テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア
サムネイル

新しい働き方「テレワーク」について徹底解明!メリットや導入方法まとめ

LINEでキャリア相談

テレワークという新しい働き方

caption

新型コロナウイルスの流行により主流になったテレワーク。テレワークとはどうのようなもので、メリットやデメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。今回は話題のテレワークについて詳しく解説していこうと思います。

他にもテレワークにおいて必要になるツールや導入方法についても紹介しているのででひご覧ください。

「テレワーク」とは?

caption

テレワークとはICT(情報通信技術)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことを表します。テレワークは「tele=離れた場所」「work=働く」という意味の二つの単語を組み合わせた単語で在宅勤務という意味もあります。国土交通省により、1時間に8時間以上テレワークする人のことを「テレワーカー」と定義されています。

テレワークの分類

一口にテレワークといっても「雇用型」「自営型」「モバイル型」「在宅型」の4つに分けることができます。それではこれらの分類についてひとつひとつ紹介していきたいと思います。

テレワークの分類①:雇用型

caption

雇用型とは「企業で被雇用者として勤務するテレワーカー」のことです。雇用型には家で勤務する「在宅勤務」やカフェやコワーキングスペースなど様々な場所で場所や時間を選ばずにテレワークを行う「モバイルワーク」、そしてサテライトオフィスやテレワークセンターなどの施設を利用してテレワークを行う「施設利用型勤務」などがあります。

一般的に企業で契約社員や派遣社員としてテレワークを行う人は基本的に「雇用型」となります。

テレワークの分類②:自営型

caption

自営型とは、フリーランスなどの個人事業者・小規模の事業者が行うテレワークのことを表します。一般的に自営型のテレワーカーは企業などには正社員として契約せずに「個人」として生計を立てる方が多いです。

自営型には、主に専業性が高く、より独立した事業を行う人のことを「SOHO」、また比較的独立せずに他の人が代わってできるような「副業」的な意味合いが強い勤務を「内職副業型勤務」といいます。

テレワークの分類③:モバイル型

caption

モバイル型とはカフェや移動中、顧客先で仕事をすることです。

営業などの外出を頻繁にする職種の方は様々な場所で業務を行う事ができるので、オフィスに戻るなどの移動時間を短縮する事ができ、生産性が上がります。身体的な負担も減るため、ワークライフバランスの向上が期待できます。

テレワークの分類④:在宅型

caption

在宅型とはその名の通り、自宅で業務を行うことです。しかし、フリーランスが在宅で仕事をするという形とは別の意味を持ちます。在宅型とは企業に雇用された上で自宅で仕事をする、ということです。

移動が発生しないため、時間を有効的に使う事ができるのがメリットです。一方で、プライベートとの線引きの難しさ、セキュリティのリスクが高まるなどのデメリットもあります。

テレワークのメリット・デメリット

テレワークのメリットとデメリットについて紹介したいと思います。より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

テレワークのメリット・デメリットについて詳しく見る

テレワークのメリットは?

caption

テレワークにはたくさんのメリットがあります。今回はその中のいくつかを紹介したいと思います。

まず生産性が高いという点が挙げられます。テレワークは基本的に会社に種菌せずに自宅や社外の別のスペースを利用して勤務をするために予定外の打ち合わせなどが入ったりすることがないため業務を中断するものがない、そして空いた隙間の時間も作業することができるということが理由に挙げられます。

他にも通勤の際の交通費やオフィスなどの固定費などのコストを削減の効果や、育児による休暇中でも働くことができる点、他にも場所に限られないために地方などにいる多様性に優れ優秀な人材を確保できるという点も挙げられます。

テレワークのデメリットは?

caption

もちろんテレワークにはデメリットもございます。最も大きなデメリットとして挙げられるのはコミュニケーションが取りにくくなるという点です。テレワークを導入することにより社員同士で顔を合わせて勤務することがなくなるので社員や上司の人とのコミュニケーションが減ってしまいます。

