テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

在宅の事務ってどんな仕事?給料や仕事内容について徹底解説!

友だち追加

在宅の事務の仕事について徹底紹介!

caption

今回のコラムでは、在宅ワークの中でも、「在宅事務」に焦点を当てて執筆していきたいと思います。一概に在宅事務といっても、どんな業務をするのか?その際に必要なスキルはあるのか?など、疑問に思うことがたくさんあるかと思います。

今回は在宅の事務ってどんな仕事なのか、メリットやデメリットについて、そして在宅事務の仕事の探し方のコツについてご紹介したいと思います。

在宅の仕事のついてはこちらの記事でもまとめています。

在宅事務とは?

caption

そもそも、在宅事務とは、雇い主やクライアントから受け持った事務作業を会社のオフィスではなく、自宅やカフェなど、自由な環境に居ながら仕事ができる事務業務のことを指します。

一般的な業務イメージとしては、例えば、パソコンでデータ入力を行ったり、経費の計算をしたり、必要な情報をまとめたりする作業が中心です。

社会のIT化が進み、いつどんな時でも、インターネットを利用出来る世界になったことが在宅事務の需要拡大につながっている要因です。また、近年話題の新型コロナウイルス感染を避けるためのリモートワーク化も、需要拡大につながっていると言えるでしょう。

在宅事務のおすすめの業務5選

ここでは、実際に、在宅事務とはどんな仕事をするのか、求人ではどんな仕事が主に募集されているのかについて具体的に執筆していきます。在宅事務に興味をお持ちの方は、是非、参考にしてみてください。

データ入力

caption

雇い主やクライアントから任されるデータ入力は主に顧客管理と売上データの入力がメインとなることが多いです。クライアントから指示された規定のフォーマットに、いただいたデータ情報を詳しく入力していく業務が基本になります。

近年、ネットショッピングの需要増加に伴い、通信販売サービスを提供する企業がデータ入力業務の募集を増加させている傾向にあります。

データ入力は簡単な業務ですので、未経験者でも応募が可能ですが、基礎的なパソコンスキル(タイピングスピードやショートカット、Excel、Word)を使いこなせると、仕事の効率が良く、実績も評価されやすいです。

在宅のデータ入力の仕事について詳しく見る

電話受付・電話対応

caption

主にデータ入力と兼任する場合が多いですが、コールセンターのスタッフやテレアポのみを専門として雇われる場合も多いです。

こちらも未経験者でも応募が可能ですが、電話が鳴ったら3コール以内に出ることや会社名と自分の名前を名乗ること、相手の名前を復唱・確認してメモを取ること、会社に雇われている場合は各部署への取り次ぎなど、基礎的なビジネスマナーや電話応対のマナーが身についている人の方がやりやすい業務だと思います。

在宅のコールセンターの仕事について詳しく見る

会計・経理スタッフ

caption

経理の仕事は、伝票作成・入力などから申告書の作成、経営管理の予算編成、営業経費や給与支払いの管理、預金の出納管理などが主な業務です。

また、そのために必要な資料を作成したり、帳簿を記帳したりすることも経理の仕事です。月末には集計を行い、決算書を作成したりもします。

若干、スキルやノウハウが必要になってくる分野ではあるのですが、その点はインターネットや教材を使って独学勉強をしたり、実務に励みながら徐々に覚えていける範囲内だと思います。

サイト運営スタッフ

caption

インターネットサイトを運営する会社が主に募集をしている近現代的な在宅事務で、クライアントが管理するWebサイトの情報更新や管理を行う重要な業務です。

具体的な仕事内容としては、サイト内の情報更新やカスタマーサポート、ネットショップ運営であれば取扱商品の受注や発注などです。また、隙間時間に流行のトレンドやオススメ商品などを分析し、運営ブログの更新なども頼まれることも多いので、在宅とはいえ、かなり大変な仕事になります。

しかし、インターネットサイトやブログ、ネットショップ販売の仕組みなど、IT系のスキルやノウハウがお金をもらいながら身に付きますし、得られる利益も大きいので、やりがいのある素晴らしい職種だと思います。

