解が必要です。

unityは世界中でスタンダードにゲーム開発で利用されるゲームエンジンです。unityエンジニア募集の案件は数多く習得しておくとゲーム開発者になれるでしょう。

ゲームエンジンに加えて、C#やRuby、Swiftなどのプログラミング言語を習得しておくとゲーム開発の幅が広がります。

リモートワークをするためのjavaの学習方法

javaを使ったリモートワークをするために、javaの習得方法をご紹介します。自分のスキルや経験をもとに、スクールに通うのか、独学で学ぶのか決めると良いでしょう。

プログラミングスクールを利用する

caption

リモートワークをするためのjavaの学習方法として、プログラミングスクールに通い、javaを習得する方法があります。

独学で勉強する場合に比べて、勉強の指針も立つため効率的にスキルを習得することができます。お金はかかりますが、未経験の方はプログラミングスクールでjavaを習得することをおすすめします。

未経験から在宅エンジニアになる方法を徹底解説!仕事の探し方や必要なスキルなど

コミュニティや情報共有サイトを利用して独学で習得する

caption

リモートワークをするためのjavaの学習方法として、エンジニアのコミュニティに参加したり、情報共有サイトを利用して独学で勉強する方法があります。

エンジニア経験があり、他の言語のスキルを身に付けている方は、エンジニアコミュニティに参加したり、TechMeなどで質問をしたり、Qiitaなどの情報共有サイトを利用した方が早くjavaを習得できるでしょう。

【徹底解説】エンジニアにおすすめのコミュニティ13選!参加方法や注意点をご紹介!エンジニアの情報収集方法まとめ!注意事項などもご紹介!

まとめ

javaを習得してリモートワークに生かすことは可能です。しかしjavaは習得が困難なことに加えて、リモートワークにはあまり向いてはいないため、なかなかリモートワーク可能な仕事を探せないリスクがあります。

このようなリスクを知った上でjavaを習得し、リモートワーク可能な仕事を探していくことが重要です。

関連記事

在宅のエンジニアとは?仕事の種類や探し方、年収、一日の過ごし方など徹底解説!在宅SE(システムエンジニア)ってどんな仕事?収入や始め方など徹底紹介在宅のフロントエンドエンジニアって実際どうなの?必要なスキル、資格、仕事の探し方など【徹底解説】在宅のネットワークエンジニアって実際どうなの?年収、通信環境、スキルなどインフラエンジニアはリモートワークできる?条件や必要なスキル、注意点など
友だち追加

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る