テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

在宅SE(システムエンジニア)ってどんな仕事?収入や始め方など徹底紹介

目次

  1. 1. 在宅SEについて徹底紹介!
  2. 2. SE業務は在宅でもできる?
  3. 3. 在宅SEの案件は多い?
  4. 4. SEの「在宅ワーク」と「テレワーク」の違い
  5. 5. 初心者でも在宅SEになれる?
  6. 6. 初心者でもできる在宅SEの始め方
  7. 7. 初心者から在宅SEを目指す場合の準備
  8. 8. ブランクがあっても在宅のSEは自分のペースで始められる
  9. 9. 在宅SEにおすすめの資格
  10. 10. 在宅SEの収入
  11. 11. 在宅SEに必要な環境とは?
  12. 12. 在宅SEのメリットは?
  13. 13. 在宅SEのデメリットは?
  14. 14. 在宅SEならテレラボがおすすめ
  15. 15. まとめ

在宅SEについて徹底紹介!

caption

在宅SEとは読んで字のごとく在宅でするシステムエンジニアのお仕事です。システムエンジニアのお仕事とは、あるシステム構築を行う際にユーザーから要件をヒアリングし、システム要件を要件定義書にまとめて、プログラマーやデザイナーなどに仕事を依頼し、まとめるお仕事です。

広義では、プログラマーやデザイナーなどもSEと呼ぶこともあります。ですが、基本的にはシステム設計を行うお仕事と理解しておけばいいでしょう。SEはシステムの設計ばかりか、そのシステムの運用管理の設計を行うケースも多いものです。

今回はそんな在宅のSEの仕事について収入や始め方、メリットデメリットなど様々な観点で紹介していきたいと思います。

在宅でできるおすすめの仕事15選をご紹介

SE業務は在宅でもできる?

caption

SEのお仕事やプログラマーのお仕事は在宅でもできます。むしろ会社で雑務に追われるよりも集中力を高める在宅環境で自由に仕事ができることはSEにとって大事ではないでしょうか。

ただし、長年のブランクがあって在宅でSEのお仕事には就きにくいもの。なぜならSE業界は日進月歩で変化が激しいからです。ですが、ブランクがあるからこそ再就職は難しいともいえます。ブランクがあるなら再就職よりも在宅SEから始めてみてはいかがでしょうか。

在宅勤務の実態ついて徹底解明 | メリットやデメリットは?

在宅SEの案件は多い?

caption

実はSEのお仕事はリモートワークでもやりやすいため、在宅案件がたくさんあります。もちろん、必要に応じてSkypeなどで打ち合わせが必要なケースもあるでしょう。要件定義までは打ち合わせに参加する必要もあります。

ですが、実際に設計・構築段階になれば自由に在宅勤務で業務を遂行することが可能。営業などとは違いSE業務はどこにいてもできる特徴があり、在宅ワークのSE案件は多い傾向にあります。

SEの「在宅ワーク」と「テレワーク」の違い

SEの在宅ワークとテレワーク何が違うの?と感じることもあるでしょう。2つの違いについてそれぞれの言葉の意味から詳しくご説明します。

SEの在宅ワークとは

caption

SEの在宅ワークとは、一般的にはフリーランスの形態をとった働き方を指しています。つまりは、会社には所属せずに複数のクライアントと契約を交わして独立してSE業務を行うことです。

新しい働き方「在宅ワーク」について徹底紹介!どんな仕事?

