テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

在宅勤務で「やる気が出ない」原因と対処法まとめ!生産性を上げる方法は?

コロナによって当たり前になった「在宅勤務」

caption

「家にいるとついついダラダラしてしまう。」

「仕事をしなきゃいけないのに、思ったより身が入らない」

感染症対策の一環として、会社がフルリモート体制になり、在宅勤務に切り替わったことでこのような悩みを抱える人が増えているのではないでしょうか?

家は会社と比べてテレビや漫画など誘惑が多かったり、家にいる家族の生活音が気になってなかなか集中して作業ができませんよね。

実は在宅勤務で集中力が続かない、やる気がでないという問題は、日常の習慣を変えることで改善できる場合もあるのです。

そこで、この記事では在宅勤務でやる気が出ない原因と対策について紹介します。

なんとかやる気を出すために日々模索している人も、集中して在宅勤務ができるようになるヒントが掴めますよ。

在宅勤務の実態ついて徹底解明 | メリットやデメリットは?

在宅勤務でやる気が出ない5つの原因とは

在宅勤務ではなぜやる気が出ないのか、その原因を5つ見ていきましょう。

やる気がでない原因を知ることで、有効な改善策を見つけられるようになります。

やる気がでない原因①:在宅勤務に適した作業空間になっていない

caption

在宅勤務でやる気が出ない原因の1つに、仕事に適した環境が自宅で再現できていない点があります。

会社は仕事する場所として、社員に快適な仕事環境を提供する必要があり、仕事する環境や設備は基本的に整っています。

ですが、在宅勤務ではオフィスで使っているようなデスクや椅子などが整っておらず、新たにデスクを購入したり、設備が不十分なまま仕事している人が多いというのが現状なのです。

快適に作業ができないために、思うように仕事が進まず、やる気が出なくなってしまいます。

また会社にいる時と比べ、周りの目がなくリラックスしてしまうことでやる気が出ないという面もあります。

やる気がでない原因②:通信環境や使用機器の性能が低い

caption

通信環境やパソコンなどのデバイスの性能も在宅勤務のやる気に関係します。

在宅勤務で使用するデバイスや通信機器は、会社から支給もしくは貸与されない限り、社員が個人で所有しているものになります。

会社で使用しているデバイスや通信環境は、基本的に業務を円滑に行うのに適したものですが、個人で所有しているデバイス、通信環境は業務に対応しているものとは限りません。

そのため、会社ではスムーズに行えた業務が、在宅勤務だとかなり時間がかかってしまったということも珍しくないのです。

パソコンが重い、ネットに繋がらないという状態がストレスになり、やる気が出なくなってしまいます。

やる気がでない原因③:コミュニケーション不足

caption

在宅勤務になり、同じオフィスで同僚や上司とのコミュニケーションの機会が減ったことでやる気がでない理由の1つと言われています。

在宅勤務は誰とも顔を合わせることなく、パソコンと睨めっこで自然と会話も少なくなります。

1人で業務する状態が続くことで感じる孤独感や疎外感が、ストレスになり、業務に対するやる気が出なくなってしまうのです。

また在宅勤務になり、対面でのコミュニケーションができず、相手の表情がわからない状態が不安やストレスとなり、モチベーションが低下する原因になるとも言われています。

実際に、多くの企業が在宅勤務になって社員間のコミュニケーションが困難になった感じていると回答しているのです。

以上から、対面でのコミュニケーションができずに感じる孤独感や表情がわからないことに対する不安やストレスが、在宅勤務のやる気が出ない原因の1つと言えます。

やる気がでない原因④:集中力が続かない

caption

在宅勤務では会社のように集中力が続かずやる気が出ないということもあります。

集中力を低下させる要因は、いくつか考えられます。

在宅勤務になり、テレビの音や電話での話し声などの生活音に囲まれる環境では、集中力が維持できず作業量が低下してしまう人もいるでしょう。

中には集中したと思っても育児や親の介護に追われて、仕事に専念できないためにやる気がでないということも考えられます。

このように在宅勤務では仕事とプライベートの線引きがうまくできず、集中して仕事ができないためにやる気が出なくなってしまうのでしょう。

やる気がでない原因⑤:不規則な生活習慣を送っている

caption

在宅勤務でやる気がでない理由として不規則な生活習慣を送っていることも考えられます。

在宅勤務になり、出勤する機会がなくなったことで朝から夜遅くまでパソコンに向かい、1日中外出しないという人もいるのではないでしょうか?

