テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

在宅勤務の正社員について徹底解説!メリットやコツをご紹介

目次

  1. 1. 在宅勤務の正社員も選択肢の一つ
  2. 2. 在宅勤務の正社員のメリット
  3. 3. 在宅勤務の正社員のデメリット
  4. 4. その他の在宅勤務のメリットとデメリット
  5. 5. 在宅勤務の正社員を続けるコツ
  6. 6. 在宅勤務の正社員を目指す上で用意したいもの
  7. 7. 在宅勤務の正社員の求人をどこで探せば良いか
  8. 8. まとめ

在宅勤務の正社員も選択肢の一つ

caption

働き方が多様化しており、オフィスを設けない会社も中には存在します。

不規則な生活を送っているもしくは家庭の事情などで毎日の通勤が難しいと感じている方もいるのではないでしょうか?在宅勤務も働き方の一つです。これから正社員を目指す際、在宅勤務がメインかどうかチェックするようにしましょう。

今回は在宅勤務で正社員を目指すメリット・デメリットをはじめ、働く際のコツなどを紹介します。在宅勤務を検討している方は是非一度チェックしてください。

在宅勤務の正社員のメリット

在宅勤務の正社員になると、一体どのようなメリットがあるか気になっている方も多いのではないでしょうか?コツをいくつか紹介するので、参考になれば幸いです。

在宅勤務の正社員のメリット①:通勤や移動の手間を省くことが可能

caption

会社勤務の場合、通勤や移動の手間があります。人によっては電車やバスに乗る時間が憂鬱と感じているのではないでしょうか?

在宅勤務の正社員になると、通勤や移動の手間をある程度省けます。ただし、仕事によっては打ち合わせでオフィスに移動しないといけない場合があるので注意が必要です。

在宅勤務の正社員のメリット②:業務に集中しやすくなる

caption

打ち合わせや会議の時間を普段の業務に当てやすくなるのもメリットの一つ。業務を中断させられるのが嫌、効率よく業務を行いたい方は在宅勤務を行うかどうか一度検討することをおすすめします。

在宅勤務の正社員のメリット③:仕事の時間を決めやすい

caption

育児や介護で仕事の時間を確保するのが大変だと感じている方も多いのでは?正社員を目指す上で育児や介護の時間を確保できるかどうかもチェックしておかないといけません。

職場によっては育児や介護に支障が出る可能性もゼロではないです。在宅勤務の場合、育児や介護の時間をある程度確保しやすくなるのがメリットに挙げられます。

会社勤務か在宅勤務のどちらを選択するかは家庭環境次第。

在宅勤務の正社員のメリット④:どこからでも勤務することができる

caption

魅力的な職場を見つけても勤務地が遠くて断念せざるを得ない場合も少なくないです。家や最寄駅から近いかどうかは就職活動を行う上でウェイトを置くようにしましょう。

在宅勤務の正社員の場合、勤務地を気にする心配が少なくて済みます。もちろん、仕事によっては打ち合わせで外出しないといけないので、そこは注意が必要です。

会社勤務だけでなく、在宅勤務の職場も視野に入れると選択肢を増やすことができます。

在宅勤務の正社員のメリット⑤:人間関係から来るストレスを減らせる

caption

会社の人間関係が心配もしくは悩まされていませんか。仕事をする上で会社の上司や同僚などの人間関係に悩まされる方も少なくありません。人間関係が原因で退職してしまう可能性も十分考えられます。

在宅勤務の正社員の場合、人間関係から来るストレスを減らせるメリットがあります。仕事の報告や連絡、相談していく中で最低限の人間関係が発生するので注意が必要です。

会社の人間や取引先と上手く関係を作れるかどうかは皆さん次第。

在宅勤務の正社員のデメリット

在宅勤務の正社員にはメリットばかりではなく、デメリットも同時に存在します。デメリットを知り、会社勤務か在宅勤務のどちらを選択するかが重要です。ここでは、在宅勤務の正社員のデメリットをいくつか挙げていきます。

在宅勤務の正社員のデメリット①:仕事とプライベートを切り替えるのが難しい

caption

仕事とプライベートを両立するのが難しい方も中にはいます。在宅勤務だと仕事と育児を両立するのは難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

