テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

リモートワークエンジニアって実際どう?給料やメリット・始め方をご紹介

目次

  1. 1. リモートワークエンジニアの人気が沸騰中!
  2. 2. 求人が増加し続けるリモートワークエンジニア
  3. 3. リモートワークエンジニアのメリット
  4. 4. リモートワークエンジニアのデメリット
  5. 5. リモートワークエンジニアに必要なスキル
  6. 6. 未経験からリモートワークエンジニアになるためには?
  7. 7. リモートワークエンジニアとして実績をあげるコツ
  8. 8. リモートワークエンジニアとして働く会社の選び方
  9. 9. リモートワークエンジニアのためのおすすめの転職サイトをご紹介
  10. 10. まとめ

リモートワークエンジニアの人気が沸騰中!

caption

新型コロナウイルス流行拡大の影響で、リモートワークという働き方が一般的になりました。今回はアフターコロナの新常識リモートワークのエンジニアについて徹底的に紹介したいと思います。

気になるリモートワークエンジニアの収入や、メリット・デメリット、働き方など様々な観点から紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

下のリンク先ではリモートワーク について詳しく解説していますのでご参考にしてみて下さい。

リモートワークとは?メリットや種類・導入方法について徹底解説!

求人が増加し続けるリモートワークエンジニア

caption

リモートワークエンジニアはその名の通り「リモートワーク」という勤務形態をとるエンジニアのことです。リモートワークは働く場所をオフィスに限定せずに自宅など様々な場所を拠点として勤務する新しい働き方のことを言います。

近年リモートワークエンジニアの需要は増加し続けています。それは日本のIT業界のエンジニアやプログラマーは常に人手不足になっているため、リモートワークでも働いてくれる人が欲しい、と考えている企業が多くいるからです。

リモートワークエンジニアは、パソコンとネット環境さえあれば場所や時間を限定せずに勤務することができます。ぜひこの機会にリモートワークエンジニアに転職・就職してみるのも一つの手です。

下のリンク先の記事では在宅のフリーランスエンジニアについて紹介しています。フリーランスでリモートワークエンジニアになりたい方はご参考にしてみてください。

在宅フリーランスエンジニアの本音を徹底解説|メリットやデメリットは?

リモートワークエンジニアのメリット

リモートワークエンジニアにはたくさんのメリットがあります。今回はリモートワークエンジニアの方が思うメリットのうち多く上がったものをいくつか紹介したいと思います。

通勤時間が無い

caption

リモートワークエンジニアの最大のメリットは通勤時間が無いということです。これにより通勤によるストレスがなくなり、空いた時間を仕事やプライベートの時間に当てることができ、「生活の質が大幅に向上した」という声を多く聞きます。

特に社内のリモートワーク制度がきちんと最適化された企業では快適にリモートワークすることができるので、転職や就職を考えている人は社内ルールに注目してみるのもいいかもしれません。

プログラムの開発に集中できる

caption

一般的なオフィス勤務のエンジニアの場合、会議などが入ったり他の人が周りに居て集中力が切れてしまうなどのことがありますが、リモートワークの場合は拠点がオフィス以外になるので、一人で行うことが多いので、誰にも邪魔されずに開発を進めることができます。

「一人の方が集中できる」という方にはリモートワークエンジニアがおすすめです。

家事や育児などと両立できる

caption

リモートワークエンジニアは自宅などを活動拠点に置き、勤務時間も自由な場合が多いので家事や育児の合間に勤務をすることができます。

しかし多く挙がる声ですが、「プライベートや家事と勤務時間が曖昧になってしまう」と感じる人も多いようです。そういう場合は勤務時間を決めるなどを自己管理をする必要があります。

大規模な開発に関われることがある

caption

リモートワークエンジニアの場合、様々な場所にいる技術力を持った他のエンジニアと共同で開発することにより大きな開発に携わるという機会が増えます。

大規模な開発に関わると自分の実践的経験や実績も増えるので、ぜひ「大規模な開発をしてみたい」という方にはリモートワークエンジニアがおすすめです。

リモートワークエンジニアのデメリット

一方でリモートワークエンジニアにはデメリットもあります。「リモートワークエンジニアのここがいまいち」という声を集めてみました。

他にもリモートワークのデメリットやその解決策をご紹介している記事がありますので、ぜひご参考にしてみてください。

リモートワークのデメリットとその解決策を徹底解説!

