テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

【必見】リモートワークに潜む7つの課題・問題点を徹底解説!その対処方法は?

当たり前になりつつあるリモートワークに潜む課題とは

caption

近年、働き方改革の推進やコロナウイルスの感染拡大防止に伴い、働き方に大きな変化が現れています。

今まではオフィスに出社して勤務するのが当たり前でしたが、オフィスへの出社を要さずリモートワークで仕事を行う企業も増えてきました。

実際にリモートワークを導入しようと考えている会社も多いのではないでしょうか。一方で、働き方が大きく変わることに不安を抱えている企業もあるでしょう。

今回は円滑にリモートワークを行うために、リモートワークにおける課題と課題の解消法を紹介していきたいと思います。

リモートワークにおける7つの課題

近年、リモートワークという働き方は広まりつつありますが、オフィスワークからリモートワークに働き方が変わることでいくつか課題も生まれています。リモートワークに移行してから困ることがないように、リモートワークにはどのような課題があるのか確認しておきましょう。

リモートワークの課題①:セキュリティ問題

caption

1つ目の課題として挙げられるのが、セキュリテイの問題です。

仕事を行ううえで個人情報や顧客データなど重要な情報を扱う機会は多く、情報漏洩や不正アクセスにあわないように企業として社内のセキュリティ対策には充分気を配っていることでしょう。

しかし、いくら社内のセキュリティ対策を強化していても、リモートワークを行うとなると会社のセキュリテイ対策が行き届いていない場所で仕事を行うことになるため、セキュリティが甘くなり不正アクセスや情報漏洩のリスクが高まってしまいます。

また、社外に大切なパソコンや資料を持ち出すことになるため、紛失により情報漏洩が起こる可能性もあります。

リモートワークのセキュリティ対策はどうしたらいい?リスクとその対策方法について徹底紹介!

リモートワークの課題②:コミュニケーションの課題

caption

2つ目の課題として挙げられるのが、コミュニケーションの問題です。リモートワークでもチャットツールやweb会議ツール等を使って、コミュニケーションを取ることはできます。

しかし、直接会う機会が減ってしまうことで、どうしても業務以外の気軽なコミュニケーションは取りづらくなり関係性を深めるのが難しくなってしまいます。

また、チャットやメールなどを使って文字でやり取りをする場合は、意図が正しく伝わらず上手くコミュニケーションを取れないこともあるでしょう。

さらに、チャットやメールは相手にすぐに気づいてもらえないこともあり、スムーズにやり取りが進まないこともあります。

リモートワークの課題③:勤怠管理

caption

3つ目の課題として挙げられるのが、勤怠管理の問題です。リモートワークとなると社員の働きぶりを直接見ることができなくなるため、勤怠管理が難しくなります。

監視の目が行き届かないことにより勤務時間内にさぼる社員が出てくる可能性もありますし、反対に仕事が終わらず勤務時間を超えても仕事を続ける社員が出てきてしまうことも考えられます。

リモートワークの課題④:人事評価

caption

4つ目の課題として挙げられるのが、人事評価の問題です。勤怠管理が難しくなることで、人事評価も難しくなってくるでしょう。

リモートワークになることで社員の日常の働きぶりが見れないため成果を出すまでのプロセスの評価がしずらくなってしまい、成果重視の偏った評価になってしまう可能性があります。

また、リモートワークに働き方が変わることで従来の評価基準では評価がしにくくなるため、リモートワークにあった評価基準を設けておかないと評価基準が曖昧になり、評価者によって評価が大きく分かれる心配も出てくるでしょう。

リモートワークの課題⑤:コスト

caption

5つ目の課題として挙げられるのが、コストの問題です。

リモートワークを始めるとなると、通信環境の整備など体制を整えるためにそれなりの費用が必要になります。

会社の規模によっては導入費用がかなりの額になってしまうことあり、リモートワークの導入にはコストが大きなハードルとなってくるでしょう。

リモートワークにおいて主に必要となる費用としては、次のようなものが挙げられます。

  • 社員に貸し出すパソコン等の通信機器の準備費用
  • web会議ツールや勤怠管理ツールなどビジネスツールの導入費用
  • 通信環境を整えるための費用 など

その他、リモートワークにおける通信費や電気代等を会社側で負担するのか、従業員に負担してもらうのかという問題も考えていかなければいけません。

リモートワークの課題⑥:人材育成

caption

6つ目の課題として挙げられるのが、人材育成の問題です。新人教育といえば先輩社員が新入社員について、手取り足とり指導を行うのが一般的です。

しかし、リモートワークとなると細かい指導が行いにくいうえに、新入社員の様子を把握するのも難しく理解度に応じた適切な指導が行えないことがあります。

また、リモートは対面に比べて気軽にコミュニケーションが取りづらいため、わからないことがあっても新入社員が気軽に質問しづらかったり、悩みがあっても相談しにくいという状況が生まれてしまうことがあります。

