テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

リモートワークができる職種とその特徴を徹底解説!

リモートワークができる職種は増加傾向に

caption

新型コロナウイルスの流行によって、さまざまな業種に甚大な影響が出ている今、政府が推し進めてきた働き方改革ともあいまって、多くの企業でもリモートワークが推進されてきています。

多くの方にとって、今までとは大きく違う働き方のリモートワークですが、上手に活用できれば、時間や場所にとらわれないリモートワークは素晴らしい働き方となります。

ではそんなリモートワークとはどんな職業と相性が良いのかご紹介していきたいと思います。

そもそもリモートワークとは?

caption

リモートワークとは、インターネットを介してオフィス以外の場所で働くことで、よく間違われる在宅ワークとは、リモートワークの中の一つの働き方のことです。

リモートワークは大きく分けると、

・自宅で仕事をする『在宅勤務』
・コワーキングスペースやサテライトオフィスで勤務する『施設利用型勤務』
・モバイル端末などで、カフェやレストランなどの自分の好きな場所で勤務する『モバイルワーク』

の3つに分けられます。一番イメージされるのが、自分の好きな時間に、好きな場所へ移動しながら働けるノマドワーカーといわれる人たちでしょう。時間にとらわれることなく、自分の心地いい場所で仕事ができる、誰もが一度はあこがれる働き方ですね。

こちらの記事でリモートワークについて詳しくまとめています。

リモートワークについて詳しく見る

リモートワークに向いている職種の特徴

それではリモートワークに向いている職種にはどんな特徴があるのでしょうか。いくつかのポイントに分けてご紹介したいと思います。

場所にとらわれなくても可能な業務

caption

まず第一に現場に行かなくても、インターネットや電話などで場所を選ばずにできる仕事であること。そういった物理的制約のない仕事であることです。もう一つは、セキュリティー的制約のない仕事であることです。

例えばカフェやレストランなどの店舗経営や、病院や介護施設など人の手助けが必ようなもの、また 電気、ガス、水道などの、インフラ関係などの仕事は、その現場で仕事を行うことが必要なので、リモートワークには不向きな職種だといえるでしょう。

また、企業の機密情報や個人情報など、情報漏洩したときのリスクが高い仕事も リモートワークには不向きな職種といえるでしょう。

必要なソフトやツールを駆使して、パソコンとネット環境のもと 一人で業務を進められる仕事は リモートワークにとてもむいている職種といえるでしょう。

成果が明確な業務

caption

リモートワークをするうえで大事なもの、それは 成果が明確に確認できるものであることです。

例えばライターの書く原稿や、デザイナーのデザインする作品、その他 プログラマーのプログラムなど、明確に成果を確認、評価できるものであればあるほど リモートワークにむいている職種だといえるでしょう。

逆に、はっきりとした成果が明確に確認、評価しにくい職種は リモートワークにはあまり向いているとは言えないでしょう。

リモートワークにむいている職種とは

リモートワークに向いている職業の特徴について紹介しましたが、具体的にどんな職種がリモートワークにむいているのかをご紹介していきます。

こちらの記事にリモートワークのおすすめの求人を掲載しています。

【徹底解説】リモートワークの求人サイトおすすめ6選|探し方のコツは?

システムエンジニア

caption

リモートワークに向いているもっともメジャーな職種としてシステムエンジニアが挙げられます。

顧客の要求から仕様を決定し、大まかな設計をするまでの情報システム開発の上流工程を担当するなど、一部の工程を除いてですが、プログラミングやテストなどは、職場に出社しなくても仕事ができるのでとてもリモートワークにむいている職種のひとつです。

未経験の方は企業に就職して、エンジニアのキャリアを積まれる方が多いです。スキルのある方は、在宅のフリーランスとして活躍されている方が多いです。

収入はフリーランスで働く場合、システム開発だと月に40〜50万円、Webページの制作やツールの修正などの小さな案件だと1案件で5〜10万円ほどです。

また、年収の目安は650万円〜850万円ほどですが、経験やスキルがある人は1000万円を超えることもあります。

リモートワークのエンジニアについて詳しく見る

デザイナー

caption

デザイナーは非常にセンスの良さが求められる職種で、クライアントや依頼者の求めに応じたデザインを考案する仕事です。

幅広い分野がありますが、仕事に集中できる環境づくりや効率の良さからも リモートワークにとてもむいている職種のひとつです。専門学校や各美術系大学を経て、企業やデザイン事務所に所属される方が多いです。

収入の目安は年収300〜400万円ほどです。

在宅のデザイナーって実際どうなの?収入は?仕事内容や探し方についてご紹介!

