テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

リモートワークのメリット・デメリットとその解決策を徹底解説!

目次

開く
  1. 1. リモートワークで働くメリットとは?
  2. 2. 仕事面でのリモートワークのメリット
  3. 3. コミュニケーション面でのリモートワークのメリット
  4. 4. 体の健康面でのリモートワークのメリット
  5. 5. リモートワークで働くデメリットとは?
  6. 6. 仕事面でのリモートワークのデメリットと解消法
  7. 7. コミュニケーション面でのリモートワークのデメリットと解消法
  8. 8. 体の健康面でのリモートワークのデメリットと解消法
  9. 9. まとめ

リモートワークで働くメリットとは?

caption

「リモートワーク」とは、IT技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を指します。新型コロナ感染症の流行により、多くの企業でリモートワークの活用が進んできました。

リモートワークにより自宅や近隣のサテライトオフィスで仕事ができるため、通勤時間の削減に伴うプライベートな時間の拡充など、働き手にとってメリットが大きいと言えます。在宅で仕事ができるというのは、とってもラクですよね。

具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。多方面でのメリットをご紹介します。

また、下のリンク先はリモートワークについて詳しくご紹介している記事です。

リモートワークとは?メリットや種類・導入方法について徹底解説!

仕事面でのリモートワークのメリット

リモートワークに切り替えることで、オフィスワークと比べて時間の使い方やプライベートとの兼ね合いが自由になります。仕事面ではどのようなメリットがあるのでしょうか。

リモートワークのメリット①:通勤時間の削減

caption

リモートワークに移行して1番感じることは通勤時間や手間が大幅に削減されることでしょう。オフィスワークに比べて睡眠時間も増えますし、自分の時間を作ることも可能になります。

これによって仕事の生産性が上がり、ストレスがなくなるという方が増えるでしょう。

また、満員電車に乗る必要がなく、新型コロナウイルスなどの感染リスクもなくなりますので安心して仕事に励むことができます。

リモートワークのメリット②:離職率の低下

caption

オフィスワークだと子育てや介護によって仕事を辞めなければならなくなることもあるでしょう。

しかしリモートワークに切り替えることで家で仕事をすることが可能となるので育児や介護を理由に仕事を辞めずに済むのです。

貴重な人材を確保できるので、会社側にも大きなメリットとなるでしょう。

リモートワークのメリット③:高いモチベーションを維持できる

caption

リモートワークによって時間をある程度は自由に使うことが可能となります。休憩時間を好きな時間にとることができたり、空調を自分の体調に合わせて設定できるので、余計なストレスがなくなりモチベーションを維持することができるようになります。

周囲の物音などを気にせずに仕事ができますので、モチベーションだけでなく、集中力も上がるでしょう。

リモートワークのメリット④:稼働率が上がる

caption

時間的な余裕だけでなく精神的余裕も生まれるので「頑張ろう」というマインドになります。よって稼働率もオフィスワークより上がるのです。

仕事が憂鬱だった方もリモートワークになったことにより、日曜日の夜でもハツラツとしていられる、という意見もあります。

リモートワークのメリット⑤:事業継続性が向上する

caption

従業員がオフィス以外の場所での働く環境をきっちり整えておくことで、災害や社会情勢の変化などによる急なビジネス環境の変化に即座に対応し、事業を打ち切りにする、というリスクを削減できます。

働き方の柔軟性が事業の継続性を左右するのです。

コミュニケーション面でのリモートワークのメリット

リモートワークとオフィスワークとでは対面で行っていた会議がWeb会議になるなどコミュニケーション方法が大きく変わります。変わることによってどれほどのメリットがあるのでしょうか。

リモートワークのメリット⑥:連携が効率的となる

caption

リモートワークの場合、会議はWeb会議となり、細かい連絡はチャットなどのツールを利用するので、余計な雑談がなくなり仕事の話が円滑に進むため、より効率的に仕事ができるようになります。

全ての連絡がWeb上で行われるので、チームの連携が薄くなってしまうイメージもあると思いますが、クラウドサービスを利用することで連携が密になるので、信頼感が強くなります。

リモートワークのメリット⑦:成果で評価してもらえる

caption

リモートワークでの仕事の評価は成果で決まることが多くなります。なぜなら上司は成果物しか見ることができないからです。

これをメリットと受け取るかデメリットとして受け取るかは人それぞれですが、日本の会社で成果主義を取り入れているところはいまだに少ないです。コロナウイルスによるリモートワークの増加を機に働き方だけでなく評価方法も革新的になっていくと言われています。