社員との交流も取りにくいため、新入社員がうまく会社に溶け込めないこともあるでしょう。

リモートワークの課題⑦:職種の課題

caption

7つ目の課題として挙げられるのが、職種の問題です。リモートワークを取り入れたくても、職種によってはリモートで仕事を行うのが難しいケースもあります。

事務職やweb制作などパソコンを使ってできる仕事は比較的簡単にリモートワークに移行することができますが、営業や飲食など対面で行う仕事はリモートへの移行が難しくなっています。

リモートワークの課題解消法

紹介したようにオフィスワークからリモートワークに働き方を変えることで、セキュリティやコミュニケーション、コストの問題など様々な課題が出てくることがあります。

しかし、これらの課題は解決できないわけではありません。リモートワークで円滑に仕事を進めていくために、リモートワークの課題解消法を見ていきましょう。

技術的対策と社員教育で二重のセキュリテイ対策を行う

セキュリティの課題を解決するためには、技術的な対策を行うとともに、社員に対する教育も実施し社内全体でセキュリティに対する意識を高めていくことが大切になります。

しっかり技術的対策を行っていても社員のセキュリティリテラシーが低いと思わぬ不注意やミスから情報漏洩等が引き起こされてしまうこともあるので注意してください。

技術的対策

caption

技術的な対策としては、ウイルスソフトの導入やデータの暗号化といった対策が有効です。ウイルスソフトを導入することで、マルウェア感染や不正アクセスの防止を行うことができます。

マルウェアとは悪意のあるソフトウェアの総称で、マルウェアに感染してしまうとデータが抜き取られる、データが破壊される、勝手にメールを送信されるなど様々な被害を受ける可能性があるのでしっかり対策をしておきましょう。

また、リモートワークになることで大切なデータの入ったパソコン等の紛失や盗難のリスクが高まるため、データの暗号化を行い万が一の事態に備えておくことも大切です。

社員のセキュリティリテラシーの向上

caption

技術的な対策を行うとともに、社員のセキュリティリテラシーを向上させていくことも大切です。何気ない行動により情報漏洩等を引き起こしてしまうこともあるので、不注意によるミスを防止するためしっかり教育を行っていきましょう。

例えば、公共の場で提供されているフリーWi-Fiは便利ですが意外と危険性も高く、気軽に利用してしまうと通信が傍受されたり、なりすましのアクセスポイントが仕掛けられており情報が抜き取られてしまう可能性もあります。

その他にも、セキュリティリテラシーが低いことで、不用意に不審なメールを開いてしまったり、不正なサイトにアクセスするリスクも高まってしまうでしょう。

技術的対策とセキュリティ教育で二重の対策を行い、セキュリティ強化に努めましょう。

オンラインツールを効果的に活用する

caption

コミュニケーションの問題を解決するためには、オンラインツールを効果的に活用していきましょう。オンラインツールを取り入れただけでツールがうまく活用できていないとコミュニケーションが深まらないこともあるので、社員がコミュニケーションを取りやすいように使い方を工夫していくことが大切です。

日々のコミュニケーションを深める方法としては、毎日オンラインで朝礼を行ったり、定期的に面談の機会を設けるなど、社内で働いていた時と同じように社員が毎日顔を合わせられる環境を作るのも一つの策です。

また、業務上の話だけでは仲が深まりにくいので、グループチャットなどを使い何気ない雑談ができる場を設けることも大切になります。

普段から頻繁にコミュニケーションをとり仲を深めておくことで、困ったことやわからないことが出てきても気軽に質問しやすくなり業務も円滑に進めやすくなるでしょう。

また、定期的にやり取りを行うことで、すぐに連絡に気づくことができるようになり、互いの仕事の状況も把握しやすくなります。

リモートワークにおすすめのツール29選!【これだけあれば安心】

助成金を活用する

caption

テレワークの導入にかかるコストに悩んでいる場合は、助成金を活用していきましょう。現在テレワークの導入を支援するために、国や都道府県から様々な支援が用意されています。

IT機器の導入費用やサテライトオフィスの利用などの助成が受けられる他、専門家によるコンサルティングの無料支援も行われています。

なお、都道府県によって支援内容は異なるので、支援内容はしっかり確認するようにしてください。

リモートワークにあった評価基準を考える

caption

人事評価の問題に関しては、リモートワークに合う評価制度を考えていくことが問題の解決につながります。

リモートワークはオフィスワークに比べて、どうしても社員の働きぶりが確認しにくくなってしまうため従来の評価制度では評価が難しい部分があります。

リモートワークにおける明確な評価基準を設けておかないと、評価者によって評価にばらつきが生まれてしまうこともあるので注意が必要です。

リモートワークで確認しにくいプロセスの部分をしっかり評価するためには、こまめに業務の進捗状況を報告してもらったり、オンライン面談を行うなどして業務の「見える化」を図ることで評価が行いやすくなります。

