テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

在宅のデザイナーって実際どうなの?収入は?仕事内容や探し方についてご紹介!

目次

  1. 1. デザイナーなら在宅ワークがおすすめ!
  2. 2. どうして在宅ワークのデザイナーがおすすめなの?
  3. 3. 人気の3つの在宅デザイナーの種類とは?
  4. 4. 在宅デザイナーのメリットは?
  5. 5. 在宅デザイナーのデメリットは?
  6. 6. 在宅デザイナーの収入はどのくらい?
  7. 7. 在宅デザイナーの契約形態はどのようなものがある?
  8. 8. これから始めるならwebデザイナーがおすすめ
  9. 9. 未経験から在宅デザイナーになるには?
  10. 10. 在宅デザイナーの仕事の探し方は?
  11. 11. 在宅デザイナーにおすすめの資格
  12. 12. 在宅デザイナーとイラストレーターの違いは?
  13. 13. まとめ

デザイナーなら在宅ワークがおすすめ!

caption

現在多くのデザイナーとして働く方がいますが、デザイナーをするなら在宅勤務のデザイナーがおすすめです。それは、在宅で働いた方がスキルと給料が上がりやすいからです。

今回はそんな在宅のデザイナーがおすすめである理由とメリット・デメリット、収入について紹介したいと思います。在宅デザイナーについて気になる方はぜひ参考にしてみてください。

他にも在宅ワークの仕事についてこちらの記事で紹介しています。

在宅ワークでできるおすすめの仕事15選をご紹介リモートワーク × デザイナーの求人一覧

どうして在宅ワークのデザイナーがおすすめなの?

在宅ワークのデザイナーがおすすめな理由として「報酬やスキルがアップしやすい」「在宅ワークのデザイナーの仕事が増えている」という理由があげられます。

報酬やスキルがアップしやすい

caption

デザイナーはオフィスに勤務してデザインを作成するのが一般的ですが企業と契約を結んで働く場合は固定給や時給の場合が一般的です。給料をアップさせるのはなかなか難しくモチベーションを保つのも難しいでしょう。

しかし、在宅ワークでデザイナーとして働く場合は自分の空いた好きな時間に、副業やフリーランスとして稼ぐことができるので、時間に余裕が生まれ、複数の案件を同時に行うこともできます

仕事の時間に融通が効くようになると、自分のスキルアップのために使える時間も増えます。

スキルアップすると、自分の市場価値に合った高単価の案件も受注できるようになります。

このように在宅ワークのデザイナーはスキルアップもしやすく、高単価の仕事も受注しやすいというメリットがあります。

在宅勤務のメリット・デメリットを徹底紹介

在宅ワークのデザイナーの仕事が増えている

caption

他にも在宅ワークのデザイナーがおすすめな理由として、在宅のデザイナーの仕事が増えていて、デザイナー案件の受注がしやすい状況になりつつあるという点があげられます。

以前まではデザイナーの仕事として梱包材のデザインなど、印刷物のデザイナー案件が多い傾向にありました。しかし、近年は、ECサイトのや会社のコーポレートサイト、ブログのデザインなど、Web系のデザイナー案件が増えていいます。

他にも近年は正社員のデザイナーだけではなく、業務委託(フリーランス)のデザイナーの仕事を依頼する企業が増えているので在宅ワークのデザイナーとして働きやすい環境になりつつあります。

人気の3つの在宅デザイナーの種類とは?

近年在宅デザイナーとして人気の職種があります。それは「グラフィックデザイナー」「CGデザイナー」「webデザイナー」です。

グラフィックデザイナー

caption

グラフィックデザイナーとは、雑誌の広告やポスター、パッケージや看板などの印刷物をデザインする仕事です。グラフィックデザイナーは主にパソコンを使用して制作をおこないます。

グラフィックデザイナーとして必要な知識はWebサイトの画面デザインなどのweb系の技術を要する他、従来通りのレタリングや印刷技術などの知識が必要です。

CGデザイナー

caption

CGデザイナーとは、コンピュータと専用のソフトを使ってCGグラフィックスを制作する仕事です。

CGデザイナーは他にも産業用の図面やアニメーションなどを作成することもあるため「CGクリエイター」と呼ばれる場合もあります。

近年はCGの技術の著しい発展により在宅ワークの仕事も増えていくと言われています。

webデザイナー

caption

webデザイナーは在宅ワークのデザイナーとして最も人気のある職種です。webデザイナーとは、企業や個人などのクライアントから依頼された企画設計をに基づいてwebサイトデザインを行うことです。

具体的には、
・実際のwebページのコーディング
・webサイトのランディングページのデザイン
・webサイトのレイアウトや構成を考える

などの仕事内容があります。

在宅デザイナーのメリットは?

