テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

ノマドワーカーの年収ってどのくらい?年収が高い人の特徴もご紹介!

友だち追加

ノマドワーカーは稼げるの?気になる年収が知りたい!

caption

「ノマド」とは遊牧民という意味です。ノマドワーカーはオフィスなど決まった場所ではなく、カフェや図書館、中には日本だけにとどまらず世界で働く人もおり、自由度が高いことが魅力的な働き方です。

毎日会社に出勤して必死に夜遅くまで働いて家との往復だけで一日が終わるという人にとって、ノマドワーカーは好きな場所、自由な時間で働くことができ解放感にあふれて希望に満ちているように見えますが、一番気になるのは「どのくらい稼げているのだろう?」ということではないでしょうか。

自由に働けて年収が今よりもアップするのであれば、拘束される会社員を辞めたいと考えている人もいるでしょう。

今回はノマドワーカーの年収についてくわしく解説していきます。またノマドワーカーに向いている人やおすすめの職業なども合わせてご紹介します。

自由が魅力なノマドワーカーになるために必要な準備と環境を徹底解説!

ノマドワーカーの年収はどのくらい?

ノマドワーカーをしている人は自分の年収をブログやSNSで公開している人もいますが、ノマドワーカーの平均年収はどのくらいなのでしょうか。

ノマドワーカーの求人の探し方とは?おすすめ求人サイト10選!

ノマドワーカーの平均年収は約350万円

caption

ノマドワーカーの平均年収は約350万円といわれていますが、職種もさまざまで全国にどのくらいの人数がいるのか明らかではないため、平均を出すことが難しいといわれています。また平均金額は手取りなのか、実際に稼いだ金額なのかくわしくはわかっていません。

日本のみならず世界を旅しているノマドワーカーを見るとかなり稼いでいるように見えますが、東南アジアなど物価の低い国であれば月に10~20万円ほど稼げれば普通に生活できるため、年収が高い人が多いわけではなさそうです。

稼げないノマドワーカーもいる

caption

平均年収は約350万円といわれていますがこれは中央値ではないため、稼げないノマドワーカーも存在するといえます。

稼げないノマドワーカーは知識や技術不足といった理由が多く、中には取引先が急に音信不通となり報酬をもらえなかったといったケースも。「お金持ちにはなれなくても、ある程度仕事をすれば平均年収くらいは稼げるだろう」という安易な気持ちで始めてはいけません。

年収が上がったというノマドワーカーの言葉には注意

caption

「会社員のときよりも年収が上がった」といっているノマドワーカーも多いです。しかしノマドワーカーは最近注目されている働き方のため、20代や30代の若い人も多く元々の年収が低かったという場合も考えられます。

収入が安定しないノマドワーカーですが、もちろんやればやるだけ稼げるのも事実です。ただし年収が上がるという言葉に惹かれて安易に会社を辞めるのは危険です。

ノマドワーカーで年収が高い人の特徴

自由な働き方に憧れてノマドワーカーを始めても、実際にやってみたところ理想と現実の違いに挫折してしまう人も少なくありません。

ノマドワーカーで年収が高い人にはどんな特徴があるのでしょうか。またノマドワーカーに向いていない人も確認しておきましょう。

ノマドワーカーに向いている人は?

ノマドワーカーはどんな仕事でもいえることですが誰でもなれるわけではありません。ノマドワーカーに向いている人は以下のような特徴があります。

ノマドワーカーに必要なスキルとは?ノマドワーカーはスキルなしでも始められる?

