テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

パソコンを使った在宅ワーク特集 | 職種やメリットについてご紹介

パソコンの在宅ワークが当たり前の時代に

caption

2020年新型コロナウイルスが世界中で蔓延し、「在宅ワーク」に注目が集まりました。自宅にいながらパソコン一台で業務を行えることに対して、魅力を感じた方は多いのではないでしょうか。

在宅ワークは会社の業務のみならず、副業として、主婦業のかたわらとして「お小遣い稼ぎ」なんてことも簡単にできてしまいます。

実は、在宅ワークとして、自宅にいながらパソコン一台でお金を稼げる手段はたくさんあります。在宅ワークの魅力や、在宅ワークの種類や収入についてご紹介したいと思います。

在宅ワークについて、こちらの記事でも詳しく取り上げているので、ぜひこちらもあわせてご覧ください。

在宅ワークについて徹底紹介!

パソコンでできる在宅ワークの種類

パソコンでできる在宅ワークの種類はさまざまで、慣れてくると高報酬を得られる可能性が高いお仕事もたくさんあります。まずは、パソコンでできる在宅ワークの種類について、一覧表で紹介します。

自分にもできる在宅ワークがあるかどうか、一覧表をもとに探してみてはいかがでしょうか。

パソコンでできる在宅ワークの種類は?

パソコンでできる在宅ワークの種類はたくさんありますが、今回は在宅ワークの中でも代表的な

・文字起こし
・webライティング
・動画編集
・データ入力

について、始めやすさ、難易度、報酬別に一覧表にまとめました。

在宅ワークの種類始めやすさ難易度報酬文字起こし中中中webライティング低中高動画編集中高高データ入力低低中

パソコンでできる在宅ワークの中でも比較的始めやすいお仕事は、webライティングやデータ入力業務です。

動画編集業務や文字起こし業務については、初心者の方が始めるには少し難易度が高いため「中」にしています。しかしある程度の知識がある方であれば、比較的始めやすい在宅ワークですのでおすすめです。

表で紹介した在宅ワークの仕事内容などについて詳しくご紹介いたします。

パソコンでできる在宅ワーク①:文字起こし

caption

文字起こしとは、録音された音声データを文字にするお仕事です。

耳で聞きながらパソコンでタイピングを行うため、かなりのタイピングスキルが必要となるのではないか?と思われている方も多いです。ただ実際には、文字起こし用のツールも用意されていますので、ある程度のタイピングスキルがあれば十分対応可能。

そして、文字起こしの報酬額は数十円~数百円/分と、かなり幅広です。

文字起こし技能テストに合格をしたり、実績を積んだりすることで単価はアップし、高収入を得られるようになるでしょう。

在宅の文字起こしの仕事について詳しく見る

パソコンでできる在宅ワーク②:webライティング

caption

webライティングとは、webサイトなどで公開されるコンテンツを作成するお仕事です。

企業などからお仕事を受け、特定のキーワードに沿って自分でリサーチを行い、自分の言葉で文章を書いていきます。

パソコン一台あれば、いつでもどこでもできるのが魅力で、文章を書くことが得意な方にはおすすめの在宅ワークです。

webライティングの報酬は、0.5円~5円程度が相場です。webライティングに関する知識を身につけたり、結果を残したりすれば高収入を得られる可能性が高いです。

在宅のWebライティングの仕事について詳しく見る

パソコンでできる在宅ワーク③:動画編集

caption

You Tubeなどにアップされる動画の編集を行うお仕事です。

動画編集スキルを持っている方であれば、在宅ワークとしてパソコン一台で簡単に始められます。動画編集に慣れれば複数のクライアントを持ち、高収入を得ることも夢ではありません。

ただし、まったく動画編集作業の経験がない方は、在宅ワークとして成立しないことが多いです。ある程度、知識と経験を身につけてから始めてみましょう。

動画編集の報酬相場は、10分あたりの動画1本で3,000円~10,000円程度と、かなり幅広です。動画編集と言っても、依頼内容に大きな差が出るため、報酬額に大きな差が発生します。

また、技術的な部分も介入してくるため、技術や実績が伴えばかなりの高収入を得られることになるでしょう。

パソコンでできる在宅ワーク④:データ入力

caption

データ入力とは、紙に書かれた文字やアンケート用紙などのデータを指定のフォーマットに書き写すお仕事です。

他のパソコンを使った在宅ワークよりも、比較的簡単なお仕事ですが、高収入はあまり見込めません。収入は少なくても良いから、初心者でもできる在宅ワークを始めたいという方にはおすすめです。

データ入力業務の報酬は、0.◯円/文字です。かなり安いですが、文字を打てば打っただけ報酬に繋がります。データ入力で高報酬を狙うのは難しいですが、タイピングに自信がある方にはおすすめのお仕事です。

在宅のデータ入力の仕事について詳しく見る

初心者におすすめのパソコンを使った在宅ワークは?

