テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

リモートワークの導入企業の種類や職種、実例を徹底紹介!どんな種類の企業がある?

リモートワークを導入する企業が増えている

caption

リモートワークとは、社員がオフィスに出社せず、自宅やレンタルオフィスなどで業務を行うという勤務形態の一種です。コロナ渦の中で注目され始めている働き方なのですが、コロナ渦の前からリモートワークは存在しています。

コロナ渦やソーシャルディスタンスなどがきっかけとなり、リモートワークを導入する企業が増えています。しかし、企業がリモートワークを導入すると、どのようなメリットとデメリットがあるのかと気になるところです。

そこで今回、企業経営者に向けて、リモートワークを導入するメリットとデメリットについて、紹介していきます。ご自身が経営する企業にリモートワークを導入したい事業者は是非、当記事を参考にしてみてください。

企業にとってリモートワークとは

企業にとってリモートワークとは、利益を上げるための手段のひとつです。リモートワークを導入することで、生産性がアップし、オフィスにかかっていた水道光熱費や家賃やその他備品などにかかっていた経費の削減につながります。

社員にとっても、仕事のためにわざわざオフィスに出社しなくても離れた場所で業務が可能です。あとはリモートワークにセキュリティ対策を導入すれば、企業側にとっても社員側にとっても、安心かつ安全にリモートワークに従事できます。

確かにリモートワークは企業にとって、利益を上げるための手段のひとつでしかありませんが、その企業で働く社員にとっても、モチベーション向上やストレス解消などのメリットがあります。

リモートワークの概念

caption

リモートワークは基本的に、社員がオフィスから離れて、自宅などの場所で業務を行うという認識をいただいても問題ありません。

内容によっては、企業経営者自身がリモートワークを行う場合があります。

在宅ワークとの違い

caption

在宅ワークとリモートワークに違いがあります。その違いを以下にまとめました。

在宅ワーク自宅を拠点に仕事すること。フリーランス・個人事業主として、クライアントや顧客から業務委託または仕事を請け負うことで、お金を稼ぐ働き方。リモートワーク企業に所属しながらオフィス以外の場所で仕事すること。働く場所は自宅だけでなく、コワーキングスペースやレンタルオフィスなど様々。

このように、在宅ワークとリモートワークに違いがあるというわけです。

リモートワークに向いている職種とは

リモートワークに向いている職種は以下に4つあります。

  • デザイナー
  • システムエンジニア
  • Webライター
  • カスタマーサポート

共通するのは、インターネットとパソコンが必要だというところです。職種によっては、インターネットとパソコンだけでなく、様々なツールが必要となります。

そこで、リモートワークに向いている職種を次に挙げて、特徴を含めて解説していきます。

デザイナー

caption

デザイナーと言っても、たくさんの分野があります。一例として、デザイナーの分野を上げてみました。

  • グラフィックデザイナー
  • Webデザイナー
  • ゲームデザイナー
  • イラストレーター
  • CGデザイナー

クラウドソーシングサイトでも、デザイン系の案件を多く見かけます。中には、高単価を提示している案件もあり、その案件の数も多いと言っても過言ではありません。

リモートワークに向いている職種のひとつですが、在宅ワークでも向いている職種のひとつです。デザイナーはセンスが求められる職種で、精神的に良い仕事環境が求められます。

リモートワークは自分好みで作業環境を整えられるので、デザイナーとリモートワークは相性が良いと言っても過言ではないでしょう。

システムエンジニア

caption

システムエンジニアのリモートワークは多く見られ、求人サイトや転職エージェントでも、リモートワーク対応のシステムエンジニアの求人または案件をよく見かけます。

システムエンジニアの仕事は主に、システムの設計を作成することです。クライアント企業とのやり取りの機会が多く、作業工程によっては、出勤とリモートワークの繰り返しになる場合があります。

設計からテスト工程まで、出勤して仕事を行う必要がないのもほとんどなので、システムエンジニアはリモートワークに適している職種だと言えます。

Webライター

caption

Webライターはデザイナーと同様に、リモートワークの相性が良い職種のひとつです。クラウドソーシングサイトでも、執筆や校正などに関連した案件が多く見られます。

必要なのはインターネットとパソコンだけで、パソコンのスペックはほとんどこだわりません。副業としてWebライターの仕事も在宅ワークとしてできるのも魅力です。

カスタマーサポート

caption

カスタマーサポートの仕事はリモートワークでも行うことができます。なぜかというと、仕事内容が基本的に、顧客からの疑問点やクレームの対応だからです。

電話やメールで対応するので、顧客とは非対面でコミュニケーションを取ります。直接、顧客と会って対応するわけではないので、電話やメールさえ対応できれば、働く場所を選びません。

