テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

在宅フリーランスおすすめ職種8選 | 特徴や探し方をご紹介

在宅のフリーランスという働き方が注目

caption

新型コロナウイルスの流行により在宅勤務の需要が一気に増加しました。そんな中、注目されているのが「在宅フリーランス」という生き方です。

在宅フリーランスはパソコン一台とインターネット環境さえあれば働けることが多く時代にあった自由な生き方だと言えるでしょう。

今回はそんな在宅フリーランスのメリットやデメリット、仕事の探し方やおすすめの職種について説明していきます。ぜひ在宅フリーランスという生き方に興味がある方は参考にしてみてください。

在宅フリーランスのメリット

まずは在宅フリーランスでのメリットについて紹介していきます。会社員として働いているときに感じることが解消されることがわかるのではないでしょうか。

在宅フリーランスのメリット① | 組織的な縛りがなくなる

caption

会社員として働いていると会社のルールに従うことになります。そのことによって、上司や同僚との人間関係やコミュニケーションがなくなります。会社で働く上で人間関係が悩みという人がほとんどです。

在宅フリーランスのメリット② | 自分ですべて決められる

caption

在宅でのフリーランスの場合、会社での勤務とは異なってすべて自分で決めることができます。

会社で働いていると基本的には上司や会社に決定権があります。その決定権を自分自身ですべてコントロールできるようになるので、思いのままに仕事を進めることだってできるのです。

在宅フリーランスのデメリット

在宅フリーランスのメリットの逆にはデメリットもあります。意外とデメリットの方が大きく感じる方がおられるかもしれません。

在宅フリーランスのデメリット① | 仕事はすべて自分から獲る必要がある

caption

在宅でフリーランスとして働く場合には、会社から仕事が与えられることがない分、自分から主体的になって仕事を獲っていく必要があります。

また、自分自身が主役になるということからも、メディアを通じて自分自身を積極的に売り込んでいく行動力が必要です。

在宅フリーランスのデメリット② | 休むとお金が入らなくなる

caption

在宅でのフリーランスだと自分自身で仕事のペースを決めることができる反面、休んでしまうとお金が入らなくなってしまいます。

会社で正社員として働いていて体調を崩してしまったとしても有給休暇という形で収入を得ることができる反面で、在宅でのフリーランスだと休んでしまった分、仕事が止まってしまうのです。

また、ずっと仕事のことばかりが気になってしまって、意外とストレスに感じてしまうことさえあります。

フリーランスだとおしゃれな喫茶店で仕事ができるので、ときには場所を変えて仕事をすることで気分転換してもよいでしょう。

在宅でのフリーランスの仕事の探し方

新型コロナウィルスの流行に伴い、在宅でのフリーランスを考える方が増えているのではないでしょうか。

在宅でフリーランスとして働くことで通勤時間を抑えることができるメリットなどがあります。これにより、会社員よりも自由な働き方ができるようになります。

在宅でのフリーランスの仕事について解説していきます。

ベンチャーやスタートアップ企業から探す

caption

在宅での仕事は大企業よりも起業して間もないベンチャーもしくはスタートアップ企業に多く見られます。

ベンチャーやスタートアップ企業の場合、大企業と比べて人材を確保しにくいことがほとんどです。そのような事情から週3回くらいの勤務の働き方を求めることがあります。

在宅でフリーランスを行う上で、企業と良い信頼関係を作ることは非常に大事です。これらの求人サイトから在宅ワークを探してみるのが良いでしょう。

クラウドソーシングから探す

caption

インターネットを介して仕事を探す上でクラウドソーシングを利用する方法があります。クラウドソーシングのサイトとしてクラウドワークスやランサーズが有名です。

クラウドソーシングの特徴として、仕事の案件が豊富なことです。Webライター、翻訳、プログラミングなどの幅広い仕事があります。

実績がないと単価の安い案件から始めることが多いですが、仕事をこなして実績を作ることで高単価の仕事も受注しやすくなるのです。

特にクラウドソーシングの場合には時間に拘束されることがほとんどないので、会社員と併用しながら在宅でのフリーランスへの道に幅を広げることもできます。

未経験でもやりやすい在宅フリーランスの仕事3選

まずは未経験でも始めやすい在宅でのフリーランスの仕事として、クラウドソーシングの仕事について紹介します。

クラウドソーシングでは、ネットを通じて業務を行うことになり、高い専門性を求められることがないから、在宅でのフリーランスのとっかかりとしておすすめの仕事になります。

ライター

caption

未経験者だったとしても取り組みやすい仕事として、ライターがあります。クラウドソーシングでは特にWebに特化した仕事がたくさんあります。

ライターの仕事では文字単価が0.1円という低単価で始めることが多いですが、最初は低単価でもいいので、どんどんこなしていくことが大事です。一般的には文字単価0.5~1.0円の案件がほとんどです。