それでは、次に在宅デザイナーのメリットについて紹介していきたいと思います。主に在宅デザイナーのメリットは2つあげられます。

在宅デザイナーのメリット①:すぐに仕事が始められる

caption

基本的に在宅のデザイナーは出社などをする必要がなく、全てのコミュニケーションもチャットツールを使って行うので、契約を行ったその日からすぐに在宅で仕事を始めることができるというメリットがあります。

在宅デザイナーだと、出社による通勤時間や、企業に営業を行ったり面接を行ったりする時間を省くことができるため、非常に効率的に働くことができます

在宅デザイナーのメリット②:好きな時間や場所で仕事ができる

caption

在宅デザイナーは好きな時間、好きな場所で仕事をすることができるので自分のライフスタイルに合った働き方ができるというメリットがあります。

在宅デザイナーとして働く場合、クライアントとの納期さえ守れば基本的に働く時間や場所は自由です。

集中力が切れた場合は近くのカフェに移動したり、地方に住みながら「ノマドワーカー」として働くなど、自分の好きな働き方をすることができます。

在宅デザイナーのデメリットは?

在宅デザイナーのメリットについて紹介してきましたが、残念ながら在宅デザイナーにはデメリットもあります。

在宅デザイナーのデメリット①:報酬が安定しない

caption

在宅デザイナーは正社員のデザイナーと比較して報酬が安い傾向にあります。

スキルや実績がない状態でデザイナーの案件を探してもあまり高単価の案件を受注することができない場合があります。

在宅デザイナーのデメリット②:生活が不規則になりがち

caption

先ほどデザイナーのメリットとして好きな時間や場所で働くことができるという点を紹介しましたが、その反面生活が不規則になってしまいがちというデメリットもあります。

また、在宅ワークで働く場合は自宅で一人で働くことが多いので、生活習慣やモチベーション管理など、自己管理を徹底できる方ではないと在宅デザイナーは難しいかもしれません。

在宅デザイナーの収入はどのくらい?

caption

在宅デザイナーの収入は種類によっても様々です。種類ごとに平均年収を紹介すると、Webデザイナーが348万円、グラフィックデザイナーが335万円、DTPデザイナーが310万円、テキスタルデザイナーが450万円です。

なので、全体の相場感としては300〜400万円くらいでしょう。ご自身のスキルによっても収入は変わりますので、求人サイトの案件で相場を確認してみるのも良いでしょう。

在宅デザイナーの契約形態はどのようなものがある?

在宅デザイナーにも様々な働き方があります。今回はその中でも代表的な3つの働き方を紹介したいと思います。

在宅デザイナーの働き方①:会社の契約デザイナー

caption

一般的な会社員と同様に会社に所属して契約関係を結びながら在宅勤務をするWebデザイナーです。契約型Webデザイナーは福利厚生がしっかりしていて、固定給の場所が多いなど、安定した生活を送ることができるのが特徴です。

こちらの記事で在宅勤務の正社員の特徴やメリットについて詳しく解説しています。

在宅勤務の正社員について徹底解説!

在宅デザイナーの働き方②:フリーランスの在宅デザイナー

caption

フリーランスとして働く在宅デザイナーという働き方もあります。基本的にフリーランスは個人で企業から案件を獲得して仕事をこなしていくので、トラブルの際には一人で対処する必要があります。

メリットは自らの営業力やスキルによって高い収入を得ることができるという点です。デメリットは自ら営業をしないといけないので、営業力やコミュニケーションスキルが必要になってくるという点です。

こちらの記事で在宅のフリーランスのメリットや特徴についてまとめています。

在宅フリーランスのメリットと特徴まとめ

在宅デザイナーの働き方③:副業の在宅デザイナー

caption

会社員や学生、主婦などをしながら副業としてデザイナーをする、という働き方もあります。このような働き方を「パラレルワーカー」とも呼ばれています。

メリットは主婦などでも空いた時間を有効に使って収入を得ることができる、という点です。

在宅でできる人気の副業おすすめ12選 | メリット・注意点は?