設計士

caption

設計士は住宅などの設計図を作成する職業です。設計図はクライアントとデータでやりとりして作ることが可能なので、リモートワークで設計士として働くことがおすすめです。

データでのやりとりやパソコンのスペックやネット環境は整えておく必要があります。

収入の目安は年収350万円〜850万円ほどです。

マーケター

caption

マーケティングはリモートワークでできる仕事として広まっています。マーケティングとは簡単にいうと、人のニーズを見極めてニーズに沿った戦略を立てる仕事です。

今ではどのような職業でもマーケティングと関係があるので、非常に需要の高い職種です。

洞察力やユーザーニーズを理解する力のある方にはおすすめです。

年収は500万円〜800万円ほどですが、成果を出すことができれば年収1000万円も可能な職種です。

コンサルタント

caption

コンサルタントは企業に常駐する必要のない仕事のため、リモートワークを取り入れている企業も増えてきています。

クライアントとはZoomやチャットツールを利用して連絡を取り合いますので、フルリモートでも成り立つ職種です。

しかし、Web会議ツールやチャットツールでのコミュニケーションは難しいという意見もあります。他の職種よりもより高いコミュニケーション能力が必要な職種でもあります。

年収は200万円〜800万円と幅が広いので、案件や求人によって左右されます。

チャットツールやWeb会議ツールなどのおすすめツールはこちらの記事で紹介しています。

リモートワークにおすすめのツール29選!【これだけあれば安心】

人事や経理、総務などの管理業務

caption

出社して業務に取り組むイメージの強い職種ですが、近年では退職者リスクの回避や、効率化、コスト削減を考慮してこのような管理業務を外部に委託する会社が増えてきています。

特に、簿記などの資格は能力の評価として有利なので、持っている人や取ろうと考えている方におすすめです。

年収の目安は人事の場合は400〜650万円ほどで、経理だと300万円〜600万円、総務だと300万円〜650万円ほどです。

下の記事では在宅の事務について説明しています。管理業務に関しても詳しく書いてあるので参考にしてみてください。

在宅の事務ってどんな仕事?給料や仕事内容について徹底解説!

ライター・編集者

caption

ウェブライターや、校正、校閲なども成果を明確に評価できるというう点で、非常にリモートワークにむいている職種の一つです。

ライターは依頼された企画内容にあっ文章を書く仕事で、パソコンとインターネットがあれば ほぼ環境を整えることができ、自分の好きな場所で集中できる環境の中で作業ができる点も非常に相性がいいといえるでしょう。

年収の目安は350万円〜800万円ほどです。文章の量や質によって異なってきます。

初心者の方も比較的始めやすいリモートワークにむいている職種の一つです。

リモートワークのライターについて詳しく見る

営業

caption

顧客に商品やサービスを販売するのが営業職です。そのなかでも、顧客先へ直行直帰で向かったり、プレゼン資料などを移動先で製作したり、顧客とのやり取りをメールやチャットで済ませることもできたりします。

営業にも種類があります。

  1. 既存営業
  2. 新規開拓営業
  3. 電話営業

主にこの3種類の営業があります。既存営業は過去に契約を結んだことがあり、信頼関係を築いているクライアントやお客様に営業しにいくことです。新規開拓営業は既存営業とは逆の意味で契約を結んだことのない新しいクライアントやお客様を開拓しに行くことを言います。

また電話営業は契約や販売に向けて信頼関係を築く役割を担っています。

また、成果も数字で評価しやすいことなどもリモートワークと相性がいい職種です。

年収の目安は250万円〜500万円ほどです。

リモートワークができない職種は?

