テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

迷ったらこれ!在宅ライターの募集サイトおすすめ6選!【高収入】

目次

開く
  1. 1. 在宅ライターとはどんな仕事?
  2. 2. 在宅ライターの募集に応募するメリットとは?
  3. 3. 在宅ライターの募集の文字単価の相場は?
  4. 4. 在宅ライターを募集している媒体
  5. 5. 在宅ライターはクラウドソーシングサイトの募集に応募しよう
  6. 6. 在宅ライターのおすすめ募集サイト6選
  7. 7. 在宅ライター募集で気をつけたいポイント
  8. 8. 正社員の在宅ライターを募集しているサイトはあるの?
  9. 9. まとめ
  10. 10. 関連記事

在宅ライターとはどんな仕事?

caption

在宅ライターは、依頼された企画内容にそって文章を作成する仕事です。

ライターは、雑誌や書籍などの紙媒体のライターニュースサイトやコラムサイトなどの記事を作成するWebライターなどがあります。

業務形態は、会社などと雇用関係にある契約の在宅ライターや雇用関係を持たないフリーランスの在宅ライターがあります。

今回は、在宅ライターに応募するメリット、収入、求人サイト、気をつけたいポイントを徹底解説していきます。

ライター・翻訳でリモートワーク/在宅勤務が可能な求人【徹底紹介】在宅ライターってどんな仕事?どのくらい稼げる?稼ぐコツをご紹介

在宅ライターの募集に応募するメリットとは?

在宅ライターに応募するメリットについて多く声があがったものをいくつか紹介したいと思います。

リモートワークのメリット・デメリットとその解決策を徹底解説!

パソコンさえあれば始められる

caption

在宅ライターと言う仕事は、パソコンとインターネットがあれば、基本的に始めることができます。基本的にパソコンで文章を書き、それをインターネットで提出するからです。

なので、気軽に誰でも始められるのが在宅ライターの募集に応募するメリットです。

出勤する必要がない

caption

在宅ライターは名前の通り在宅勤務なので、自宅で主婦の方でも子育て、学生でも学業の合間の空いた時間に収入を稼ぐことができます。

他にもライターで生計を立てる専業ライターをする人も存在するので、働き方は様々です。

在宅ライターの募集の文字単価の相場は?

caption

在宅ライターの募集案件において重要な指標となるのが「文字単価」です。1文字〇〇円と言った1文字あたりの報酬額を設定した値になります。 

例えば、文字単価0.8円の募集で3000文字の指定だとすると、報酬額は2400円ということになります。 

それでは一般的に在宅ライターの募集の文字単価の相場はいくらくらいなのでしょうか。 一般的に未経験でライターを始めると最初は文字単価0.4〜1.0円、慣れてきて実績がある程度ある人気ライターだと文字単価2.0以上と言われています。 

募集要項を見るときはこの相場と照らし合わせていて自分が今文字単価何円くらいの価値があるのか、ということを考えながら検討してみてください。

在宅勤務の給料ってどうなるの?在宅勤務に切り替えたときの注意点などを徹底解説!

在宅ライターを募集している媒体

フリーランスの在宅ライターは、様々な企業や媒体が募集しています。ここでは在宅ライターを募集している媒体について紹介します。

リモートワークができる企業に転職する方法は?おすすめの職種や注意点などを徹底紹介!

在宅ライターを募集している媒体①:メディアサイト

caption

webメディアは近年増加傾向にあり、恋愛、医療、ファッション、お金、ニュースなど様々なテーマで独自に発展をし続けています。特に小・中規模のメディアはライター不足のところも多く、即戦力になる在宅ライターを募集しています。

メリットは、テーマから外れなければ記事内容は比較的自由度が高いので、スキルアップすることが可能です。デメリットは報酬の相場が安いことです。

文章力に自信のある方、実績を積みたい方におすすめです。

在宅ライターを募集している媒体②:webマーケティング業者

caption

Webマーケティング会社は、インターネットでWeb集客し、インターネットで商品を購入してもらうようにマーケティングを行っており、会社所属の在宅ライターを募集しています。SEO(検索エンジン最適化)対策をして記事やコラムサイトの検索順位を上げてWeb集客をすることをマーケティングの手法の一つとして行っています。

メリットは、単価が高めに設定されていることです。デメリットは、募集をしている企業は少なく、またSEOに対してある程度の知識がないと仕事に対応していくのが難しいかもしれません。