これから始めるならwebデザイナーがおすすめ

caption

近年はWebサイトが増加していることにより、Web関連のデザイナーの案件が中心となっています。実際に多いのはECサイトや会社のホームページ、広告チラシなどのWebを活用したデザイナーの需要が非常に高いです。

なので、デザイナーを始めたい!という方はWebデザイナーを目指すのが良いでしょう。

未経験から在宅デザイナーになるには?

caption

未経験でも基本的に在宅のデザイナーになることは可能です。方法は「独学でデザインを学ぶ」「デザインスクールに通う」という二種類です。

独学の場合は教科書などが販売されているので自分で学びましょう。それに対してデザインスクールはフィードバックしてくれる先生がいるのでより早くデザインの技術を学ぶことができます。

なので予算に余裕がある方はデザインスクールに通うことをおすすめします。

在宅デザイナーの仕事の探し方は?

在宅デザイナーの仕事の探し方はいくつかありますが、その中でもメジャーなものをいくつか紹介させていただきます。

求人サイトで求人に応募する

caption

最も在宅デザイナーの仕事の始め方として主流なのは求人サイトで在宅勤務が可能な案件に応募するという方法です。

テレラボは在宅勤務・在宅ワークの求人のみを扱った求人サイトで、リモートワークの頻度や勤務地、コミュニケーション手段などのリモートワークならではの気になる情報で検索でき、一人一人にあった求人を見つけることができます。

もちろんデザイナーの求人も多く掲載しています。

リモートワーク × デザイナーの求人一覧

知人などの人脈を使って紹介してもらう

caption

人脈を使って在宅デザイナーの仕事を見つける方法がもっともポピュラーな方法ということができます。

それはデザイナーとして働くと人脈が広がっていくので紹介してくれる人が近くにいる場合が多いからです。仕事を知人に紹介してもらうことによって成約率が高いというのが紹介してもらうことのメリットです。

クラウドソーシングサイトを活用する

caption

Crowdworksやランサーズなどのクラウドソーシングサイトを利用して在宅デザイナーの仕事を見つける、という方法も非常にポピュラーです。

クラウドソーシングサイトを使うメリットは多くの案件が掲載されているので、自分のスキルにあった案件を見つけることができる、という点です。

比較的単価が安くなってしまう場合がある、そして案件毎に契約が違うので収入が安定しにくいということがクラウドソーシングサイトのデメリットと言えます。

在宅ワークに大人気おすすめクラウドソーシングサイト10選!

自分をアピールするポートフォリオは必須

caption

在宅デザイナーの仕事を探す際は自分の実績や経験、スキルなどを記載したポートフォリオを作成しておく必要があります。それは採用の際その自身のポートフォリオが見られるからです。

実績をうまくアピールして成約率を大きくアップさせましょう。

在宅デザイナーにおすすめの資格

在宅デザイナーとして自分の強みになる資格についていくつか紹介したいと思います。自分のアピールポイントの一つとして資格を取ってみるのもいいかもしれません。

在宅デザイナーにおすすめの資格①:ウェブデザイン技能検定

caption

ウェブデザイン技能検定はWeb関連の資格で初めての厚生労働省認定の国家資格で、ホームページの制作で用いる様々な知識や能力が問われます。

受験をする場合は2級が2以上の実務経験が必要など、条件があるのでぜひご自身で調べてみてください。

在宅デザイナーにおすすめの資格②:Webデザイナー検定

caption

Webデザイナー検定は先ほど紹介したウェブデザイン検定とは違い民間の資格検定です。Webデザインに関する知識などはもちろん、テストや評価、Webサイトを運用することなど様々な問題が出題されます。

在宅デザイナーにおすすめの資格③:色彩検定

caption

色彩検定は、光と色、色彩調和、インテリアなど様々な色彩活用能力を測る検定です。デザイナーだけではなく、様々な職業の人におすすめできる検定になっています。

在宅デザイナーとイラストレーターの違いは?

caption

在宅デザイナーはメディアなどのデザインによって情報やメッセージを伝える、という仕事ですが、一方在宅イラストレーターは商業用のイラストを描くことによって収入を得る人のことをさします。

しかし、近年はデザイナーとイラストレーターの定義があいまいになってきているので、デザイナーとイラストレーターで同じ定義として使われる場合もあります。

在宅のイラストレーターの仕事について詳しく見る

まとめ

今回は在宅デザイナーについて様々な観点からご紹介しました。ぜひデザイナーの働き方の一つして在宅デザイナーについてもご検討していただけたら幸いです。

リモートワーク × デザイナーの求人一覧

最新のコラム記事COLUMN

コラム をもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビュー をもっと見る