初心者がパソコンを使った在宅ワークを行うのであれば、データ入力やwebライティングがおすすめ。

初心者向けの募集があることや、募集件数の多さ、難易度で見てもおすすめ度はかなり高いです。データ入力およびwebライティングについて、詳しく紹介いたします。

初心者にはデータ入力がおすすめ

caption

データ入力は、初心者の方でもはじめやすく、おすすめです。

はじめたばかりの頃は、あまり収入が見込めませんが、少し慣れてくれば時給制のお仕事をもらえることも。時給制のお仕事をこなせれば、自宅にいながら会社員等と同じレベルの収入も見込めます。

初心者の方が、在宅ワークに悩んだらまずはデータ入力から始めてみましょう。

初心者にはwebライティングもおすすめ

caption

Webライティングも比較的はじめやすいです。

初心者歓迎の募集も多く、コツコツと実績を積み重ねることで、会社員以上の収入も見込めます。また、webライティングで培った知識を持って、自分のブログ等を開設しても良いでしょう。

ブログである程度のPV数が稼げれば、月間数十万円〜数百万円の収入を得られることもあります。なによりも、webライティングは、自分が書いた記事がいろいろな人に見られるため、やりがいを感じられるお仕事です。

初心者の方でにもとてもおすすめのお仕事ですよ。

在宅ワークに使うパソコンのスペックは?

caption

在宅ワークの種類によっておすすめのパソコンスペックはさまざま。今お使いのパソコンで、気軽に始められる在宅ワークを探されている方も多いのではないでしょうか。

基本的に多くの在宅ワークの職種、つまり文字起こし、webライティング、データ入力などに関しては特別なスペックのパソコンは必要ありません。

動画編集を主にするなら、出来る限り高スペックパソコンがおすすめ。SSDはもちろんのこと、CPUなどにも徹底的にこだわりましょう。

また、カフェなどに持っていって作業をされたい方は、パソコンの重量や大きさにもこだわっておきましょう。

他にも在宅ワークをする際にあったら便利なツールについてこちらの記事でまとめました。

在宅ワークにおすすめのツール29選

パソコンでできる在宅ワークのメリット・デメリット

パソコンでできる在宅ワークは、自由度が高く、主婦の方や会社員の副業としてとても人気です。魅力の多い在宅ワークですが、デメリットも当然にあります。次に、パソコンでできる在宅ワークのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

その他の在宅ワークのメリットやデメリットについてはこちらで詳しく取り上げました。

在宅ワークのメリットとデメリットまとめ

パソコンでできる在宅ワークのメリット

パソコンでできる在宅ワークの主なメリットは2つで、「自由度が高い点」「初期費用が発生しない点」があげられます。それぞれ詳しく解説いたします。

パソコンでできる在宅ワークのメリット①:自由度が高い

caption

フリーランスとしての在宅ワークは自由度が高いです。仕事を行う時間も、仕事の量も、仕事を行う場所も、仕事時の服装もすべて自由です。

在宅ワークと言えど、クライアントがいるはずですので、当然に納期は守らなければいけません。しかし、納期までに間に合うのであれば、決められた時間で働く必要がありません。

主婦の方が、子どもたちがいない間にサクッと稼いだり、会社員の方が副業として仕事終わりに稼いだり。時間に余裕のあるときにできるのが在宅ワークのメリットです。

また、たくさんの報酬を得たければ、受注する仕事量を増やせば良いですし、ある程度で良ければ少なめに受注すれば良いです。

縛りがなく、ある程度自由にできる点は、パソコンで行う在宅ワークの1番のメリットであると言えるでしょう。

パソコンでできる在宅ワークのメリット②:初期費用が発生しない

caption

もともとパソコンを持たれている方であれば、初期費用はまったく必要ありません。

もちろん、通信設備などが必要ですが、パソコンを持たれている方であれば、当然に通信設備もあるはずです。

パソコン一台で簡単に始められる在宅ワークは、「今すぐ」でもできますよね。悩んでいないで今すぐ始めてみるのも大切ですよ。

パソコンでできる在宅ワークのデメリット

パソコンでできる在宅ワークの主なデメリットは2つあり「税務的な知識が必要な点」「自己管理能力が必要な点」が挙げられます。それぞれ詳しく解説いたします。

パソコンでできる在宅ワークのデメリット①:税務的な知識が必要

caption

フリーランスとして在宅ワークをされている方、しようと考えている方は、稼いだ金額によっては確定申告が必要です。

納税は国民の義務ですので、「知らなかった」では済まされません。税理士の方に依頼をするのも良いですが、当然に費用が発生します。

確定申告程度であれば、自分自身でもできますので、税務的な知識も同時に身につけておきましょう。

パソコンでできる在宅ワークのデメリット②:自己管理能力が必要

caption

在宅ワークは、やる気が出にくいです。

とくに自宅でお仕事をしていれば、誰かに見られているわけではありませんし、自分のペースで仕事ができてしまいます。

少し休もうと思っただけなのに、「何時間も休んでしまった」「納期が迫っているのにまったくやる気が出ない」などとなることは、よくあることです。

休むことも大切ですが、自己管理を徹底しなければ納期に遅れて信頼を失ったり、思うように稼げなくなってしまったりします。

目標を明確に定め、目標に向かってひたむきに頑張る能力も大切です。在宅ワークでは自己管理が難しいですが、徹底的に行うよう意識しましょう。

まとめ

今回は、パソコン一台で始められる在宅ワークの種類やメリット・デメリットについてお伝えしました。パソコン一台で、在宅ワークでも月に数十万円程度稼ぎ出すことも可能です。

自宅にいながら、会社員レベルでお金を稼げるのであれば、とても魅力的ですよね。しかしながら、在宅ワークは非常に自己管理能力が大変です。

サボりぐせがついてしまえば、なかなかパソコンに向き合うことすらも難しくなってしまいます。

ソコンでできる在宅ワークは、だれでもかなり簡単に始められます。

しかし、継続することはとても難しいです。「継続は力なり」という言葉がありますが、在宅ワークにも当てはまる言葉です。在宅ワークを始めたのであれば、継続することを意識することも大切です。

友だち追加

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る