体の健康面でのリモートワークのメリット

リモートワークで時間に余裕が出る分、健康に気を遣う余裕もできます。主に食事と睡眠が改善されると言われています。また、精神的余裕もあるので体調だけでなく心の健康も期待できます。

リモートワークのメリット⑧:自炊をする余裕ができる

caption

オフィスワークでの昼食はコンビニのお弁当か外食になってしまいがちですが、リモートワークになるとお家で昼食をとることになります。

栄養バランスに気を遣って調理をすれば健康の維持だけでなくダイエットにもなります。

リモートワークのメリット⑨:睡眠時間が増える

caption

移動時間が削減され、時間に余裕ができることで寝る時間も自ずと増えます。会議などがない限り着替える必要もなく、起きてすぐパジャマのまま仕事に取り組めるので、多少寝坊をしてしまっても仕事に影響が出づらいのです。

リモートワークのメリット⑩:ウイルスの感染リスクが減少

caption

自宅で働けば朝の満員電車に乗る必要がなくなるので、ウイルスや菌などから自分の身を守ることができます。また、睡眠と食事の改善によって免疫力が向上するので、万が一感染しても症状が軽く済むかもしれません。

リモートワークで働くデメリットとは?

caption

ここまではリモートワークのメリットを解説しました。

しかし、リモートワークは本当にメリットばかりなのでしょうか? すでにリモートワークで働いている人は、オフィスワークと異なる部分で「働きにくさ」を感じてはいませんか?

本稿では、働き手にフォーカスしたリモートワークのデメリットを整理し、それぞれの問題のカンタンな解消法をご紹介します。

仕事面でのリモートワークのデメリットと解消法

社員が一堂に会するオフィスではなく、自宅など各々が別の場所で働くことによって、仕事の進め方にも様々な変化が生じます。

リモートワークのデメリット①:仕事とプライベートの切り替えができない

caption

自宅でリモートワークに取り組むデメリットとして、「仕事とプライベートの時間の切り替えが難しい」ということが挙げられます。つい終業後もパソコンに向かってしまい、長時間労働に繋がりやすいと言えるでしょう。

対策としては、「Googleカレンダー」などのスケジュール管理ソフトを活用して、勤務時間を決めておくことが有効です。あらかじめ定めた時間内に仕事を済ませ、その時間以外は極力パソコンに触れないようにしましょう。

気持ちの面で切り替えるためには、「仕事をする前に着替える」、「仕事のためのデスクや別室を用意して、プライベートな空間(食事や休憩の場)とは分断する」などの方法があります。

リモートワークのデメリット②:自己管理が難しく、集中力や生産性を維持できない

caption

自宅やサテライト・オフィスなど、上司の目がない場所で業務に従事するため、オフィスワークに比べて集中しづらく、生産性の維持が難しいと言えます。

そんな時には、現在自分が抱えているタスクをリスト化(可視化)し、期限内に着実にタスクを消化することを意識しましょう。そのためには、タスク管理ツールを使うことがおすすめです。

タスク管理ツールには、Googleカレンダーと連携可能な「Google ToDo リスト」や、シンプルなインターフェースで多くの人が利用している「Trello」など、様々な種類があります。

リモートワークのデメリット③:業務の状況を伝えにくい

caption

リモートワークでは、上司への口頭報告が減少します。すると、「現在抱えている仕事の大変さ・どのぐらいの時間をかけなければならないか」ということが上司に伝わりにくく、正当な評価を受けられない懸念があります。

そこで、リモートワークにおいて特に重要なことが「自主的な発信」です。自分の状況を上司へ報告することを習慣にしましょう。作業スケジュールの共有や、ビジネスチャットによる定期的な進捗報告を行うといった方法があります。

リモートワークのデメリット④:社内情報・データの管理に不安がある

caption

パソコンや書類を持ち出し、自宅や喫茶店等のオフィス外で仕事を行う場合、情報が漏洩するリスクが高まります。

家族や同居人がいる場合、重要書類を取り扱ったり、内容が漏洩してはいけない会議に出席する時には、自宅ではなく個室のコワーキングスペースを利用することもおすすめです。

情報漏洩を防ぐ手立てとして、リモートデスクトップやクラウドによるファイル共有を使用したり、「ウイルスバスター」や「Norton」などのセキュリティ対策ソフトウェアを導入したりすることが有効です。