貿易事務

caption

貿易事務は、輸出・輸入に関する複雑な手続きを引き受けて、それらをクライアントの意向に添いながら処理していく仕事になります。

具体的な仕事内容としては、通関に関連する書類の作成と申請、船や飛行機などの輸送手段の手配、輸送した品物を保管する倉庫の手配などが挙げられます。

輸出・輸入にかかわる法的な知識が必要になるほか、海外とのコミュニケーションが頻繁に発生するため、英会話でのカスタマーサポート、英文での書類作成など、高度なスキルを求められることが多いです。

その代わり、給与・報酬が他の事務職と比べると格段に高くなっていることが特徴です。やはり、お金を稼ぐことに楽な方法などありません。

在宅事務の報酬体系・平均時給

caption

在宅事務の仕事を考えたときに、多くの人が気になるであろう、各仕事の具体的な時給とその給与体系。利用する求人サイトや、個人スキルなどにも大きく左右されるため、的確かつ明確な金額を提示することは極めて難しいです。

今回は私がインターネットで調査した、在宅事務を「アルバイト」として始めた場合の、各仕事の具体的な時給とその給与体系について紹介していこうと思います。

まず、現在、市場に出回る多くの在宅事務で採用されている給与体系は、アルバイトの時給のように、1日に一定の作業時間が決められており、その時間に応じて報酬が支払われる時間単価制と、決められた仕事内容の作業量に応じて、納期までに納品することで報酬が支払われる出来高制・成果報酬型の2つがあります。

先ほど紹介した、「在宅事務のオススメ業務5選」の5つの職種を時間単価制のデータに焦点を当て、平均時給を調査したところ、以下のような結果になりました。

仕事内容平均時給
データ入力約1,000円
電話受付・電話対応約1,500円〜2,000円
会計・経理スタッフ約1,400円〜3,000円
サイト運営スタッフ約1,000円〜2,000円
貿易事務約1,500円〜2,000円

もちろん扱う業務によっても、ばらつきはあるため、一概には言えないのですが、参考にしていただけましたら幸いです。これを見る限り、やはり時給が良いものは、ある程度のスキルや経験を必要とする業務が多いですね。

在宅事務は時間とスキルがあれば、比較的稼ぎやすい仕事です。仕事に使える時間が多く、作業スピードが早ければ、それだけ多くの仕事をこなせます。

そのためにも、まずは在宅事務という仕事そのものに慣れることを意識し、その過程で必要なスキルを身に付けながら、自分に一番合った在宅事務は何かを探すことをオススメ致します。

在宅事務の仕事の探し方

在宅事務の仕事内容や報酬体系が分かったところで、実際に在宅事務をしてみたいと考えている人も多いかと思います。そこでここでは、現代的かつ、効率の良い具体的な仕事の探し方を紹介していきます。

インターネットの求人広告で探す

caption

在宅事務をするなら、大手企業から安定した仕事や報酬を得たいと考える人は多いのではないでしょうか?タウンワークやビズリーチ、indeedなど大手の有名求人サイトを利用することで、それらの優良企業に巡り逢える確率はかなり高まります。

実績のある求人サイトだからこそ、ブラック企業に引っかかりにくく、安心して在宅事務に集中することができるのです。

在宅ワークのおすすめ求人サイト7選

クラウドソージングサイトから探す

caption

近代的な仕事の探し方として、クラウドソーシングサービスを利用して探す方法も一つの手段です。

このサービスは在宅事務を含む、多くの仕事発注者と受注者を結びつける役割を果たしています。したがって、自分の希望する在宅事務の仕事を受注できる可能性が大いに高まるはずです。

まとめ

在宅事務は場所や時間に関して、自由度が高い分、セルフマネジメント能力が重視される職種です。また、クライアントの機密情報を取り扱う場合も多いため、情報漏洩の面には細心の注意を払わなければなりません。

人によってはストレスを感じる方もいるかもしれませんが、働き方の柔軟性の高さから、働き方改革の一環として、在宅事務は世間から多くの注目を集めています。

この記事を通して在宅事務という働き方について少しでも参考になれば幸いです。

友だち追加

最新のコラム記事COLUMN

コラム をもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビュー をもっと見る