仕事とプライベートの線引きするのが苦手な方は在宅勤務の正社員を目指すかどうか一度検討するようにしましょう。

両立できると感じた場合は在宅勤務の正社員を視野に入れることをおすすめします。

在宅勤務の正社員のデメリット②:切磋琢磨できるライバルを作りにくい

caption

会社に勤めていると、切磋できるライバルを作りやすいです。

ですが、在宅勤務の正社員の場合はライバルを作りにくいのがデメリットに挙げられます。身近にライバルがいる方が仕事が捗る方は在宅勤務が良いのかどうか一度考えておきたいところです。

在宅勤務の正社員のデメリット③:思うような評価を受けられない

caption

在宅勤務だと成果物のみで評価される可能性が高いです。相手が自分の進捗状況を見れない点に注意しないといけません。場合によってはその後の仕事に支障をきたす可能性も十分考えられます。

在宅勤務の正社員を選択する方は仕事の結果や成果物で評価されることを頭に入れておく必要があります。

在宅勤務の正社員のデメリット④:労災の範囲が複雑になる

caption

仕事を行っていく上で労災について心配している方もいると思います。在宅勤務の正社員の場合、労災の範囲が複雑になるデメリットが生じます。

どの範囲で適応されるかが心配な方は在宅勤務の正社員を目指すかどうか一度考えるとよいでしょう。

気になる方は在宅勤務の正社員で労災が認められたケースをいくつかチェックすることをおすすめします。その上で在宅勤務の正社員を目指すのも悪くありません。

その他の在宅勤務のメリットとデメリット

先ほど、在宅の正社員のメリットとデメリットをご紹介しましたが、他にも在宅勤務をする際にたくさんのメリットとデメリットがあります。

次の記事で在宅勤務の他のメリットやデメリットについて特集したので、ぜひ気になった方はご覧ください。

在宅勤務のメリットとデメリットをご紹介

在宅勤務の正社員を続けるコツ

在宅勤務の正社員を長期間続けていく上でいくつかポイントが存在します。自分を上手くコントロールしないと仕事を失ってしまう可能性も十分考えられます。

これから在宅勤務の正社員を目指す方のために長期間続けていくためのコツをいくつか紹介するので、一度参考にしてください。

家族の理解をもらうこと

caption

在宅勤務の正社員を目指す際、家族の理解をもらうことが大切です。人によっては在宅勤務に対する理解が少ない可能性も十分考えられます。

転職などで在宅勤務がメインの会社を選択する際は家族と一度話し合うことをおすすめします。育児や介護などについて役割分担すると良いでしょう。

勤怠管理をしっかり行う

caption

在宅勤務の正社員を長期間に渡って続けていくなら、勤怠管理をしっかり行わないといけません。仕事の進捗状況をしっかり報告し、会社の方とコミュニケーションを取ることが大事です。

体調不良などで仕事が遅れる際はできる限り早めに連絡するようにしましょう。

会社がどの形態で報告を推奨しているかをチェックし、しっかり使いこなせるようにすることをおすすめします。

服装を意識すること

caption

在宅勤務だから服装を気にしなくても大丈夫と感じていませんか。オフィスに行かなくてもSkypeなどで会社の方と通話する機会がどうしても出てきます。

その際、顔出しをしないといけないケースも少なくありません。会社の上司や同僚などは皆さんが一体どのような服装で仕事をしているかもチェックします。

第一印象を下げないためにも服装を意識しましょう。仕事の結果や成果物以外で評価が下がっては目も当てられないです。

仕事を行うための環境づくりを行うこと

caption

仕事に集中するためには環境づくりをしっかり行う必要があります。皆さんは一体どのような環境で仕事をしようと考えているでしょうか。

在宅勤務の正社員を目指す際は仕事に集中するための環境を用意できるかも重要になってきます。

仕事に集中しにくいものを置いていないかどうか一度チェックするようにしましょう。

健康管理を忘れないこと

caption

外出する機会が少なくなるため、人によっては日中座りっぱなしになる可能性も十分考えられます。運動する時間を少しでも作るなど健康管理に気を配ることも大切です。

いくら家の中で仕事ができると言っても体調を崩しては本末転倒です。不規則な生活習慣を見直すことをおすすめします。

在宅勤務の正社員を目指す上で用意したいもの

在宅勤務の正社員をこれから目指す上で最低限の準備をしないといけません。一体何が必要になるかをいくつか紹介します。

他にも在宅勤務の正社員をする上でおすすめのツールについてはこちらの記事もご覧ください。

リモートワークにおすすめのツール29選

在宅勤務の正社員を目指す上で用意したいもの①:パソコン

caption

在宅勤務をしていく中でパソコンは最低限用意するようにしましょう。

仕事の成果物をやり取りするだけでなく、会社の上司や同僚などと連絡するためのツールとしても役立ちます。また、WordやExcelなど必要なアプリをインストールしておくことも重要です。