SEのテレワークとは

caption

テレワークの「テレ」は電話という意味だけではなく、「時離れた場所」という意味があります。つまりは、テレワークとはSEが離れた場所で仕事をすることを意味するのです。SEのテレワークとは、会社に所属して自宅やカフェなどで仕事をする形態を指しています。

フリーランスで働く在宅のSEとは違いテレワークのSEは会社員ということです。

下のリンク先ではテレワークについてご紹介しています。

新しい働き方「テレワーク」について徹底解明!メリットや導入方法まとめ

初心者でも在宅SEになれる?

caption

初心者が在宅SEのお仕事を始められるのか?についてですが、はっきりいって大変難しいでしょう。もちろんゼロから学んで資格なども取得してSEになる道はあります。ですが、お金も時間も相当かかると覚悟してください。

そして実績が問われる世界ですのでもしも自分で学んでもコネもありませんし、クラウドソーシングでも信用が得られるとは限りません。

それでも在宅SEを目指す場合には、システム設計に関わるフロントエンドの勉強、主にHTMLやCSS、JAVAScriptなどの基本について学んでいきましょう。また、webデザインに関わる知識としてPhotoshopやIllustratorなどの知識も身につけた方が有利。その他、プログラミングの知識もある程度は必要です。

各種セミナーや講座などで基礎をしっかり押さえた上でシステム設計をこなせるようになっていきましょう。そしてSEに求められるスキルは顧客の要件をしっかりまとめられるスキルです。コミュニケーション能力は必須と考えてください。

初心者でもできる在宅SEの始め方

在宅でSEのお仕事を探している方は以前にも会社員としてSE業務をしていた方が多いかもしれません。ですが、初心者からでも始めてみたいと感じる方もいることでしょう。初心者でもできるSEのお仕事の始め方をご紹介します。

在宅SEの仕事の探し方①:クラウドソーシングサイトで受注する

caption

初心者が在宅SEのお仕事を探すならクラウドソーシングサイトがおすすめ。在宅のSEの求人は多いため、すぐに見つけられます。

クラウドソーシングサイトでおすすめなのが、クラウドワークスやランサーズ、ママワークスです。ママワークスは女性の方が探しやすいかもしれません。ですが、クラウドワークスやランサーズは男性での働きやすい案件が豊富に揃っています。

在宅ワークに大人気おすすめクラウドソーシングサイト10選

在宅SEの仕事の探し方②:求人サイトで探す

caption

実は求人サイトにも在宅案件がたくさんあることはご存知ですか?ただし求人サイトの場合には、会社勤務でのテレワークになる可能性もあります。会社に所属せずにフリーランスで働きたい場合には、クラウドソーシングサイトの方がおすすめです。

おすすめの求人サイトはindeedや求人ボックス。求人数も多く初心者でも始められる案件が揃っています。システム設計のお仕事は少ないものの、フロントエンドエンジニアの求人なら豊富にあります。

下のリンク先ではおすすめの求人サイトを紹介しています。

【徹底解説】リモートワーク の求人サイトおすすめ6選|探し方のコツは?

在宅SEの仕事の探し方③:ブランクがある方は前の職場の紹介や知人を頼る

caption

もしもブランクがあってSEのお仕事を在宅で探す場合には、前職時代の知人や上司・同僚などを頼って仕事を見つける方法が早いでしょう。当時お付き合いのあったパートナー会社などに相談しても見つけやすいかもしれません。

以前働いていた会社に当たってみると在宅のお仕事を受注できる可能性もあるでしょう。

ただし、求人は高倍率のケースが多いため、地道に応募していく必要があるでしょう。実績をアピールできると受注しやすくなります。

初心者から在宅SEを目指す場合の準備

初心者が一からSEを目指して在宅で働くためにはたくさんの事前準備があります。学ぶことはたくさんありますので、心して臨んでください。

最初はSE業界の最新動向を勉強する

caption

まずは最新技術動向や最近のトレンドを自分なりに学んでいきましょう。SEの雑誌やニュースサイトを熟読し、理解した上でSEを目指していくべきです。SEの世界はすぐにトレンドが変化します。始めてSEになる方は業界動向をしっかり掴んでおきましょう。

在宅SEは出社して他のエンジニアとコミュニケーションをとる機会がないため、在宅で正しい仕様書や設計書を作らなければなりません。システム開発のインフラ構築に関しては他のエンジニアの仕様書をもとに自分で構築できるくらいのレベルが必要になってきます。