営業する力がある人

caption

自分を売り込む力があり、オリジナリティを提供できる人はノマドワーカーに向いているといえます。

仕事を依頼する側は同じ能力の人間に頼むのであれば、個人で仕事をしている人よりも企業にお願いする方が信頼でき安心感がありますよね。選んでもらうためには高いスキルとオリジナリティは欠かせないのです。

企業と同じように安心感を与えるには、知名度を上げるという方法があります。ブログやSNSを上手に利用し、営業活動ができる人はノマドワーカーに向いているといえるでしょう。

労働時間以外に稼げる仕組みを作れる人

caption

ノマドワーカーは自由というイメージが強いですが、自由な時間を捻出するには労働時間以外に稼げる仕組みを作る必要があります。

アフィリエイトなど自分が働いていない時間も稼げる仕組みを作り、収入源を増やして安定した働き方ができる人はノマドワーカーに向いている視野の広い持ち主です。

複数の仕事ができる人

caption

ノマドワーカーは複数の仕事をこなせる人に向いています。

WEBライターであれば複数のクライアントさんと契約して収入を分散した方がいいでしょう。例えば高単価だからといって1つだけの仕事をしていると、万が一仕事が終了してしまった場合、収入がゼロになってしまいます。

またWEBライターだけではなく、イラストレーターやSNSやYouTubeなどの仕事を兼務している人も存在します。リスクを分散できる人はノマドワーカーに向いているのです。

ノマドワーカーに向いていない人は?

caption

ノマドワーカーの自由度にただ憧れている、楽して働きたいという人はやめた方がいいでしょう。

会社に行くのが面倒、人と関わらずに仕事をしたいと安易にノマドワーカーになると失敗します。付き合う人は自分で選択ができますが、全く人と関わらずに仕事をすることは難しいでしょう。

また肉体的にも精神的にも強い人でなければノマドワーカーは勤まりません。会社で働いていても体調を崩してばかりでは周りに迷惑をかけますが、異変があるときは身体への負担が少ない部署や仕事にしてくれるといった組織であるからこそのサポートがあります。

ノマドワーカーは個人なのですべて自己責任のため誰も守ってくれません。仕事ができなくなるとら収入は即ゼロになることも。精神的にかなり強くないと続けることは厳しいでしょう。

ノマドワーカーにおすすめの職業は?

自由な働き方に憧れ自分の力を試してみたいという人は、ノマドワーカーにおすすめの職業をチェックしておきましょう。

下の記事ではノマドワークにおすすめの職種について詳しく紹介しています。

【徹底解説】ノマドワーカーにおすすめの職種10選をご紹介!

WEBライター、編集者

caption

PCがあればどこでも仕事ができ、特別な資格も必要がないWEBライターはノマドワーカーに人気の職業です。初心者でも始めやすく、自分の好きな時間にできるのも魅力的。

資格は必要ないとはいいましたが、専門的な知識を持っていると高単価の案件の依頼も来る可能性が高いのです。自分が好きなことを文章で発信したい人にピッタリです。

WEBライターから編集者になる人もいます。こちらも特別な資格は必要ありませんが文法などのスキルは必要となります。

どちらも自分でこなせる人はブロガーになるのもありです。何を書いてもいいので自由度が高いことはメリットですが、画像を選んだりアクセスを増やすためにSEOを深く学んだりと知識が必要とされます。

投資家

caption

投資家もノマドワーカーに向いているといえるでしょう。

株式やFX、不動産・仮想通貨などさまざまな種類の投資家がいますが、生活が安定するように稼ぐためには元手が必要となります。いきなり投資家を目指して仕事をやめたりお金を借りたりしてはいけません。

まずは他の仕事で元手を稼ぎ投資に回しましょう。会社員のうちから投資を始め、軌道にのったら投資家1本になるという方法もあります。

まとめ

caption

ノマドワーカーの年収は参考程度にしておきましょう。実際にはかなりの個人差があり、働き方の自由は手に入れても生活していくことが不自由になることもあります。

しかし努力すれば現在より年収がアップすることも充分に期待できる世界です。向上心があり強い信念を持っている人は、年収にとらわれずやりたいことにチャレンジしてみる価値はあります。

ノマドワークできる求人を探す
友だち追加

最新のコラム記事COLUMN

コラム をもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビュー をもっと見る