パソコンと一口に言ってもいろいろあるので、価格や性能などをチェックして自分に合った1台を選ぶことをおすすめします。

在宅勤務の正社員を目指す上で用意したいもの②:ネット回線

caption

家で仕事を行う際、インターネットの環境を整備しておきましょう。

調べ物をするのはもちろん、コミュニケーションツールで仕事の進捗状況を報告するなど必要な場面が多いです。自分が使いやすいと感じたネット回線を繋げ、普段の業務に支障をきたさないようにするのがポイント。

ネット回線について分からないことがある際は業者に一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

在宅勤務の正社員を目指す上で用意したいもの③:コミュニケーションツール

caption

皆さんはどのコミュニケーションツールを使っていますか。在宅勤務を行う際はコミュニケーションツールを使いこなせるようにする必要があります。

会社によって推奨しているコミュニケーションツールが違います。ChatworkやSkypeなどの特徴を把握し、使いこなせるようにすることがコミュニケーションを円滑に行うコツです。

もちろん、普段からの気遣いも忘れないようにしましょう。

在宅勤務の正社員を目指す上で用意したいもの④:セキュリティソフト

caption

皆さんはセキュリティ対策を普段から行っているでしょうか。パソコンやスマートフォンなどに入っている情報を管理することも仕事を行っていく上で重要です。

大切な情報が流出したり、会社のパソコンがウイルスに感染すると上司や同僚からの信頼を失ってしまいます。

手持ちのパソコンやスマートフォンなどにセキュリティソフトをインストールしておくのも在宅勤務を行う際の基本。

会社や自分を守るためにも普段からセキュリティ対策について関心を持っておくことをおすすめします。USBなどにデータを保存する際は紛失しないよう保管場所に配慮する必要があります。

在宅勤務の正社員を目指す上で用意したいもの⑤:履歴書などの必要書類

caption

これから在宅勤務の正社員を募集している会社に応募する際は履歴書などの必要書類を準備するようにしましょう。分からないことは転職エージェントなどに相談することをおすすめします。

また、何かしらの成果物がある方はポートフォリオを用意してはいかがでしょうか。

自分のスキルを見てもらうのにポートフォリオは役立ちます。ちなみに会社の方は面接に来る人間のSNSをチェックしている可能性があるため、SNSの使い方にも注意しないといけません。

履歴書以上に情報を載せている可能性もゼロではないです。

在宅勤務の正社員の求人をどこで探せば良いか

自分に合った会社を効率よく探すことも大事です。最後に在宅勤務の正社員を募集している会社を探す方法をいくつか紹介します。求人をどこで探せば良いか悩んでいる方は一度参考にしてください。

他にも在宅勤務をする上でおすすめの求人サイトはこちらで紹介しているので、ぜひご覧ください。

在宅勤務のおすすめ求人サイト7選

在宅勤務のおすすめ求人サイト7選

エージェント

caption

就職エージェントに求人を紹介してもらうのも一つの方法です。場合によっては自分の予想以上に良い条件を出している会社に出会えるかもしれません。

履歴書などの書類の添削を行ってくれるのもエージェントを利用するメリット。気になる就職エージェントがある方はサービスの詳細などをチェックしてはいかがでしょうか。

クラウドソーシングサイト

caption

クラウドソーシングサイトには多くの案件が存在します。その中から気になった案件に応募し、仕事を続けていくのも選択肢の一つ。

継続して仕事を行うためにはクライアントとの信頼関係をしっかり築けるかどうかがポイントになってきます。

まとめ

在宅勤務の正社員はいろいろなメリットがある反面、仕事を集中できる環境を作らないといけません。ぜひ転職を考えている方は在宅の正社員も目指してみるの良いでしょう。

最新のコラム記事COLUMN

コラム をもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビュー をもっと見る