テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

SE(システムエンジニア)の在宅フリーランスについて徹底解説!

友だち追加

SE(システムエンジニア)はフリーランスで在宅勤務はできる?

caption

SE(システムエンジニア)はフリーランスで在宅勤務することはできます。ただし、SEが未経験の方がいきなり在宅のフリーランスSEになることは難しいかもしれません。できるならまずはSEとしての実績を積んだ後に在宅のフリーランスSEを目指してみましょう。

SE経験が少しでもある方なら在宅フリーランスSEになることは難しくはありません。本記事では、SEがフリーランスのSEになる方法をご紹介していますので、是非参考にして目指してみてください。

在宅SE(システムエンジニア)ってどんな仕事?収入や始め方など徹底紹介

SEが在宅フリーランスをするための条件

まずは、どんな案件・クライアントであれば、在宅勤務のフリーランスSEになりやすいかの条件を見てみましょう。

在宅フリーランスエンジニアの本音を徹底解説 | メリットやデメリットは?

常駐必須の企業から仕事を請け負わないこと

caption

昨今のコロナ禍とはいえ、まだ在宅勤務・テレワークを実践していない企業もたくさんあります。テレワークが普及してきたとはいえ、SEは基本的に常駐勤務形態が一般的です。SEが常駐企業とのフリーランス契約で在宅勤務のSEになることは難しいと考えましょう。

できるなら昨今の情勢に鑑みて在宅勤務を推進している企業から仕事を請け負わなくてはいけません。募集条件をよくチェックして、「完全リモートワーク」と記載にある案件に応募するようにしましょう。

できるだけスタートアップ企業を狙う

caption

比較的にITスタートアップ企業は働き方が自由に選べる傾向にあります。立ち上げ当初だからこそ自由な勤務形態で、成果重視にしているケースがあるでしょう。そのようなスタートアップ企業を狙うことも一つの手段です。

SEを幅広く募集している可能性があるため、さまざまなSE案件を手がけるチャンスがあります。スタートアップ企業の募集をこまめにチェックしていくと在宅勤務のフリーランスSEの案件が見つかるでしょう。

セキュリティが厳しい基幹業務システムの開発案件などは避ける

caption

企業の基幹業務システムの開発案件はセキュリティに厳しく在宅勤務で携わることは難しいでしょう。できるだけ基幹業務システム案件は避けた方が無難です。基幹業務システムに関わる人材や会社は多いため、SEの裁量も問われますし、あまりフリーランスが入り込む隙間もありません。

SE経験者が知人などの紹介で基幹業務システムのSE業務を任されるとしても、ほとんどのケースで常駐が必須だと考えてください。

過剰に報酬には拘らない

caption

在宅のフリーランスSEの報酬は高いものから低いものまでピンキリです。経験の浅いSEであれば、あまり過剰に報酬には拘らない方が在宅勤務のフリーランスSE案件が見つかりやすいでしょう。

フリーランスを目指すからには当然報酬には拘りたいかもしれません。ですが、過剰に拘り過ぎるといつまでも在宅勤務のフリーランスSE案件は見つからないかもしれません。

実績を積むまでは報酬にはあまり拘らずに安い案件だったとしても請け負っていきましょう。少しずつ高額報酬のお仕事を掴んで行ければ成功できるはずです。

SEが在宅フリーランスをするために学ぶべきこと

次に、フリーランスのSEになるために学んでいくべきことをお伝えしますね。

稼げるエンジニアが持っている基本スキル6選をご紹介!効率的に勉強する方法は?

要件定義能力を養う

caption

SEに大切な能力といえば、要件定義能力です。SEのセミナーなどに参加して要件定義能力をできるだけ養っておきましょう。経験者も未経験者でも必須の能力です。

フリーランスになると在宅勤務がメインになり、遠隔地からでも顧客の要件を的確に定義できなければいけません。対面で会話する機会も減りますので、できるだけ身につけておきたい能力です。

マネジメント能力を養う

caption

SEにはマネジメント能力も必須です。各担当者の進捗管理を行い、クライアントに報告する能力を養いましょう。そのためにはコミュニケーション能力も併せて養っていく必要があります。

クライアントから急ぐように急かされたとしても、慌てずに個々の担当者のアウトプットを考慮し、依頼していかなければいけません。場合によっては、自分で作業を手伝ったり、他の担当者をアサインしたりと、SEにはマネジマンと能力も必須です。

マネジメント能力を養うためには、啓発本を読んでみたり、セミナーに参加したり、家庭内で家族をマネジメントするなど、学ぶ方法はたくさんありますよ。

プログラミングの基礎知識を学ぶ

caption

SEといえども多少のプログラミング能力は身につけておいた方がいいでしょう。SEになる人のほとんどは、過去にはプログラマーだったり、インフラ担当者だったり、webエンジニアだったりと開発担当者だったことがあるはず。

SEは個々の担当者の進捗管理をするお仕事でもあるため、システム開発に関わる担当者のお仕事はある程度内容を把握しておく必要があります。

そのためSEとは、開発経験者がキャリアアップしてなるお仕事です。SE未経験者は最初にwebデザイナーやプログラマーから目指してみてもいいかもしれません。

在宅のプログラマーって実際どうなの?収入やメリットについて徹底解説!