ここまではリモートワークにむいている職種をご紹介しました。では逆にリモートワークにむかない仕事や職種はどのようなものがあるのでしょうか。ご紹介いたします。

接客をともなう職種

caption

店舗での対面販売や、飲食店でのサービスの提供など、接客をともなうサービス業などの職種もリモートワークにはむかない職種だといえるでしょう。

医療・介護系の職種

caption

病院での診察や、老人ホーム、介護施設などでの介護サービスなども現場でサービスを施すものなので、リモートワークにはむいていません。

建設業・製造業などの職種

caption

オフィースビルやマンションなどの建設や、電気、ガス、水道設備などのインフラ関係、自動車工場での自動車の組み立てなどの製造業もリモートワークにはむかない職種です。

リモートワークのメリットとデメリット

リモートワークのメリットとデメリットは、働く個人と導入する企業双方にそれぞれにメリットとデメリットがあります。

個人から見たリモートワークのメリット

caption

好きな時間に好きな場所で働くことができるので、毎日決まった時間に家を出て、満員電車に乗って出社する必要がありません。

家でゆっく起きて、時間を気にすることなく朝食をとり、温かいコーヒーを飲んでから仕事に取り掛かることができます。これは精神衛生上とても良い状態で仕事に向かうことができます。

そうすると、おのずと仕事の生産性も上がります。また一人での作業なので、上司や同僚に話しかけられることもないので集中した業務が可能になります。

その他、育児でフルタイムで働くことの難しい主婦の方や、病気やけがで体にハンディーをお持ちの方も、リモートワークなら働く機会が得られます。

個人から見たリモートワークのデメリット

caption

自己管理ができないと仕事の効率が落ちてしまうなど、自分で自分の好んだ業務環境を作るということは、自己管理ができないと最悪の結果をもたらしてしまう場合があるということです。

休みすぎで仕事が進まなかったり、夜遅くまでダラダラ仕事をしている割にしごとがすすまなかったり。休日まで仕事を持ち込んで気が付くと年中無休になっていたりします。

また一人で仕事をしている場合は、助言をくれる上司や同僚もなく孤独です。しっかり仕事をして、しっかり休めるように、メリハリをつけた自己管理を徹底しましょう。

リモートワークのデメリットについて詳しく見る

企業から見たリモートワークのメリット

caption

オフィスの維持管理費がかからないというのが最大のメリットです。また社員の交通費なども少なくて済むようになります。社員も自分で働き方を工夫できるので 生産性が上がる可能性があるといわれています。

また、遠隔地の優秀な人材を採用することもできるので、広い地域から人材を募集できるという点でもメリットがあります。

企業から見たリモートワークのデメリット

caption

リモートワークを導入することによって、生産性の上がる社員もいれば、下がる社員もいるので、トータルで判断することが難しいことです。社員の成果をいかに評価できるかの基準を作らなければいけません。

また、社員同士の直接的なコミュニケーションが少なくなるので、会社への愛着なども薄れてしまうかもしれません。TV会議やチャットなどを積極的に使うことも大切になってくるでしょう。

リモートワークの職種は今後も増加する

caption

これからの働き方の中で大きな注目を集めているリモートワークが、たくさんの職種で普及していくことは間違いありません。

今後もリモートワークを導入する企業はますます増え、リモートワーク人口は増えていくと予想されます。

こちらの記事でも在宅ワークの職種について取り上げています。

在宅ワークでできるおすすめの仕事15選

テレラボならリモートワークの職種も豊富!

caption

テレラボではリモートワークの求人のみ掲載しています。リモートワーク転職でお悩みの方はぜひご利用ください。

テレラボの特徴は

  • リモートワークの求人のみを掲載
  • 高単価なIT系企業の求人を多数掲載
  • 詳細なリモート条件による検索でそれぞれにあった求人をご紹介

まとめ

今回はリモートワークに向いている職種の特徴と実際の職種についてご紹介しました。リモートワークについて気になっている人のお役に立てれば幸いです。

最新のコラム記事COLUMN

コラム をもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビュー をもっと見る