在宅ライターを募集している媒体③:記事作成の専門会社

caption

記事作成の専門会社は、Webマーケティング会社、メディア、一般企業など、様々な企業から依頼を受けて、記事の企画、執筆、編集を行う会社です。

専門会社の所属ライターになった場合は、企画や編集は会社側が行ってくれるので、執筆に専念することができます。

メリットは、収入が安定しやすく、未経験OKから特殊な資格を持った人のみが執筆可能など執筆レベルやジャンルともに非常に幅広い案件が募集されていることです。デメリットは、他の媒体に比べて案件が途切れにくく、収入も安定しますが、単価は安めなことです。

在宅ライターを募集している媒体④:クラウドソーシング

caption

クラウドソーシングは多くの在宅ライターも利用しています。個人的に企業との繋がりがない場合はクラウドソーシングから募集されている仕事を始めることが一般的になっています。

クラウドソーシングサイトは、サイト上にたくさんの求人案件が募集されていて、そこで契約をすることによってライターの仕事をもらいます。

メリットとしては、在宅ライターとして経験や実績がない人でも簡単に案件を見つけることができます。

在宅ワークに大人気おすすめクラウドソーシングサイト10選!

在宅ライターはクラウドソーシングサイトの募集に応募しよう

caption

在宅ライターを始める場合は、クラウドソーシングサイトを利用することをおすすめします。

なぜクラウドソーシングサイトがおすすめするというと、「コネがなくても契約が簡単にできる」好きな時間・場所から応募できる」「募集されている在宅ライターの案件が多い」など、理由は様々あります。

在宅ワークに大人気おすすめクラウドソーシングサイト10選!

在宅ライターのおすすめ募集サイト6選

現在多くのクラウドソーシングサイトがありますが、そのなかでもライターをする上でおすすめのクラウドソーシングサイトをご紹介したいと思います。

在宅ワークに大人気おすすめクラウドソーシングサイト10選!

在宅ライターおすすめの求人サイト①:テレラボ

caption

テレラボ」は、リモートワークを実施している企業のみを掲載する求人メディアです。リモートワーク対応の案件が豊富に掲載され、在宅ライターの仕事も多く募集されています。

「転職したいけど子育てや家事が忙しいから在宅ワークで働きたい!」という方や「地元で仕事を探しているけど求人が少ないから在宅で働ける仕事を探している」という方におすすめです。

テレラボの特徴は

  1. リモートワーク案件のみを掲載
  2. 高単価なIT系企業の求人を多数掲載
  3. 詳細なリモート案件による検索によりそれぞれにあった案件をご紹介

の3つです。

リモートワーク・在宅ワークに特化した「テレラボ」で、あなたにぴったりの在宅ライターの仕事が見つかります!

ライターでリモートワーク/在宅勤務が可能な求人

在宅ライターのおすすめ募集サイト②:クラウドワークス

caption

「クラウドワークス」は、国内で最大級のクラウドソーシングサイトです。

メリットは会員数が多いので、在宅ライターの案件数が豊富に揃っているということです。

クラウドワークスのライター案件にも未経験者可能な案件から専門的なプロレベルの案件まで様々なレベルの案件が募集されています。他にも細かい仕事条件で検索できるので自分の要望にあった仕事を見つけやすいというのも特徴です。

「クラウドワークス」は初心者から経験者など様々な人におすすめです。

在宅ワークにはクラウドワークスがおすすめ!利点やできる仕事など徹底解説!

在宅ライターのおすすめ募集サイト③:ランサーズ

caption

「ランサーズ」もクラウドワークスと並びこちらも国内最大級のクラウドソーシングサイトです。

ランサーズに関しても同様に多くの案件が募集されていますが、クラウドワークスとくらべ、単価が低い傾向にあります。

他にもランサーズはライターのスキルアップ教育の一環としてセミナーなどを紹介しているなどクラウドワークと比べサポートが充実しています。

「ランサーズ」は、専業ライターとして収入を得たい人副業で多くのお金を稼ぎたい人におすすめです。

在宅ライターのおすすめ募集サイト④:サグーワークス

caption

サグーワークス」は国内最大級のライター特化のクラウドソーシングサイトです。

サグーワークスは、ライター特化なだけあって簡単な文章作成から長文の記事など様々な案件タイプの記事が募集されています。

サグーワークスの場合は記事を書けば書くほどレベルがアップし、収入がより増えるようなシステムがあり、楽しくライターをすることができます。

報酬はポイントで支払われ、このポイントは換金をしたり、Amazonギフト券やiTunesカードなどと交換することも可能です。

サグーワークスは副業としてスキマ時間を活用したい人におすすめです。

在宅ライターおすすめの求人サイト⑤:kacoo

caption

「kacoo」もサグーワークス同様ライターに特化した求人サイトです。

kacooの特徴は、案件が比較的に少なく競争率が低いので案件の成約率が高いです。

デメリットとしては案件に偏りがある場合があるので、得意なジャンルの案件が募集されていない場合は他のクラウドソーシングサイトを利用しましょう

他のサイトと比べて単価は高めなので、高額収入の案件を確実に獲得したい方におすすめです。

在宅ライターおすすめの求人サイト⑥:シュフティ

caption

「シュフティ」は、主婦向けのクラウドソーシングサイトとして作られましたが、実際は主婦だけではなく様々な職種・年代の人が利用しているクラウドソーシングサイトです。現在は15,000人以上の人が登録しており、非常に案件の種類も豊富に募集されています。