他にも基本的にインターネットを用いて作業することになるので情報漏洩のリスクが増大することや、勤怠の管理が難しい、自己管理をするのが難しい、そしてテレワークでは上司には働きぶりが直接見えないことが多いので正当な評価がされにくいなどデメリットもたくさんあることを忘れてはいけません。

「在宅勤務」と「テレワーク」の違いは?

caption

「在宅勤務」と「テレワーク」はしばしば混同している人もいますが、厳密に言えば違うものです。先ほどのテレワークの分類の①雇用型のところでも記述しましたが在宅勤務はテレワークという働き方に含まれる1つで、在宅勤務は自宅を仕事場にする働き方のことを表します。

テレワークと在宅勤務をそれぞれ誤った理解でテレワークを行うのはもったいないので、ぜひ正しい意味の理解をしてください。

在宅勤務について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

在宅勤務について詳しくはこちら

様々な有名企業がテレワークに移行済み

近年コロナウイルスの流行の影響も受けて様々な有名企業が原則テレワークに移行しています。今回はその導入事例をいくつかご紹介したいと思います。

テレワークの導入事例①:富士通株式会社

caption

富士通株式会社はニューノーマル時代の新たな働き方として「Work Life Shift」のコンセプトを挙げリモートワークを活用することを決め、従業員が働く場所を自由に洗濯可能にし、オフィス全席をフリーアドレス化しました。

他にも2020年の7月からコアタイムを撤廃するスーパーフレックス勤務制度や在宅勤務のためのジャン教整備費用補助金「スマートワーキング手当」を社員に与える制度を儲けるなど、テレワークに力を入れています。

テレワークの導入事例②:カルビー

caption

菓子大手のカルビーもテレワークを率先して導入した会社の一例です。カルビーは2020年7月1日にテレワークの原則化や単身赴任の解除などの新しい働き方を取り入れました。他にもフレックスタイム制度も撤廃しテレワークを推進しました。

この新しい制度の導入によって社員からは「通勤時間がなくなり時間に余裕ができた」「家族と過ごす時間が増えた」「集中力がついた」などの声が上がっておりテレワークのメリットを感じている人も多いようです。

他にもたくさんの企業がテレワークを導入済み!

caption

今回は有名な企業二社を大きく紹介しましたが他にも株式会社日立製作所や株式会社ベネッセコーポレーション、日本マクドナルドホールディングス株式会社などたくさんの企業がテレワークに関する制度を導入しています。

テレワークを導入している企業が増えているのは、テレワークのメリットがデメリットを上回っているということの証拠にもなります。

どうして今までテレワークは普及してこなかったのか?

caption

コロナウイルス流行を目の前にした現在ではテレワークはよく見かける業務形態にはなりましたが、なぜコロナウイルス流行以前はテレワークはあまり普及しなかったのでしょうか。

それは第一に日本の企業はメンバーシップ型の雇用制度を実施している企業が多く会社に対する帰属意識が高い傾向にあるからです。メンバーシップ型の雇用制度とは、仕事内容や勤務場所などを限定せずに人柄で採用を行う、という雇用制度です。

他にも契約の際のハンコや紙の書類が主流だったから、という点も挙げられます。紙の書類に依存している場合テレワークよりも直接オフィスに出勤していた方が効率が良いのは、言うまでもありません。しかし今後は電子サインソリューションの導入が増えてきているのでテレワークの普及化はさらに進むと予想できます。

テレワーク中社員の仕事を管理することができるシステムも!

やはり社員や部下がどの仕事をしているのか不安…などの声が上がってきますが、それらの悩みを解消するツールもいくつか登場しているので紹介させていただきます。

テレワーク管理システム①:F-Chair+(エフチェアプラス)

caption

F-Chair+(エフチェアプラス)は社員の「働いている時間」や「何をしているか」を同時に管理できる働き方改革支援システムです。このシステムにより着席や離席の管理、作業画面の自動撮影などにより細かい業務時間を管理することができます。

総ユーザー数も1万人を超えており、有名企業も多数導入しております。

F-Chair+のHPはこちら

テレワーク管理システム②:MeeCap

caption

MeeCapは労働時間の把握と勤怠管理、社員のキーボードやマウス操作などのPC操作を取得するなど勤務状況を管理することができます。これによりテレワーク環境下でも適正な人事評価をすることができます。

このシステムはテレワークの生産性を高める業務分析に役立つほか、トラブルが起こった時に操作の履歴を閲覧することによりサポートすることなどに有用です。

MeeCapのHPはこちら

テレワークに必要なものは?