その他にも、取り組んでいる業務の難易度や対応スピード、成果物の出来など何を重視するのか考えながら、リモートワークにおける評価基準を考えていきましょう。

リモートワークにあった育成体制を整える

人材育成に関しても、リモートワークにあった教育体制を考えていくことが大切になります。リモートワークのデメリットをカバーし、新入社員が研修を受けやすい環境を整えていきましょう。

新入社員の理解度を確認しながら研修を進める

caption

まずリモートで問題となるのが、新入社員に目が行き届きにくくなるという問題です。

リモートワークではオフィスで働いている時のように新入社員の様子を細かくチェックすることが難しくなるため、教えたことが本当に理解できているのか確認しにくくなってしまいます。

理解度を測るために定期的に確認テストを設けたり、テレビ会議システムなどを利用して新入社員の様子を確認しながら指導を行うなど新入社員の理解度に合わせて研修を進めていくことが大切になります。

コミュニケーションが取りやすい環境を作る

caption

コミュニケーションが深まりにくいという点も、リモートワークの大きな問題となります。特に新入社員は慣れない環境で不安を抱えているので、しっかりフォローしてあげることが大切です。

新入社員が気軽に質問や相談をしやすいように、個人面談の機会を設けるなどしてコミュニケーションを深めるとともに新入社員一人一人の状況をしっかり把握していきましょう。

また、同期社員とのコミュニケーションも取りやすいように、グループワークやディスカッション形式の研修を取り入れるなど研修内容を工夫していく必要もあります。

ツールを活用して勤怠管理を行おう

勤怠管理の難しさを解消する方法としては、次のようなツールの活用が便利です。便利なツールがたくさんあるので、うまく活用して勤怠管理を行っていきましょう。

リモートワークの勤怠管理方法まとめ | 起こりうる課題とその対処法についてご紹介

勤怠管理ツールの導入

caption

手軽に勤怠管理を行いたい場合に便利なのが、勤怠管理ツールです。

勤怠管理ツールは非常に多種多様なものがあり、勤務時間の打刻ができるだけでなく打刻した勤務時間と連携して給与の計算を行ってくれるものもあります。用途に合わせて、自社にあった勤怠管理ツールを導入しましょう。

チャットツールでの報告

caption

チャットツールを使用して仕事を行っている場合は、始業と終業時の報告をチャットツールで行うようにすれば簡単に勤務状況の把握ができます。

ただし、社員が多い場合は報告の確認が難しく、確認漏れが起きてしまう可能性もあるので注意が必要です。

PCのログを取得する

caption

PCのログを取得する方法も、勤怠管理には有効です。PCのログを取得すれば、いつからパソコンが起動されて、いつ電源が切られたのか把握できるため正確な勤務時間が把握しやすくなります。

リモートワークではオフィスワークに比べて監視の目が行き届かないため勤務時間を偽ってサボる社員が出てきたり、反対に時間外労働をしてしまう社員が出てくることもあります。

PCのログを取得することは正確な勤務時間の把握につながるだけでなく、社員にもいい緊張感を生み勤務時間を守っての仕事が期待できるでしょう。

web会議ツールを常時接続しておく

caption

勤務時間中にweb会議ツールを常時接続しておくことも、勤怠管理をスムーズに行う一つの手です。

web会議ツールを常時接続しておけば、オフィスで仕事をしている時と同じように社員の働きぶりを簡単に確認できます。

また、リモートワークであっても互いの状況が一目でわかるため、気軽に情報共有やコミュニケーションが取りやすくなりスムーズに仕事ができるというメリットも生まれます。

まとめ

caption

近年、新しい働き方としてリモートワークが注目を浴びていますが、働き方が大きく変わることで課題も生まれてきてしまいます。

オフィスワークの時と同じように社員同士が直接会えなくなることで、コミュニケーションが難しくなったり人材育成が難しくなったりと様々な課題が見えてくるでしょう。

しかし、紹介したように一つ一つの課題は、しっかり対策を立てれば解決できるので安心してください。

また、リモートワークの導入に役立つオンラインツールの提供や助成金などの支援も行われているので、困ったときは活用してみるのも一つの手です。課題を解消してリモートワークに取り組みやすい環境を作っていきましょう。

最新のコラム記事COLUMN

コラム をもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビュー をもっと見る