シュフティの特徴はクラウドワークスなどの大手に比べて登録者数が少ないので、仕事の成約率が高いです。他にもパートナー機能という継続的な契約ができる機能が付いているなど機能も豊富です。

やはり主婦向けのクラウドソーシングサイトなので、納期が長めに設定されている案件が多いなど、女性でも安心して執筆できる案件が多く募集されています。女性に特におすすめです。

他にもスマホで完結できる案件が多いので、スマホでライターとして働きたい、という方にもおすすめです。

在宅ライターおすすめの求人サイト⑦:BOOOON!!!

caption

「BOOOON!!!」はライター向けの求人サイトです。

BOOOON!!!の特徴は、募集されている案件の支払いまでの期間が週払いができることです。なので、急にお金が必要になった…という方がお金を稼ぐのにぴったりなサイトといえます。

デメリットとしては機能性があまりよくないという点があげられます。

在宅ライター募集で気をつけたいポイント

募集されている在宅ライターの案件には気をつけなければいけないポイントがあります。ここからは募集されている在宅ライターの案件で気をつけたいポイントを解説していきます。

ポイント①:「未経験可」という表記の在宅のライター募集には注意を

caption

在宅ライターを初めたばかりの方は募集されている案件に「未経験可」という表記があるものへ惹かれるかもしれませんが、こうした表記のある案件には注意が必要です。

その理由は「単価が非常に低い」可能性があるということです。やはりクラウドソーシングサイトにはある程度のスキルが必要な案件が多いので、最初の実績作りにはいいと思いますが、時給換算すると非常に時給が安い…などと言ったケースがあります。

なので、スキルや実績が付いてくると求める案件の単価を上げていくなどして、自分のスキルにあった単価の案件を獲得できるようにしましょう。

リモートワークは未経験でもできる?おすすめの職種や仕事の始め方をご紹介!

ポイント②:条件が良すぎる募集文句「簡単に高収入」「コピペするだけ」には注意

caption

在宅ライターの仕事はスキルを必要とするわけでないので誰でも仕事をすることができます。そのため、経験の浅い人を狙った詐欺の在宅ライター募集案件が多く掲載されています。

また、次のような悪質な詐欺が多く見られます。

  1. テストライティングだけで終了
  2. マルチ商法への勧誘

テストライティングで終了していまう詐欺は、1文字3円など文字単価が高く、案件の下の方をよく見ると、「テストライティングを1記事執筆していただき、内容が良かった方を採用いたします。テストライティングは1記事60円お支払います」などと記載し募集しています。

募集案件の内容が魅力的であり、本採用前にテストライティングがあり、採用されず終了するという悪質な詐欺です。

マルチ商法への勧誘では、月収300,000~500,000円と記載し募集した後に別のサイトやSNSへ誘導されます。そして、仕事をするためのセミナー受講費などを求められるパターンになります。

在宅ワークは詐欺が多いって本当?手口は?安全に働く方法を徹底紹介!

正社員の在宅ライターを募集しているサイトはあるの?

caption

もちろん正社員の在宅ライターを募集しているサイトは存在します。その場合はクラウドソーシングサイトではなく求人サイトを利用しましょう。

求人サイトはクラウドソーシングサイトと違い、一つ一つ単発の契約ではなく、会社と社員としての雇用関係を結ぶ案件が多く掲載されています。

正社員の在宅ライターにも募集の条件が様々なのできちんと求人情報に目を通すようにしましょう。

正社員として在宅ワークで働くには?在宅ワークできる職種や求人の探し方をご紹介!

まとめ

今回は在宅ライターのおすすめの募集サイトについて紹介し、他にも在宅ライタのメリットなど紹介しました。ぜひライターを始めたい!と考えている方は参考にしてみてください。

関連記事

在宅ライターはスマホだけでできる?事前に知っておくべきこととは?在宅ワークの添削の仕事って実際どう?メリットやデメリットをご紹介【徹底解説】在宅のゲームライターって実際どうなの?収入は?
友だち追加

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る