SE研修などに積極的に参加する

caption

在宅SEになろうと決めたなら、できるだけSEに向けた研修などにも参加していきましょう。プログラミングのセミナーやwebデザインの研修など学ぶことはたくさんあります。

在宅で全てを完結することは難しいかもしれません。学ぶ場合には会場にも足を運び最新のトレンドを目で見て認識することを忘れないでください。

ブランクがあっても在宅のSEは自分のペースで始められる

在宅のSEのお仕事はブランクがあったとしても自分のペースで始められるため、何も恐れる必要はありません。むしろ再就職してSEのお仕事をこなしていく方が難しい可能性があります。

SEに復帰したいならまずは在宅SEとして働いて仕事の勘とセンスを思い出していきましょう。

最新のトレンドを把握しておこう

caption

SEの世界は3ヶ月以上ブランクがあると再就職は難しいといわれています。そのくらいSEのトレンドはすぐに変動していくもの。

ブランクがあっても在宅SEを目指すなら最新のトレンドをしっかり把握していくことを忘れずに。あなたが思う以上に昔とは違うと理解してください。

過去のSE実績をアピールする

caption

確かに最新動向は重要ではありますが、だからといって、過去の実績はもう当てにならないというわけではありません。仕事を受注していくためには過去の実績も最大限にアピールすることが大切です。

どういうシステムも構築してきたのか、世の中にどのような変化をもたらしたのか等は大きな評価ポイントになります。遠慮せずにどんどんアピールしていきましょう。

在宅SEにおすすめの資格

在宅SEになるために資格が必要というわけではありませんが、資格を持っているだけで自身のスキルの向上になりますし、他者に自分にスキルがあることをアピールする材料となるので、持っていると便利です。資格には国家資格とベンダー資格があります。国家資格は名前の通り、国が実施している国家資格試験で、ベンダー資格とは私企業が実施している資格試験です。

今回は代表的な国家資格を2つ紹介していきます。

在宅SEにおすすめの資格①:基本情報技術者試験

caption

こちらは初心者の方におすすめの最も多くのエンジニアが取得しているといわれている資格です。

毎年春と秋の2度実施される試験です。

この資格はITエンジニアの登竜門と言われていて、最も基本的な知識とスキルが求められます。そのため、SEだけではなく数多くのITエンジニアも持っている資格です。

在宅SEにおすすめの資格②:応用情報技術者試験

caption

応用情報技術者試験は基本情報技術者試験よりもワンランク上のレベルの知識と技能が必要です。

出題範囲は技術だけではなく、経営や管理などの幅広いです。幅広い知識と応用力が必要なので、この資格をとる事ができれば、様々な案件をこなす事ができるようになります。

試験は基本情報技術者試験と同じで春と秋の年2回の実施です。

在宅SEの収入

caption
Web、オープン系のシステム開発512万円
社内SE510万円
マイコン、ファームウェア、制御系のシステム開発490万円
汎用機系のシステム開発508万円
最高年収800〜1350万円

気になる在宅SEの職種別の平均収入は上の表の通りです。大体500万円前後で、普通のサラリーマンの平均年収は400万円ほどなのでサラリーマンより少し稼げるくらいです。

また、年代別に見ると20代で400万円、30代で500万円ほどになるそうです。

案件の規模や在宅SEのスキル次第で1000万円越えすることもあります。

在宅SEに必要な環境とは?

caption

基本的にはPCとネット環境があれば在宅SEになることは可能です。

あとはWeb会議ツールやチャットツールなどのコミュニケーションツール、タスクの管理ツールをPC内にインストールしておくと便利です。

下のリンク先にはリモートワークにおすすめのツールをご紹介しています。

リモートワークにおすすめのツール32選!【これだけあれば安心】

在宅SEのメリットは?