実績を積み重ねていくことで、文字単価を3.0~5.0円まで上げることもできます。この単価まで上がると専門性が求められることが多くなる傾向にあります。

フリーランスでライターとして稼げる年収の相場は100~500万円です。

クラウドソーシングを通じて行う仕事としてブログ作成代行、電子書籍、シナリオライターなどがあります。これらの業務を簡単に説明していきます。

● ブログ作成代行

ブログ作成では幅広い仕事があります。テーマとしては副業、転職、トレンド、健康系などの幅広い仕事をすることになります。

得意なジャンルあるいは書いてみたいと思うジャンルの中から選ぶことができるので、負担なく業務にとりかかれるのがメリットです。

ブログ特有の文章作成のスキルを積むことができ、他の案件を受けたときにポートフォリオ(実績)としても利用できるので、どんどん仕事をとりやすくなっていきます。

● 電子書籍

あなた自身の経験や体験談を電子書籍として作成することになります。あなた自身のこれまでの人生を振り返る上でも良い経験になるのではないでしょうか。

場合によっては電子書籍作成のためのリライトを行うこともあります。ネットもしくはクライアント側から提供いただいた資料をもとに、電子書籍用に書き変えることになります。

● シナリオライター

YouTubeなどで動画をご覧になった方が多いのではないでしょうか。YouTubeで動画を作り上げるにしても台本が必要です。その動画用のシナリオを作成することとなります。

台本のシナリオを作成するにあたっては、相手の意図を理解して作成することになります。相手のコンセプトとずれないように、かつ動画で面白く伝わるように工夫することが大事です。

在宅ライターについて詳しく見る 

翻訳

caption

ライター以外に在宅でのフリーランスとしておすすめできる仕事は翻訳になります。翻訳の場合には特化した言語の知識が必要です。

ここでの翻訳は英語だけでなくフランス語や中国語などもあります。自分の得意な言語を活かして仕事をすることができるのです。

英語や中国語以外のメジャーではない言語の場合には対応できるワーカーが少ないこともあり、高単価になることもあります。

ときどき専門性が必要になることもありますが、未経験からでも始められる仕事がたくさんあります。

クラウドソーシング経由で行う場合には、単価が低くなりがちです。翻訳の案件でもライターと同じように、英語から日本語に翻訳した場合でも、日本語での文字単価が1.0円未満のこともあります。

翻訳での年収は100~300万円が相場です。翻訳ができたからといって、ライターとそれほど年収が変わらないことになります。

在宅の翻訳の仕事について詳しく見る 

ウェブ・デザイナー

caption

在宅でのフリーランスとして、ウェブデザイナーもおすすめです。ホームページを作成することになるため、ライターや翻訳とは異なるデザインのセンスが問われます。

また、このデザインにはユーザーの使いやすさも含まれるので、デザインの奇抜さだけでなく、ユーザーの視点に立って出デザインできるかどうかが問われることになります。

ウェブデザイナーとして働くためにはフォトショップのような画像加工技術ができるスキルが必要になってきます。これにプログラミング言語が理解できていると仕事の幅を広げることが可能です。

その分、差別化しやすいことがあって、高単価の案件が多くなります。単価としては安くて1件数千円からとなり、高単価だと1件で10万円までにあがるので、幅広い単価の設定になっています。

ウェブデザイナーの年収としては、300~500万円の層が多いです。人気があるデザイナーだと年収1400万円以上の方がいるくらいです。

在宅のデザイナーについて詳しく見る

ネットを使う在宅でのフリーランスの仕事5選

ここからはクラウドソーシング以外でのインターネットビジネスを利用した仕事を見ていきます。

自身に合ってる仕事があったら取り入れて在宅での働き方を広げてみてはいかがでしょうか。

フリマ・ハンドメイド

caption

メルカリなどのフリマアプリを利用して自分自身で作った商品などを売ることで収入にするビジネスになります。

在宅でハンドメイドをフリーランス事業に変えていきたいと考えているデザイナーの卵の方に向いている仕事です。

フリーランスで出店できるサイトとしてはCreemaやminneがなどがあります。これから在宅でハンドメイドを取り入れたい方は登録してみてはいかがでしょうか。

ここで注意点があります。いくらハンドメイドで良いものが作り出せたとしてもインターネット上で見てもらうことができなかったら買ってもらえないことになるのです。

そのため、インターネットを通じて商品を売ることの特徴、出来上がった商品をお客様にとって魅力的なものに仕上げることができるかなどのセンスも問われることになります。

このようなことから、普段からネットに掲載したときの相手側の反応を知っておくことが大事になってきます。一人で判断できないときには友達の反応などを取り入れてみても良いかもしれません。

instagramなどのSNSを活用することでファンを集めることもできるのです。ハンドメイドでの在宅フリーランスなら、積極的にSNSを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ハンドメイドでは月150万円以上の売り上げを出しているクリエーターもいるくらいなので、ハンドメイドを通じて可能性を広げたいと考えている方はぜひチャレンジしてみてください。

転売(せどり)

caption

在宅でのフリーランスに向いている仕事として、転売・せどりという方法があります。あなた自身もしくは仕入れてきたアイテムをインターネットを通じて販売し、差額を収入にする方法です。

