テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

在宅バイトデータ入力について徹底紹介!どんな仕事?メリットは?面接について

目次

開く
  1. 1. 在宅のデータ入力の業務内容を紹介
  2. 2. 在宅のデータ入力業務の種類
  3. 3. 在宅のデータ入力の働き方
  4. 4. 在宅のデータ入力業務に必要な準備
  5. 5. 在宅のデータ入力はどんな人におすすめ?
  6. 6. 在宅のデータ入力の探し方
  7. 7. 在宅のデータ入力の収入はどのくらい?
  8. 8. 在宅のデータ入力のコツ
  9. 9. 在宅データ入力でタイピングスキルを上げるためにおすすめのサイト
  10. 10. まとめ

在宅のデータ入力の業務内容を紹介

caption

在宅の「データ入力」とは、顧客情報や取引先企業の情報といった、会社で扱う様々な情報をデータ化していく作業です。

今回は、在宅のデータ入力業務の種類・働き方、仕事の探し方、必要な準備、効率良く進めるコツを徹底解説します。

タスク・作業(データ入力)でリモートワーク/在宅勤務が可能な求人新しい働き方「在宅ワーク」について徹底紹介!どんな仕事?

在宅のデータ入力業務の種類

caption

在宅のデータ入力業務の種類は大きく分けて3つあります。

単純データ入力」は、紙情報やPDF情報をWordやExcelに入力してデータ化していく業務です。

単純データ入力の一種として「テープ起こし」があります。録音された音声データを文字に起こす作業です。

もう一つは、主にパソコンで文字入力以外の作業を含むものです。簡単な写真の貼り付けや、とある事柄を調べて文章にまとめるといったものです。

在宅のデータ入力の働き方

「雇用形態」にも複数の種類があります。データ入力の仕事を探す際の判断軸となるので、覚えておきましょう。

在宅のデータ入力の働き方①:業務委託

caption

在宅で行うデータ入力の仕事の中では、業務委託の案件が一番多くなっています。業務委託の場合、会社とは雇用関係を結ばず、個人事業主として仕事を行うことになります。さらに報酬は時給制よりも出来高制が多く、質と量によって報酬が決まります。

在宅のデータ入力の働き方②:パート・アルバイト

caption

求人サイトから探すと、パートやアルバイトでのデータ入力の仕事もあります。ある程度仕事をする時間が決められている求人スキマ時間を活用してノルマを達成できればOKな求人もあります。

在宅のデータ入力の働き方③:派遣・正社員

caption

パート・アルバイトでのデータ入力と同じく、求人サイトから探せば派遣正社員としてデータ入力の仕事ができる会社もあります。

しかし仕事をする時間が決められていたりと、パートやアルバイトよりも制約がある場合が多く、その分多少待遇がいいことが多いです。

在宅勤務の正社員の働き方について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

在宅勤務の正社員について徹底解説!

在宅のデータ入力業務に必要な準備

在宅のデータ入力業務に必要な準備をご紹介します。

在宅のデータ入力業務に必要な準備①:データ入力はスマホだけではなくPCを用意

caption

データ入力業務をスマホで完結させるのは限界があり、ほとんどのデータ入力の仕事でパソコンが必要になってきます。また、自分のパソコンのOSがWindowsなのかMacによって、応募できないケースが稀にあるので気をつけましょう。

スマホ在宅ワークって実際どうなの?安全?おすすめの仕事は?

在宅のデータ入力業務に必要な準備②:PCに必要なソフトをインストールしておく

caption

パソコンを用意したあとは、場合によってはエクセルやワードといったソフトも使用することがあります。会社によって使用ソフトを指定される場合が多いので、在宅のデータ入力の仕事を始めたら会社の指示で必要なソフトを用意しましょう。

在宅のデータ入力業務に必要な準備③:インターネット環境

caption

在宅でのデータ入力の仕事では、メールなどでネットを介してクライアントとやりとりを行うことがほとんどです。そのため、インターネット環境は必須になってきます。自宅などにネット回線を引くか、ポケットWi-Fiに契約しましょう

在宅のデータ入力はどんな人におすすめ?

在宅のデータ入力はどんな人におすすめなのでしょうか。実は大学生主婦、他にも就業経験がない人にもおすすめです。それでは一つ一つ紹介したいと思います。

大学生や主婦におすすめ

caption

データ入力の作業はクライアントからデータを受け取った後であれば、パソコンさえあれば隙間時間に行うことができます。大学生主婦など、普段の忙しい生活の中で合間にお金稼ぎをしたい人にとってはとても魅力的な仕事と言えます。

主婦の在宅ワークならデータ入力がおすすめ!

就業経験がない人にもおすすめ

caption

在宅データ入力業務はパソコンを利用してタイピングをするものがメインになっています。なので基本的にはパソコンを持っていて最低限使い方に慣れていれば、就業経験がなくても応募できるのがデータ入力の特徴になっています。

このように仕事を始めるにあたってのハードルが低いため、未経験者でも受注できる案件がたくさん紹介されています。タイピング練習を兼ねて仕事ができるのも魅力です。

他にも大学生には採点バイトも人気

caption

大学生が在宅ワークをするなら、データ入力の仕事だけではなく、「採点バイト」も人気です。在宅の採点バイトについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【大学生におすすめ】在宅採点バイトってどんな仕事?