コミュニケーション面でのリモートワークのデメリットと解消法

個々で仕事をすることにより、他の社員と顔を合わせる習慣がなくなると、自然とコミュニケーションが減少してしまいます。

リモートワークのデメリット⑤:上司や同僚に質問をしにくい

caption

対面では数秒のやり取りで済む簡単な質問であっても、都度メールで聞くとなると手間がかかり、業務効率の低下が懸念されます。

そのような場合、ビジネスチャットや社内SNSなど、メールよりも即座に対応しやすいコミュニケーションツールを活用するとよいでしょう。

リモートワークのデメリット⑥:ライトな雑談ができない・孤独を感じる

caption

リモートワークでは、常に一人で仕事をしなければなりません。一人の方が集中できる場合もありますが、社員間のスムーズな情報共有やちょっとした気分転換も難しくなります。

特に、新入社員が入社していきなりリモートワークを行うとなれば、社内の雰囲気も分からず、コミュニケーション不足による不安感も生じるでしょう。

対策としては、リモートワークでの打ち合わせに使用するオンライン会議ツールを、雑談やライトな相談にも積極的に活用しましょう。

だんだんとオンライン会議に慣れて、ツール使用のハードルが下がっていくことで、オフィスワークのように気軽なコミュニケーションを促進できます。

こちらの記事ではリモートワークにおすすめのツールをご紹介しています。

リモートワークにおすすめのツール29選!【これだけあれば安心】

リモートワークのデメリット⑦:食事や飲み会によるコミュニケーションが減少する

caption

リモートワークでは、ランチタイムに一緒に食事を取ったり、終業後に誘い合わせて飲み会へ行くといった機会がなくなります。そうした集まりを交流やストレス発散の場にしていた人にとっては、大きなデメリットの一つです。

そこで、「オンライン飲み会」の開催をおすすめします。タイマーやアルバム作成など、飲み会に特化した機能を持つ「たくのむ」のようなツールもあります。

対面での飲み会とは勝手が異なりますが、事前にタイムテーブルやトークテーマを用意するといった工夫で、オンラインでも盛り上げることができます。

体の健康面でのリモートワークのデメリットと解消法

通勤がなくなったり、作業環境が変わったりすることで、身体の健康への影響も懸念されます。

リモートワークのデメリット⑧:通勤がなくなり運動不足になる

caption

自宅でリモートワークを行う場合、オフィスへの通勤がなくなり楽になる反面、体を動かす機会が減少して運動不足を感じる人もいるようです。

すぐにできる運動としては、起床時にラジオ体操をする、休憩時間に散歩をする等があります。バランスボールやスタンディングデスクなどのグッズを活用することで、仕事をしながら体の鈍りを予防することもできます。

オンラインで講座を行っているヨガスクールやフィットネスジムを活用するのもよいかもしれません。ライブレッスンや配信型があり、安価なものでは月額1,000円未満から始められるため、自分に適した方法を選びましょう。

リモートワークのデメリット⑨:無理な姿勢で腰痛・肩こりが生じる

caption

特に、一人暮らしのワンルームでリモートワークに取り組む場合、ローテーブルと座椅子という環境で仕事をしている人もいます。そうした無理な姿勢で仕事を続けると、腰や背中、肩、首の凝りを引き起こす可能性があります。

体が凝り固まってしまう前に、定期的なストレッチをすることが重要です。YouTubeには、簡単にできるストレッチの動画が数多く投稿されており、例えばトレーニングジムの「ライザップ」によるストレッチ動画もあります。

また、正しい姿勢を保つためのグッズを活用しましょう。ノートパソコンを使用する場合、視線が下がることで首や背中に負担が掛かるため、卓上に置くモニター台がおすすめです。Amazonでは2,000円~5,000円で購入可能です。

リモートワークのデメリット⑩:モニターが小さいため眼精疲労・偏頭痛が生じる

caption

リモートワークはノートパソコンで行う場合も多く、オフィスで使用するモニタよりも文字が小さくて見づらい人も多いでしょう。モニタを長時間注視して目を使いすぎると、眼精疲労や偏頭痛が生じる場合もあります。

お手軽な対策としては、ホットタオル(濡らしたタオルを電子レンジで1分ほど加熱)を目に当てることで、目の周りの筋肉が解れて疲労を緩和させることができます。

眼精疲労に効く高機能な目薬や、ブルーライトカットメガネの使用により、目への負担を軽減させる対策もおすすめです。

その他、ノートパソコンより大きなモニタを購入して、マルチディスプレイ(画面の複製)を設定すると、大画面での作業ができるため目の疲労軽減に繋がります。

まとめ

caption

リモートワークは働き手に多大なメリットをもたらす反面、従来のオフィスワークと異なり、仕事や健康など様々な面でデメリットが生じます。

しかし、そうしたデメリットは工夫によって解消することもできます。リモートワーク特有の悩みを抱えている方は、今回ご紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。

友だち追加

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る