それではテレワークを行うのにどのようなものが必要になってくるのでしょうか。「テレワークを行うなら最低限これは欲しい!」というものをいくつか紹介したいと思います。

テレワークに必要なもの①:インターネット環境

caption

テレワークは、自宅などオフィス外での作業が中心になる場合が多いのでインターネット環境があることが前提条件と言えるでしょう。さらにウェブ上でのミーティングやリアルタイムでの通信を多く行う場合は安定したインターネット環境が必須です。

インターネットには通信速度が比較的早い「光回線」がおすすめですが開通工事が必要な物件などがある、他にも契約してから実際に使えるようになるまで時間を要する場合があるなど注意が必要です。

またカフェやコワーキングスペースなど様々な場所で働きたいと言う方には、気軽に持ち運びができる「モバイルWi-Fi」がおすすめです。企業によってモバイルWifiが禁止されている場合もありますのでこちらも注意が必要です。

テレワークに必要なもの②:ITツール

テレワークひおいて重要なのが「円滑なコミュニケーション」です。その為にはウェブ会議ツールなどのITツールが必須になってきます。今回はその中でも特に重要なITツールをいくつか紹介させていただきます。

テレワークに使うツールについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

リモートワークにおすすめのツール29選

ウェブ会議ツール

caption

ウェブ会議ツールには「Zoom」「Skype」などがあります。Zoomのコンセプトは「ウェブ会議」なのに対しSkypeのコンセプトは「ビデオ通話」であり、二つには機能に差があります。

Zoomの方が接続安定性が高く、参加人数制限はSkypeが最大25名なのに対し、Zoomは最大50名です。他にもZoomには事前準備機能や録画録音機能などの拡張機能がついておりますので、ウェブ会議をする場合はZoomがおすすめです。

ビジネスチャットツール

caption

ビジネスチャットツールには「Slack」や「Chatwork」などがあります。

Chatworkはテクノロジーに精通していない人でも簡単に使えるように配慮された設計になっていて、タスク管理機能、社外の人をグループに追加する機能、APIで他のサービスと連携する機能などがついております。それに対して、SlackはGoogleカレンダーなどの外部サービスとの連携機能やコードを投稿できるスニペット機能などの機能がついています。

社外の人をグループに招きたい、シンプルで使いやすツールを採用したい人はChatwork、外部サービスとの連携をしたい、スレッド機能を重視したいなどの方はSlackがおすすめです。

クラウドストレージ

caption

クラウドストレージとは、データをクラウド上に保存・共有することができるサービスでインターネットに接続すればどこでもそのデータをクラウドを通じてやりとりすることができる、というものです。クラウドストレージには代表的なものとして「Dropbox」や「Google Drive」などがあります。

無料で保存できる量がGoogle Driveの方が多い、Office系ツールとの連携が可能なコラボレーションがついている、拡張機能が豊富などの理由からGoogle Driveがおすすめと言えるでしょう。

テレワークを導入するには?

caption

それではテレワークはどのように導入すればいいのでしょうか。テレワークの導入のポイントは労働管理方法、情報通信のシステム、テレワーカーの作業環境の面から検討し、課題を把握し推進体制の構築などを行う必要があります。

テレワークの導入のためのコンサル業というものも存在するので利用してみるのもいいでしょう。

テレワークの導入方法まとめ

まとめ

今回はテレワークの意味からメリット・デメリット、テレワークの普及について、テレワークの導入の仕方や導入にあたって必要になるツールなどを紹介しました。テレワークについて参考になれば幸いです。

友だち追加
LINEでキャリア相談

最新のインタビュー記事 interview

インタビュー をもっと見る

最新のコラム記事 column

コラム をもっと見る