テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

在宅勤務の仕事内容とは?一日の流れや必要な環境について徹底解説!

コロナによって当たり前になった在宅勤務

caption

「在宅勤務とはどのような仕事内容なのか」を知りたい方に向けてこの記事は書かれています。

政府が進める働き方改革により、在宅勤務を導入する企業も増えてきました。

自宅で勤務する在宅勤務は、2019年頃に発生し世界的に流行となった感染症への感染予防策としても有効な手段として注目を集めている働き方です。

現在在宅勤務を取り入れていない企業であっても、今後採用される可能性があるでしょう。

この記事では在宅勤務の仕事内容や一日の流れについても解説していますので、これから在宅勤務となりそうな方や、在宅勤務を行っている企業への就職を考えている方の参考になれば幸いです。

在宅勤務の実態ついて徹底解明 | メリットやデメリットは?

在宅勤務とはどんな働き方?

在宅勤務とは「会社や店舗などの職場へ出勤せずに自宅で勤務すること」です。

2019年より始まった働き方改革の一環として、政府により推進されている働き方でもあります。

人と人が接する機会を減らすことができることから、2019年に発生した世界的な感染症の対策としても有効だとして、大手企業を中心に在宅勤務を取り入れるところも増えてきました。

今後新たに在宅勤務を含め、リモートワークを導入する企業も増えてくるでしょう。

在宅勤務はリモートワークの一種

caption

リモートワークとは、会社から離れて働く働き方のことです。在宅勤務もリモートワークに含まれ、他にテレワークやモバイルワークもリモートワークに含まれます。

テレワークは国土交通省によると、

「1週間に8時間以上、職場以外で情報通信技術(ICT)を使って働く人」

と定義され、自宅で働く在宅勤務よりも働く場所の自由度が高いです。

モバイルワークとは、スマホやタブレット、ノートパソコンなど持ち運びができる通信機器(モバイル機器)を用いて会社以外の場所で働くことを指します。

在宅勤務やテレワーク、モバイルワークがリモートワークと呼ばれる働き方です。

リモートワークは会社に雇用されつつ自宅やカフェなどで働くので、会社に雇用されないフリーランスは個人事業主扱いとなるためリモートワークには該当しません。

リモートワークとは?メリットや種類・導入方法について徹底解説!

在宅勤務の主な仕事内容

在宅勤務は、会社が指定する業務を自宅で行うリモートワークです。

上司や同僚とチャットツールやオンライン会議ツール、メールなどを用いてコミュニケーションを図りながら仕事を進めます。

在宅勤務が行われている主な仕事内容は、データ入力やエンジニア、イラストレーター、ライターなどです。

データ入力

caption

データ入力は数字や顧客情報などをエクセル等に入力していく仕事です。

クライアント(顧客)にプレゼンするための資料作りや、書類の整理など一人で行える仕事も多く在宅勤務に向いています。

在宅バイトデータ入力について徹底紹介!どんな仕事?メリットは?面接について

システムエンジニア

caption

システムエンジニアは、顧客からの要望を元にシステムを設計していきます。

チームとしてシステム設計を行っていく場合は、他のチームメンバーとの連携も大切になってくるので、作業内容をしっかりと共有することも大切です。

在宅SE(システムエンジニア)ってどんな仕事?収入や始め方など徹底紹介

イラストレーター

caption

イラストレーターはサイトや商品などに添えるイラストを制作する仕事です。

顧客からの要望を元に、イラストレーターなどのソフトを用いてイラスト制作を進めていくため、在宅勤務にも向いています。

在宅イラストレーターってどんな仕事?仕事内容や探し方をご紹介!

