テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

内職で必要な税金まとめ!確定申告の際に知っておきたいことは?

内職をする際の税金について徹底紹介

caption

内職をした場合に、税金をどうしたらいいのかを悩む人も多いでしょう。一般的に内職をする場合はご自身で確定申告をする必要がある場合が多いです。

今回は、どんな内職なら税金がかからないのか、また税金をどう申告するのかについて詳しく見ていきますので、内職をしている方、あるいはこれから内職をする方は参考にしてみてください。

【大人気】在宅でできる内職バイト特集 | 稼げるおすすめの内職は?

いろいろな種類がある最近の内職

caption

最近は、いろいろな種類の内職があり、在宅ワークとして、ネットビジネスを行ったり、フリーランスで仕事をしたり、ハンドメイドなどをネットを活用して販売したりする人が増えています。

そうした内職や在宅ワークをしている人の場合に、大きな収入が得られるようになると、税金を納める必要が出てきます。経費を差し引いて所得をきちんと計算した上で、税金を納めることが必要です。

内職を始める場合には、どのくらいの所得が見込め、それによって税金がかかるのかからないのかなどを最初に検討しておくことが大切になります。

副業として所得を抑えたいのか、本格的に内職をしたいのかを最初に考えておくことも必要でしょう。

内職の場合の税金はどう考えたらいい?

最近では、新型コロナウイルスの影響で内職や在宅ワークをしている人も多くいますが、副業として行った場合と主婦や独身などでそれだけを仕事として行った場合とで少し異なってきます。

それぞれの場合に、税金をどう考えたらいいのかについて詳しく見ていきます。

会社に勤めていながら内職した場合

caption

会社などに勤めて給料をもらっていて、副業として内職をした場合には年間所得が20万円が一つの目安です。20万円を超える場合は確定申告が必要で、20万円以下の場合は不要です。

所得、つまり収入から経費を差し引いて20万円を超えた場合に税金を納める必要がありますので覚えておくといいでしょう。あまり頑張って内職をした場合は、税金の心配も出てきますので気を付ける必要があります。

パートの場合も、掛け持って内職をしている場合などは税金を考えなければなりません。

税金がかからないようにする場合は、年間所得が20万円以下に抑えるようにしましょう。

主婦や独身で会社に勤めずに内職した場合

caption

主婦や独身で会社に勤めずに内職をした場合には、所得が38万円を超えると税金がかかります。税金を納めるため確定申告が必要となってきます。

この場合も税金がかからないようにしたいならば、年間所得が38万円を超えないようにするのがおすすめです。

それぞれで内職をする際の税金のかからない金額が20万円以下と38万円以下と異なってきますので、知っておくことが大切です。

内職の税金を確定申告する際は、雑所得?事業所得?

また、内職の税金を確定申告しなければいけなくなった場合には、雑所得なのか、事業所得なのか、どんな項目で申告するのかを考える必要があります。

雑所得とは何か

caption

まず、雑所得とは何かですが、利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得、一時所得のどれにも当たらない所得となっています。

内職を雑所得にする場合には、内職を始める際の手続きなども不要です。開業届なども必要なく、そのまますぐに始められます。

所得も、それぞれに税金のかからない20万円、38万円以下であれば、何の申告も必要ありません。それぞれの金額を超えた場合だけ、雑所得として確定申告します。

非営利目的の場合の雑所得は納税なし

caption

また雑所得の場合には、非営利目的の場合には、税金を納めなくてもよくなるのが特徴です。

例えば、最近人気のネットオークションやフリマアプリなどで不用品を販売した場合には、利益目的とは見なされませんので税金を納める必要がありません。不用品を処分したということになり、営利目的になりません。

ただし、自分で作ったものをネットオークションやフリマアプリで売った場合は営利目的となり、収入と見なされますので注意が必要です。経費を差し引いて所得を計算する必要があります。

事業所得とは何か

caption

内職を事業所得にする場合には、始める際に開業届を出す必要がありますので覚えておきましょう。事業所得にすると税制上に様々なメリットがありますので、おすすめです。

例えば、内職が赤字の場合などは会社の給与などと損益を合算して計算することが可能です。そのことによって、所得税が還付されることがあります。また、経費もいろいろな経費が認められやすくなるのがいい点です。

長く続けるような内職であれば、開業届を出して内職をするのもいい方法と言えます。

また、事業所得にして複式簿記で記帳することで青色申告が行えるようになります。青色申告では65万円の特別控除が受けられるようになり、記帳は面倒ですが、控除が大きいというメリットがあります。

内職に関しては経費をしっかり把握することも大事

caption

申告する際についてですが、内職や在宅ワークでは収入がある程度あったとしても、経費が意外と掛かっていることが多くあります。自分一人で内職をしている場合でも、経費をしっかり把握しておくことが大切です。

税金を払わなければならないかどうかを考える際には、収入-経費=所得を計算して考えますので、経費をしっかり記録して計算しておきましょう。

パソコンで仕事をしている場合は、パソコンやネット料金などが費用になったりしますので、様々な費用を調べて計算しておくことがおすすめです。

内職の際の住民税はどうなる?

caption

所得税については、わかりましたが、内職の場合の住民税も気になります。雑所得が年間33万円を越えた場合には住民税も支払う必要が出てきます。

住民税は申告した次の年からになりますが、支払いの義務が発生しますので気を付けましょう。

扶養になっている場合に内職したらどうなる?

また、夫の扶養に入っている場合の内職についての税金についてもご紹介しますので参考にして下さい。

年収103万円を超えるとパートなどの場合と同じように扶養を外れることになり、多くの税金を納める必要が出てきます。ただ、それでもパートの場合と同じように141万円以下であれば、夫が配偶者特別控除で税制の優遇を受けることができます。

家内労働者の特例とは?

caption

また内職が「家内労働者(内職従事者)」に適用された場合については、特例があります。「家内労働者等の必要経費の特例」で55万円まで経費に認められ、所得が少なく計上できるメリットがあります。

「家内労働者(内職従事者)」とは、家内労働をする人、集金人の場合や特定の人に対して継続して労務の提供をする人となっています。

つまり、「家内労働者(内職従事者)」と言っても、家で労働する人のことを全て言うわけではありません。不特定多数の多くの人にサービスを提供する場合はこれに当たらず、教室やサロンなどを家で行っている場合は「家内労働者(内職従事者)」にはなりませんので気をつけましょう。

必要経費を差し引いた所得が55万円に満たない場合に「家内労働者(内職従事者)」の特例が受けられます。

内職の税金については最初に検討することが大事

caption

内職の税金について見てきましたが、内職をする際には最初にしっかり検討しておくことが必要です。税金が掛かってもいいのか、実際にいくら位の税金が掛かるのかを計算しておきましょう。

また、税金をどのように確定申告するのかも考えておきます。最初から、きちんと収支を記録しておき、所得も計算しながら内職を行うようにするのがおすすめの方法です。

内職をする際には、一人で税金のことまで考えなければなりませんので、事前に調べて準備することが大切です。

最新のコラム記事COLUMN

コラム をもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビュー をもっと見る