実は、日中に日光を浴びなかったり遅い時間までパソコンの光を浴びていたりすることで体内時計が狂ってしまうのです。

体内時計が正常に機能しないことで日中に眠気を感じたり、集中力が低下するといった弊害が現れ業務に支障をきたします。

在宅勤務でやる気がでない時の6つの改善策

在宅勤務ではやる気がでない原因はわかっているけど、思うように気持ちを切り替えられない人やどうすればいいのかわからないという人も多いと思います。

ここからは在宅勤務でやる気がでない時の改善策を6つ紹介します。

どの改善策も気軽にできるものなので、やる気がでない時は実践してみてください。

在宅勤務の改善策①:作業環境の快適化

caption

仕事用のデスクや椅子、通信環境を用意することで在宅勤務でも快適に業務ができるようになります。

環境を整えることで「机のサイズが合っていない」「通信速度が遅い」といった余分なストレスから解放され、業務に集中できるようになるのです。

ある程度環境が揃っていて少し買い足す程度であれば、あまり問題はありませんが、作業環境を1から10まで全て揃えるというのは経済的にも負担がかかってしまいます。

仕事環境を自宅で再現するのが難しい場合には、仕事環境の整ったシェアオフィスやコワーキングスペースを利用するといいでしょう。

料金を払っているため無駄にはできないという思いや、何より他の利用者の目もあるため、会社にいるような程よい緊張感から集中して業務ができます。

在宅勤務の改善策②:コミュニケーションを積極的に取るように心がける

caption

自分からコミュニケーションをとることで孤独感や疎外感を改善できます。

在宅勤務やフリーランスの人の中には同じように孤独感を感じていたり、業務が捗らないといった問題を抱えている人が大勢います。

同じ問題を抱える人と悩みを共有することで、不安が解消し仕事に対するモチベーションアップを期待できるのです。

例えば、職場の同僚や上司に業務の疑問点を質問したり、進捗状況の報告などでも構いません。

何気ない連絡がお互いのコミュニケーション不足を解消できるでしょう。

またSNSでその日のやるべき業務を友人や知人に共有することで、やる気を引き出すという方法もあります。

このように、コミュニケーションを積極的に取るように行動することで、孤独感から来るストレスを緩和させ、仕事が捗るようになるでしょう。

在宅勤務の改善策③:着替えやメイクをして仕事のスイッチを入れる

caption

在宅勤務でやる気を出すためには、仕事するというモードに切り替える「きっかけ」を作ることが重要です。

きっかけとは、部屋着から普段着に着替えたりやメイク、ヘアセットなど些細なことで十分です。

在宅勤務になり、通勤の必要がなくなると、誰にも見られないからという理由で部屋着のまま業務を始める方が多いと思います。

しかし、部屋着のままでは気持ちの切り替えができず、いつまでもダラダラと作業する原因になってしまうのです。

実際、在宅勤務になる以前はスーツや仕事着に着替えたり、メイクをすることで仕事モードに気持ちを切り替えていた方は多かったのではないでしょうか?

在宅勤務でもスーツに着替えなければならないというわけではなく、気持ちを切り替えるきっかけとなる行動を見つけ、習慣化することで仕事へのやる気が引き出せるようになります。

在宅勤務の改善策④:規則正しい生活を心がける

caption

在宅勤務でやる気がでない時の改善方法として規則正しい生活を送ることも効果的です。

則正しい生活を送るには、日光を浴びることが大切だと言われています。

1日の始まりに日光を浴びることで、体内時計が正常になり、日中に眠気を感じたり、集中力が低下したりするのを防ぎます。

その他にも、体内時計が正常に働くことで、就寝時間も固定されるようになります。

起床時間と就寝時間を固定することで、ダラダラと作業しなくなり、仕事にメリハリが生まれるようになります。

在宅勤務の改善策⑤:適度に休憩を挟む

caption

在宅勤務でやる気を継続させるには、適度に休憩を挟むことが重要だと言われています。

休憩時間まで作業スケジュールに組み込むことで、仕事にメリハリが生まれるようになるのです。

その例の1つに『ポモドーロテクニック』と呼ばれる方法があります。

ポモドーロテクニックとは、一定時間仕事をした後に休憩を挟むというサイクルを繰り返すことで集中力を継続させるという方法です。

一見すると休憩を挟むとそこで集中力が途切れてしまうのではと考えるかもしれませんが、休憩を取らずに作業する方が疲労は溜まりやすいのです。

そして、その結果集中力ややる気を失いダラダラと作業を続けてしまいます。

適度な休憩を挟むことで、集中力を持続させ仕事にもメリハリをつけられるのです。

在宅勤務の改善策⑥:作業用BGMを聞きながら作業する

caption

作業用BGMを聞きながら作業することも、在宅勤務でやる気が出ない時の改善策として有効です。

作業用BGMを聞くことで、在宅勤務で集中力を妨げる生活音を遮断するため、生活音に気を取られることなく業務を継続できます。

また集中が途切れた場合にも、作業用BGMを聞くことで気晴らしになるため、気分をリフレッシュできるとも言われています。

特に集中したい業務の時には、川のせせらぎや波音などの「自然音」がおすすめです。

まとめ

ここまで在宅勤務のやる気がでない原因と改善策を見ていきました。

やる気がでない原因には、職場と異なる環境で働くことに対するストレスや、孤独感から感じる不安などがありました。

しかし、生活習慣を改善してみたり、気持ちの切り替えとなるきっかけを作ることで集中して在宅勤務ができるようになります。

ご自分にあった気持ちの切り替え方を見つけて快適に在宅勤務していきましょう。

最新のコラム記事COLUMN

コラム をもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビュー をもっと見る