ライター

caption

ライターはウェブメディアに投稿する記事や、紙媒体の雑誌などに載せる記事作成の仕事です。

記事のテーマを元に、記事の骨組みとなる記事構成を作成したり、記事本文を作成したりと作業が分担されていることもあります。

記事作成は会社にいても一人で行うため、在宅勤務でもしやすい仕事です。

【徹底紹介】在宅ライターってどんな仕事?どのくらい稼げる?稼ぐコツをご紹介

在宅勤務に必要な環境

それでは在宅勤務をするためにどのような環境が必要なのかご紹介していきたいと思います。

パソコンやタブレットなどの情報通信機器を使用

caption

在宅勤務はパソコンやタブレットなどの情報通信機器(ICT)を使って自宅で勤務するので、ICT機器とインターネット環境が必要となります。

機器のスペックが低いとファイルなどが開けなかったり、通信に時間がかかったりと仕事に支障が出る場合もありますので、動作に支障が出ないスペックの機器を使いましょう。

自宅から通信を使って会社とやり取りしながら業務を進めていくため、情報が漏洩(ろうえい)しないようセキュリティ対策も必要です。

パソコンなど使う機器へのセキュリティソフトの導入や、通信情報の暗号化など会社側の管理も必要となります。

リモートワークにおすすめのツール29選!【これだけあれば安心】

時間管理も必要

caption

会社での勤務とは違い常に上司や同僚が周りにいるわけではないので、時間の使い方も大雑把になりやすいです。

会社への通勤が必要ないので時間にゆとりが生まれますが、仕事時間と休憩時間のメリハリをつけた時間管理も必要になります。

在宅とはいえ、仕事という意識を忘れずに業務に取り組みましょう。

在宅勤務の一日の流れ

在宅勤務はどのように仕事を進めていくのでしょうか。とある企業の在宅勤務での事例を元にご紹介します。

9:00業務開始 業務内容確認
9:30~12:00業務内容に従い通常業務 
12:00~13:00昼食
13:00~14:00会議ツールを使い社内ミーティング
14:00~15:00クライアントとの打ち合わせ
15:00~17:00通常業務
17:00会社へ業務報告
17:30業務終了

午前中の流れ

業務開始は午前9:00からで、通勤の必要がないため時間に余裕を持って準備ができるでしょう。

まずはその日一日にする業務内容やメールのチェックから始まります。

業務内容を確認したら、内容に従って通常業務です。在宅勤務では通信を通じて業務を行っていくので、周囲に上司や同僚がいてすぐに尋ねられる会社とは違い、連絡に時間がかかる場合もあります。

連絡を待たないと業務が進められないこともあるので、もし問題や分からないないことなど出てきたら、早めに上司に連絡を行い指示をあおぐようにしましょう。

また、遠隔での業務となるため上司からはこちらの様子が分かりません。

会社での勤務以上にこまめな報告・連絡・相談を行うよう心がけると、上司もその都度指示を出しやすくなり、仕事も円滑に進みやすくなります。

通常業務の後、12:00から1時間の昼食休憩です。

午後からの流れ

昼食と休憩を終えたら、13:00より会議ツール(ウェブミーティングツール)を用いて会議です。業務の打ち合わせや進捗報告、今後の方針などオンラインで社内ミーティングを行います。

14:00からはクライアント(顧客)との打ち合わせです。

業務がどの程度進んでいるのか、そのまま進めても問題がないのか、納期はいつ頃になりそうなのかなどクライアントと打ち合わせを進めていきます。後に大きな修正が必要とならないよう、クライアントが望まない方向に業務が進んでいないか、修正してほしい内容はないかなどしっかりと確認が必要です。

クライアントとの打ち合わせが終わったら通常業務に戻り、17:00より会社に業務報告を行って本日の業務終了です。

在宅勤務は仕事内容に限らずホウレンソウを徹底

caption

在宅勤務は上司の目が届きにくい分、業務内容を誤って行っていると後に多大な修正が必要になることもあるので、こまめに報告・連絡・相談(ホウレンソウ)を行うようすると良いでしょう。

会社への通勤が必要ない在宅勤務は、時間のゆとりも生まれやすいので、柔軟性の高い勤務形態と言えます。

在宅勤務の環境を活かし、空いた時間を活用してより充実した日々をお過ごしください。

最新のコラム記事COLUMN

コラム をもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビュー をもっと見る