在宅のデータ入力の探し方

大きく分けて「クラウドソーシングサイト」と「求人サイト」で探す方法があります。それぞれについて深く見てみましょう。他にも在宅ワークをする際のおすすめ求人サイトについて見たい方はこちらの記事もご覧ください。

クラウドソーシングサイト

caption

ランサーズやクラウドワークス、シュフティといった、クラウドソーシングサイトを使用するとデータ入力の仕事を簡単に見つけられます。

サイトに登録し、プロフィールなどの設定をすることによって仕事に応募できるようになります。仕事をする際に面接などはありません

クラウドソーシングサイトでは豊富な案件があるので、自分のスキルに合った仕事を見つけられるでしょう。

在宅ワークに大人気おすすめクラウドソーシングサイト10選!

アルバイトの求人サイト

caption

バイトルやマイナビバイト、タウンワークといった、アルバイトの「求人サイト」などでもデータ入力の仕事を見つけることはできます。

ただし、求人サイトでは派遣の仕事も多いため、単発でできる案件がなかなか見つけられないことも多いです。

基本的には面接なしで仕事を始められるケースが多いですが、仕事を始める前に面接などを受ける場合もあります。

面接では「1分間にどれくらいキーボード入力ができるか」などの質問がされることもあるので、事前に自分のパソコンスキルを把握しておくようにしましょう。

また、「テレラボ」は、リモートワーカーのための求人サイトとして、在宅のデータ入力業務の案件が豊富に掲載されています。豊富な求人掲載から自分に合った仕事を見つけることができます。

人事・事務・経理・バックオフィスでリモートワーク/在宅勤務が可能な求人

在宅のデータ入力の収入はどのくらい?

データ入力業務の給与面には、2つのパターンがあります。「成果報酬」「時給」両方のパターンについて説明していきます。

在宅のデータ入力の収入パターン①:成果報酬

caption

在宅のデータ入力業務における支払いは、「成果報酬制」が多いです。報酬の設定は1件ごとか1文字ごとのパターンです。1文字あたりの単価の相場は0.1円から1円と幅があるため、できるだけ単価が高い案件に応募して効率よく稼ぎたいところです。

また、成果報酬制においては仕事を早く終えるほど効率よく稼ぐことができるので、慣れていけば収入がアップしていきます。

在宅のデータ入力の収入パターン①:時給

caption

時給制」での案件もあります。相場は時給1,000円で、業務内容の複雑さによって幅があります。

「成果報酬型」と違って働いた時間に対して給料が支払われるため、安定的に収入を得ることができます。しかし、業務を行う時間に制限が設けられている場合もあり、その時は稼ぐことができる額に限界があるということは覚えておきましょう。

在宅のデータ入力でも確定申告をしなければならないのは以下の場合です。

  • 副業の収入が20万円以上
  • 在宅ワークのみで所得が年に38万円以上

月収2万円程度なら確定申告する必要はないでしょう。

在宅のデータ入力のコツ

在宅でのデータ入力は未経験の方にも始めやすい仕事であることがわかっていただけたと思います。しかし、だからこそ基本的な部分を守って仕事を進めていくことが重要です。

在宅のデータ入力のコツ①:単純な量だけではなく質も注意する

caption

データ入力業務を行うにあたって、急いでたくさんの量をこなそうとすると入力ミスが目立ってしまいます。入力ミスをすると、ミスした場所を探して修正が必要となり、むしろ時間がかかってしまうということがよくあります。

さらに当然の話ですが、入力ミスを残したまま納品をしてしまうとクライアント側の信頼を失う結果になってしまいます。在宅でできるデータ入力だからこそ、信頼関係をしっかりと保つことが大切です。

在宅のデータ入力のコツ②:自分の仕事のペースを把握する

caption

自分の1時間あたりの作業量を把握し、無理な仕事の受注を控えて自分のペースで求められた品質の仕事ができるように心がけましょう。納期と自分のペースを考えて計画的に仕事を進めていくことが大切です。

また、時間がない中で作業を進めるとミスが生じやすくなってしまうので気をつけましょう。

適度に休憩を取ることも大切です。パソコンの前でずっと同じ作業をし続けると目や体に負担がかかります。

在宅のデータ入力のコツ③:習慣化

caption

どこで作業するか」「週のどのタイミングで作業をするか」「1日どのくらいのペースで何時間作業するか」といったルールを自分で作り、習慣化することで自己管理を行いながら在宅でデータ入力業務を捗らせることができます。自己管理によって生産性を保ち、クライアントの要望に応えられるようにしましょう。

在宅データ入力でタイピングスキルを上げるためにおすすめのサイト

在宅でのデータ入力業務を効率良くこなすために、タイピングスキルの向上は必要不可欠です。ここではおすすめのタイピングスキルアップのためのサイトをご紹介します。

その①:寿司打

caption

寿司打」は、タイピングゲームの中でも有名なサイトの1つです。

レベルは3つに分かれていて、「正確重視」と「速度必須」が選べるのがポイントです。

早くタイピングできるけどミスしてしまう」「確実に打てるけどタイピングが遅い」など苦手分野を克服したい人におすすめです。

寿司打

その②:タイ速

caption

タイ速」は、20文字前後の文章を「30秒以内に打てた文字数」で測定できます。

データ入力は単語を打ち込むことが多いため、長文を入力することはありません。

30秒で簡単に診断できるので、タイピングに慣れない人はまずはこの「タイ速」から始めることをおすすめします。

タイ速の上級者レベルまで達成できれば、在宅データ入力で効率良く進めることができるでしょう。

タイ速

まとめ

データ入力は在宅ワークや就業経験が浅く、慣れていない人にはおすすめの仕事です。しかし、だからこそ注意すべき点を意識し、実際に案件を見つけて仕事を始められたら幸いです。

リモートワーク × タスク・作業の求人一覧
友だち追加

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る