転売をする商品としてはCD、家電製品、書籍などがあります。これらを安く仕入れて高値で転売することを「せどり」とも言われます。

ネットでの転売の方法としては、インターネットでオークションをおこなっているサイトに出品することになり、その中で値段をどんどんアップしていくことで収入が多くなる仕組みです。

転売というビジネスは思ったより売れないこと、値段が思ったより安値になってしまう問題があります。そのようなことから、フリーランスでも副業としての位置づけで行っている方が多いのです。

また、転売の場合には中国から安く購入する方法を選ぶ方が多くみられます。このような特性から、商品を仕入れるための資金がどうしても必要になってくるのです。

転売を行うときには資金だけでなく、商品を在庫として保管することも考えないといけないので、ある程度お金がある段階からスタートした方がよいでしょう。

オークションのサイトとしては無料で利用できる場合と販売価格の一部を運営サイトに支払う場合があります。運営サイトに支払う支出を少なくするためにも無料サイトを選ぶこともポイントです。

アフィリエイト

caption

自身が発信しているブログを通じて広告リンクや広告バナーを利用することで、ブログのサイトを通じて広告収入を得る方法です。ブログを通じて収益化する方は「ブロガー」とも呼ばれています。

フリーランスでアフィリエイトを利用して収益化していくためには、読者が興味を持ちそうな内容のブログを書き上げ、ブログを通じて収益化することが必要になります。

このときに読者が興味のある広告を置くこともポイントです。いくら良いものであっても読者が興味を示さなかったら広告をクリックしてもらうことさえ難しくなってしまいます。

このようなことから、広告とブログの内容をうまくマッチングさせるような工夫も必要になるのです。

ブロガーとして安定的に収益化するのは予想以上に時間がかかります。うまくいかなかったら半年間収益がでないこともあるのです。

その代わり、フリーランスとして戦略的にコンテンツをアップすることができれば、月100万円以上稼ぐことも十分に達成できる可能性があります。

YouTuber

caption

今や知らない人はいないと言っても過言ではないのがYouTubeです。あることをテーマにYouTubeを通じて動画を発信することになり、動画に広告を貼りつけることで広告収入を得る方法です。

YouTubeが登場してから15年くらいという歴史ではありますが、YouTubeを通じて大きな収益に繋げている方がいれば、途中から参入して大きな収益を出している方もいるので、幅広い方がコンテンツとして利用しています。

YouTuberになるためには、動画撮影だけでなく動画編集のスキルも必要になってきます。動画用の台本も考えることも大事な仕事です。動画を見てもらうには、サムネイル(動画トップ画面)の作り方も大事になります。

カメラの照明や音響などでも動画の見栄えが全く違うものになるので、動画の仕上げ方によってはかなり再生回数を稼ぐことが可能なのです。

ただし、これらの道具を揃えること自体大きな出費になってしまうこともあります。今はスマホ1台でYouTubeにアップすることができて、非公開での投稿することができます。これにより、YouTubeへのハードルを下げることも可能です。

YouTubeでの収益の目安として、1回の再生で0.1円と言われていますが、実際には0.01~0.4円くらいの幅があります。この単価は動画コンテンツや広告主の事情によって変動しやすいことが特徴です。

プログラミング・システムエンジニア

caption

在宅でフリーランスとしてプログラミングを取り入れる方も多く見られます。システムエンジニア(SE)の経験がある場合には取り入れやすい在宅ワークとなるのです。

在宅でプログラマーとして活躍する方の特徴としては、SEとして勤務していたときにお世話になっていた取引先もしくは取引先の会社からの紹介が多いようです。

この方法以外に、最初に紹介したクラウドソーシングを介した業務の取り組み方もあります。一般的にはライターとして取り組むよりも高収入になる可能性が高い案件です。

在宅フリーランスとして仕事を進めるには、仕事を継続的に受注し続けることが大事になります。クラウドソーシングでの仕事を探しつつ、それ以外では仕事を探す手間をできる限り抑える管理力も大事です。

在宅でプログラマーとして取り掛かる場合には相手の顔が見えないことがほとんどなので、たくさんのプログラマーの中から選ばれるスキル、人間力、アピール力が求められます。

そのようなことから、目で見えるスキルを証明できる資格や実績をある程度積んでおくことが在宅フリーランスとして成功させるためのポイントとなります。

在宅フリーランスエンジニアについて徹底紹介

まとめ

在宅でのフリーランスを始めるための仕事の始め方として、ある程度スキルがあるのかどうかをきちんと見定めることがポイントです。

最初の段階でスキルがないのであれば、これから在宅フリーランスとして積み重ねていきたいスキルをどんどん積み重ねていくことでキャッチアップする方法もあります。

フリーランスとして働くことのメリットとデメリットもしっかり把握しておくことが新たなビジネスへのステップとなるはずです。

この記事を通じて、在宅でのフリーランスへの一歩としていただけると嬉しいです。

カテゴリー

最新のコラム記事COLUMN

コラムをもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビューをもっと見る