インフラの基礎知識を学ぶ

caption

プログラミング知識と同様にインフラ周りについてもある程度は把握しておきましょう。全体を把握する上で基礎知識は必須の知識です。

インフラエンジニアはリモートワークできる?条件や注意点を徹底解説!

フロントエンドのweb基礎知識を学ぶ

caption

web周りのことも基礎知識はきちんと身につけておきましょう。フロントエンドは目に見える部分ですので、重要なポイントです。その分把握もしやすいため、学びやすい特徴もあります。

在宅のフロントエンドエンジニアって実際どうなの?必要なスキルや仕事の探し方を徹底解説!

SEが在宅フリーランスの案件を探す方法

SEがフリーランスの在宅案件を探す方法をご紹介します。いくつか方法がありますので、自分に合った方法で探してみてください。

在宅フリーランスおすすめ職種8選 | 特徴や探し方をご紹介

フリーランスエンジニア向けのエージェントで探す

caption

まずはフリーランスエンジニア向けのエージェントで探す方法です。エージェントであればあなたの能力に合わせた適切な企業を紹介してもらえます。在宅勤務を希望すればマッチした案件を探してくれるでしょう。

とはいえ、未経験者でエージェントに相談してもほとんど案件は回してはもらえません。エージェントを利用して案件を探す人とは、SE経験者だと覚えておきましょう。

多少ブランクがあっても大丈夫。一旦主婦として育児などを終えた女性でも探してもらえますので安心してくださいね。

おすすめのエージェントはFLEXYや、ミッドワークスレバテックフリーランスです。

未経験者のSEはクラウドソーシングサイトで探す

caption

未経験者でも探しやすいのはクラウドソーシングサイトで探す方法です。クラウドソーシングサイトなら、条件次第で未経験者でも仕事が探しやすく、応募して交渉できれば仕事を受注できます。

実績は重視されますが、経験者が報酬に拘って仕事を断れば、未経験者にもチャンスが大きい特徴も。これから在宅勤務のフリーランスSEを目指すなら、まずはクラウドソーシングサイトに登録することから始めてみましょう。

おすすめのクラウドソーシングサイトはクラウドワークスランサーズです。案件も多く、未経験者でも受注しやすいでしょう。

在宅ワークに大人気おすすめクラウドソーシングサイト10選!

フリーランスのSEは知人からの紹介が確実!

caption

知人からの紹介も在宅フリーランスSEでは仕事を探しやすい特徴があります。理由は、これまで企業に勤めてSEだった方には人脈があるからです。

SEは、各分野の企業や担当者などと幅広い交流があるため、SEとして認められていた方なら、フリーランスになってもそのまま仕事を請け負うことが可能。

しかし、このケースで注意して欲しいことは、完全在宅勤務で仕事を紹介してもらえるかどうかです。場合によっては常駐して欲しいと言われるケースも。最初に条件をしっかり確認することが大切です。

在宅フリーランスSEの注意点

在宅フリーランスSEには注意点がありますので、先にチェックしておきましょう。

フリーランスは確定申告を忘れずに

caption

忘れがちなのが、開業届の提出と確定申告を行うこと。フリーランスになったからにはきちんと申告が必要です。

簡単にできるのは白色申告。青色申告の方が65万円の控除が受けられますが、帳簿をつける必要があり、最初は煩雑になってしまうでしょう。フリーランスになりたてなら白色申告の方が手軽で忘れずにすみますよ。

収入が増える前にしっかり申告していきましょう。後から未納の税金が発覚すると、余計に税金を支払わなければいけない可能性もあります。

SEは実績を先に作った方が受注しやすい

caption

未経験者なら先に実績を積んでいきましょう。本格的にSEとして活躍したいなら、企業と契約して活動していくことになります。その前にクラウドソーシングサイトなどで単発のSE案件や、webサイトの構築案件に関わっていき、実績を作ってみましょう

SEとしてのポートフォリオを準備しよう

caption

実績を作ったならポートフォリオを作成した方が採用に繋がりやすいもの。実際に携わった案件がどういう案件か、自分の強みは何なのかを明確にしたポートフォリオを作成できれば案件受注に繋がりやすいでしょう。

家族の理解を得てから在宅勤務になろう

caption

そして SEに限らず、在宅勤務のフリーランスを目指すなら、まずは家族の理解を得ることが重要です。在宅勤務になると時間が自由に使える分、最初は家事がうまく回らなかったり、家族に理解を得なければいけないシーンに遭遇します。

在宅環境をしっかり整え、家族に説明し、仕事中は家のことが充分にできない旨などをしっかり理解してもらいましょう。

新しい働き方「在宅ワーク」について徹底紹介!どんな仕事?

まとめ

caption

SEがフリーランスで在宅勤務をすることはできます。経験者なら比較的に安易に案件も見つかりますし、スムーズに在宅勤務に切り替えられるでしょう。

しかし、未経験者が在宅のフリーランスSEになることは難しいもの。最初は常駐案件から初めてみるか、受注しやすいクラウドソーシングサイトで請け負い、実績を積む必要があるでしょう。

本記事を参考に、在宅勤務でフリーランスのSEとして活躍できるといいですね。

在宅SEの求人を探す
友だち追加

最新のコラム記事COLUMN

コラム をもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビュー をもっと見る