実際に、リモートワーク対応のカスタマーサポートの求人や案件なども多く見られるので、カスタマーサポートとリモートワークは相性が良いと言えます。

リモートワークに取り組んでいる企業を紹介

リモートワークを導入する企業が増えていく中、意外な企業もリモートワークを導入しています。その意外な企業はたくさんあるのですが、その中でも一例として、3社の企業を挙げました。

  • 株式会社イーライフ
  • 株式会社ありがとうファーム
  • アズテック株式会社

3社の企業を次に挙げて、どのような業種なのか、特徴を含めて解説していきます。

株式会社イーライフ

caption

株式会社イーライフは、シンクタンクやリサーチやマーケティングなどに関連した事業を行っている企業です。リモートワークに向いている企業のひとつで、総務省による平成29年度「テレワーク先駆者百選」に認定されています。※参考:総務省/別紙3(PDF)

「企業のマーケティング活動に還元する仕組みを構築・運用する支援」を行っているのが特徴で、数多くの実績を持ちます。

マーケティングは、リモートワークに向いている業種のひとつなので、リモートワークに参加する社員は問題なく、業務を行っています。

株式会社ありがとうファーム

caption

株式会社ありがとうファームは、障がい者支援事業を行っている福祉系の企業です。障がい者支援事業を行っているのに、リモートワークはできるのかと誰しも思うのですが、実は利用者である障がい者のほうがリモートワークを行います。

障がい者が、ありがとうファームのメンバーとして在宅でリモートワークを行い、業務に携わるというものです。

アズテック株式会社

caption

アズテック株式会社は、医療関連と衛生関連の製造販売を行っている企業です。医療従事者を対象とした業務サポート用品、汚染・感染防止に役立つ商品、手洗いに関連した商品など、様々な製品を提供しています。

アズテック株式会社で働く女性社員について注目していただきたいのですが、女性社員はいずれ結婚して、出産と育児を行うために、産休・育休を取得します。

通常の企業であれば、産休・育休から職場復帰しようとしても、なかなか復帰しにくいのが実情です。アズテック株式会社は女性社員の職場復帰のサポートの力に入れており、産休・育休からの復帰率100%を実現しています。

復帰率100%を実現している理由は、リモートワークにあります。リモートワークは働く場所を選ばず、フレキシブルに対応できるので、育児に忙しい女性社員にとっては魅力と言っても過言ではないでしょう。

企業のリモートワーク導入のメリット

企業がリモートワークを導入するメリットは以下の通りです。

  • コスト削減
  • 生産性が上がる
  • 優秀な人材の確保
  • 残業対策
  • 企業イメージ向上

5つのメリットを次に挙げて、解説していきます。

コスト削減

caption

リモートワークを導入するだけで、企業運営にかかるコスト削減を図れるのがメリットです。具体的にどのようなコストを削減できるのか、経費を一例として以下に上げました。

  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 交通費
  • デスクやチェアーなどその他備品などの購入費
  • 家賃などその他維持管理費

リモートワークは職場以外の場所で仕事するので、そこまで大きなオフィスは必要ありません。

リモートワークを導入するにあたって、セキュリティなど必要なものを含めると初期費用は大きくなりますが、やがてそれが大きな実り、高い初期費用をすぐに取り戻せる可能性があるというわけです。

生産性が上がる

企業がリモートワークを導入することで、生産性の向上や業務効率化などが図れる見込みがあります。注目していただきたいのが、リモートワークで働く社員についてです。

リモートワークで働く社員は、自らの手でより良い作業環境を整え、働きやすい環境を作ることができます。働きやすい環境を作ることで、モチベーションの向上にもつながるからです。

優秀な人材の確保

caption

優秀な人材の確保も、企業がリモートワークを導入するメリットのひとつです。社員が親の介護やパートナーとの結婚に伴って転勤するなどの事情により、通勤が難しく、中には仕事を辞めざるを得ない社員もいます。

リモートワークであれば、場所に関係なく社員は働き続けることができるので、企業はそんな社員を雇用し続けることが可能です。

残業対策

caption

残業対策ができるのも、企業にとってリモートワークのメリットのひとつです。リモートワークはほとんど成果主義なため、残業代は出ないのではと思われがちですが、出ると断言いたします。