SEを目指すなら、在宅ワークとオフィス勤務のどちらがいいのかと悩む方もいます。在宅SEのメリットを理解して魅力を感じたなら在宅ワークから始めてください。

また、下記のリンク先で在宅勤務のメリット・デメリットをご紹介しているのでぜひご覧ください。

在宅勤務のメリット・デメリットを徹底紹介|口コミは?

在宅SEのメリット①:自分のペースで働ける

caption

在宅ワークのメリットは自分のペースで働けるということです。SE業務は激務のことが多く朝から晩まで働きづくめて休日もまともに取れません。

例えば健康を害して仕事を辞めた過去があるなら在宅ワークで自分のペースで働く方がいいでしょう。無理なく仕事をこなすことで健康を取り戻すこともできます。

また、移動時間も削減できるので、自分の時間を確保する事ができます。

在宅SEのメリット②:家事や育児と両立が可能

caption

結婚や出産などで仕事から離れたなら、在宅ワークに切り替えることで家事や育児との両立も可能。

SEのお仕事はやりがいがあり女性でも仕事を続けたいと願う方が多いもの。ですから、もう一度働きたいという熱意があるなら無理に就職せずに在宅でSEのお仕事をこなしていく方法があります。

在宅SEのメリット③:自分に合った環境で集中できる

caption

SE業務はクリエイティブな仕事のため、集中できる環境が重要になります。

自分の好きな音楽を聞きながら、落ち着いた環境で仕事ができることは在宅SEの大きなメリットです。業務効率も格段にアップする可能性が高いでしょう。

在宅SEのメリット④:受注次第で大きな収入を得られる

caption

在宅SEの案件は個人で受注する場合には契約金額が高額なケースが多く、全て個人収入になります。

もちろん課税対象にはなりますが、大きな収入を得られる可能性があることも在宅SEのメリットです。

在宅SEのデメリットは?

在宅SEにはデメリットもありますので、始める前に確認しておきましょう。

下のリンク先でリモートワークのデメリットについて紹介しています。参考にしてみてください。

リモートワークのデメリットとその解決策を徹底解説!

在宅SEのデメリット①:在宅SEは最新技術の動向を掴みにくい

caption

会社勤めとは違い最新の技術動向を掴みづらいことはデメリットになるでしょう。会社にいれば同僚の話や会議の場でトレンドを掴みやすいはずです。

ですが、一人で在宅でSEをしている場合には、最新の技術動向をキャッチしにくいことがデメリットになってしまいます。

在宅SEのデメリット②:在宅ワークは時間管理が難しい

caption

SEに限らず在宅勤務では時間管理が難しいもの。ついつい仕事に夢中になってしまい、気がついたら徹夜していたというケースもあるでしょう。

時間管理に自信がない場合には、在宅SEには不向きかもしれません。納期管理もしっかり自己責任で行う必要があります。

在宅SEのデメリット③:納期に追われる可能性も

caption

在宅SEをしていると次々に仕事を受注してしまうケースも。気かついたら納期に追われて仕事漬けという状態に陥ってしまいます。

自由にのんびり働こうと在宅ワークを選んだはずが会社員時代よりも忙しいというのはありがちです。

在宅SEならテレラボがおすすめ

caption

テレラボではリモートワークを実施している企業のみの求人を掲載する求人メディアです。

テレラボは高単価なIT系企業の求人のみを多数掲載しています。詳細なリモート案件による検索によりそれぞれにあった求人をご紹介できます。

まとめ

caption

SEのお仕事は在宅でも充分働くことができます。そして高額収入も得られやすい職種です。しかし、初心者が始める場合や長期間のブランクがある場合には、最初にそれなりに学んでトレンドや技術を掴む必要があるでしょう。

ですが、不安になって前に進まないのは自分にとってマイナスでしかありません。不安がらずに思い切って前に進んでみてください。きっとやりがいを感じながら仕事をこなしていけるはずです。

最新のコラム記事COLUMN

コラム をもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビュー をもっと見る