なぜなら、社員は企業に所属して、リモートワークで働いているだけに過ぎないからです。社員が残業する場合は、残業時間に応じて残業代を支払うのが基本です。

リモートワークの残業対策については、以下にまとめました。

  • 勤怠管理ツールを導入
  • 残業を許可制にする
  • フレックス制を導入する
  • メールやチャットなどで残業のルールを取り決める

これらを対策することで、適切に残業を管理することが可能となります。

企業イメージ向上

caption

リモートワークを導入すると、企業イメージが向上するというメリットがあります。なぜ企業イメージが向上するのか、それは企業で働く社員に対して、働きやすいように配慮しているというポジティブなイメージを抱かれやすいからです。

自由な働き方ができるとして、求職者が集まりやすい傾向にあります。育児や介護などで通勤がしにくい方や、遠方を理由に通勤が難しいという方など、様々な事情を抱えている方が多くいます。

リモートワークを導入しているのであれば、場所を問わず働けるとして、求職者から見たら良いイメージが抱かれるというわけです。

企業のリモートワーク導入のデメリット

企業がリモートワークを導入するデメリットは以下の通りです。

  • コミュニケーションが取りづらい
  • 仕事の進捗管理が大変
  • 勤務時間の管理が難しい

3つのデメリットを次に挙げて、解説していきます。

コミュニケーションが取りづらい

caption

リモートワークは基本的に、チームで作業するのを除き、直接対面してコミュニケーションを取ることはほとんどありません。

コミュニケーションが取りづらいのがデメリットで、仕事以外の会話の機会はあまりないのが現状です。

仕事の進捗管理が大変

caption

仕事の進捗管理が大変であることも、リモートワークのデメリットのひとつです。社員のリモートワークの進捗管理を知るには、成果物を焦点に当てる必要があります。

勤務時間の管理が難しい

caption

リモートワークのデメリットのひとつに、勤務時間の管理が難しいことが挙げられます。これは企業と社員の両方に該当するデメリットで、仕事なのかプライベートと、区別が付きにくい部分はあります。

社員から見たリモートワーク導入のメリット・デメリット

caption

社員にとって、リモートワークのメリットとデメリットを以下にまとめました。

メリット・場所や環境、時間を選ばない
・ワークライフバランスを整えられる
・子どもがいても仕事ができるデメリット・すぐに聞ける人がいない
・時間など管理が大変
・必要な道具を揃えないといけない

確かに、リモートワークは社員にとって魅力ですが、デメリットとうまく付き合うことも求められます。

社員にとってのリモートワークのメリットとデメリットについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参照にしてみてください。

リモートワークのメリット・デメリットとその解決策を徹底解説!

企業がリモートワークを導入した後の将来性について

caption

コロナ渦の影響を受け、多くの企業はリモートワークを導入しています。しかし、そのコロナ渦が収束して完全に落ち着いたとしても、リモートワークを続けるか否か気になるところです。

コロナ渦収束後でもリモートワークを続ける企業があれば、リモートワークをやめる企業もあります。

企業がリモートワークを導入した後の将来性は、高いと判断できます。なぜなら、コロナに関係なく、柔軟な働き方を求める社員や求職者がいるからです。

企業も、リモートワークを導入してから生産性が向上し、業務効率化が図れたという実績があるのなら、このままリモートワークを続けても悪くありません。

しかし、リモートワークを導入したものの生産性が導入前より落ちた、効率が悪くなったという企業もあります。業種によっては、もともとリモートワークに向かないのが原因なのではとも考えられます。

リモートワークの企業の求人を出すならテレラボがおすすめ

caption

リモートワークを導入した後、求人を出して採用活動に力を入れたい、だけど求人をどこに出せばいいのかと悩んでいる企業経営者はいます。

そんなときにおすすめしたいのが、テレラボと呼ばれる求人サイトです。理由はテレラボの特徴にあり、その特徴を以下にまとめました。

  • リモートワークの案件のみを掲載している
  • 詳細な検索を利用することで求職者にあった案件を紹介できる

高単価の求人を出している企業が多いのも特徴のひとつで、リモートワークの求人を探している方にとっては非常にわかりやすく、探しやすいのが魅力です。

逆に言えば、リモートワークができる優秀な人材を探しやすいということにもなります。

まとめ

caption

企業がリモートワークを導入すると、どのようなメリットとデメリットがあるのかについて紹介しました。

確かに、リモートワークとの相性が良い職種があります。パソコンとインターネットなど、必要な機材と環境があれば、わざわざ出社しなくても、自宅で業務を行えます。

リモートワークにメリットとデメリットはあるものの、デメリットとうまく付き合うことで、効率的なリモートワークが可能です。

リモートワークに向かない職種はありますが、リモートワークに向いている職種であれば、積極的にリモートワークを導入しても良いでしょう。

最新のコラム記事COLUMN

コラム をもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビュー をもっと見る