収入が増えにくい

caption

リモートワークエンジニアは一般的に会社と雇用関係を結びながら在宅勤務するエンジニアのことです。

その場合フリーランスエンジニアと比較して、社内の開発チーム全体として評価される場合があるので、成果を出してもすぐには収入には直結しにくい、というデメリットがあります。

生産性が上がらない

caption

リモートワークエンジニアのメリットとして、「開発に集中できる」という点をあげましたが、一方で一人では集中できないという声も上がっています。

「誰かにみられながら勤務をした方が集中できる」「チームでたくさん話し合いながら開発を進めていきたい」という方には不向きかもしれません。

その場合チャットツールなどを使い頻繁にコミュニケーションをとるなど工夫が必要です。

コミュニケーションが取りにくい

caption

基本的にリモートワークの場合はコミュニケーションを取る際はSlackやChatworkなどのチャットツールを使う場合が多いです。

しかしやはりオフィス勤務のエンジニアと比べてコミュニケーションの機会が少なくなってしまい、上司からのフィードバックなども減ってしまうので初心者には不向きです。

「少ないコミュニケーションでも十分な成果を発揮」という方がリモートワークエンジニアに向いていると言えます。

コミュニケーションツールの種類は様々なので自分たちに合ったツールを使うことをおすすめします。下のリンク先ではコミュニケーションツールなどのリモートワークをする上で便利なツールを紹介しています。

リモートワークにおすすめのツール29選!【これだけあれば安心】

リモートワークエンジニアに必要なスキル

リモートワークでエンジニアになるためにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。今回は必要なスキル

  1. プログラミング言語の習得
  2. コミュニケーション能力
  3. 自己管理能力

の3点について解説します。

リモートワークエンジニアに必要なスキル①:プログラミング言語のスキル

caption

プログラミング言語がわかるかどうかは基本です。より多くの言語を習得していれば多くの仕事を任せてもらう事ができるので有利になりますし、キャリアアップにもつながります。プログラミング言語は独学でも勉強できますが、スクールに通ってみてもいいかもしれません。

基本的なプログラミング言語のJavaとRubyについて紹介している記事がありますのでご参考にしてみてください。

【徹底紹介】Javaはリモートワークに向いている?仕事の始め方は?リモートワークエンジニアならRubyがおすすめ!その理由と始め方を徹底解説!

リモートワークエンジニアに必要なスキル②:コミュニケーションスキル

caption

対面のミーティングよりもWeb会議ではコミュニケーション能力が必要だと言われています。

いかにリモートでクライアントの要望を汲み取る事ができるかが重要なのです。普段から様々な人とコミュニケーションをとって訓練してみましょう。

リモートワークエンジニアに必要なスキル③:自己管理スキル

caption

リモートワークはオフィスワークとは違い、自己管理が非常に重要です。休憩や家事の時間と勤務時間が混同しがちなので、自分でしっかり時間を決めて業務に取り組まなければなりません。

自己管理を怠っていると、チームのメンバーからの信用を失ってしまう場合もあるので注意が必要です。

未経験からリモートワークエンジニアになるためには?

未経験からリモートワークエンジニアになりたいという方も多いと思います。そんな方に未経験からリモートワークエンジニアになる方法を紹介したいと思います。

下のリンク先では未経験でリモートワークのお仕事を探す際の探し方を紹介しています。

未経験でもできるリモートワークの求人をご紹介!探し方は?

最初はWeb系のプログラミング言語を習得しよう

caption

ITエンジニアの職種にはネットワークエンジニア、Webエンジニア、アプリエンジニア、インフラエンジニアなど様々ですが、一番リモートワークでの求人が多いWebエンジニアです。

Web系のプログラミング言語にはPHPやHTML、JavaScript、Pythonなどがございますが、初学者におすすめなのはPHPとHTMLです。

HTMLはブラウザとテキストエディタさえあれば使えるので最初にプログラミング言語を学ぶという方には触りやすい言語と言えるでしょう。次にPHPはサーバーサイドで動作するプログラミング言語で、Web系エンジニアには必須の言語と言えるでしょう。

初めは出社エンジニアとして現地で勤務するのがおすすめ

caption

未経験から初めからリモートワークエンジニアとして働くことは難しく、最初は一般的なオフィスで働くエンジニアとして働くことがおすすめです。それはエンジニアの技術を教えてもらう人が近くにいることによって成長速度が大きく変わるからです。

初めはこのように実際に経験を積んでからリモートワークエンジニアに転向する、という流れがおすすめです。

リモートワークエンジニアになるにはWeb系スタートアップがおすすめ

caption

リモートワークエンジニアの求人には様々な業種、業界、大企業、スタートアップなど種類は多岐に渡ります。

そんな中Web系のスタートアップはリモートワークの制度が整備されている企業が多いので、リモートワークエンジニアで働きたいと考えている人はWeb系スタートアップが狙い目です。

他にも大企業よりも比較的大きなプロジェクトに参加できる場合が多いので、「自分の技術を磨く」という観点でもスタートアップでリモートワークエンジニアとして働くことに大きな意義があります。

リモートワークエンジニアとして実績をあげるコツ

リモートワークエンジニアとして実績をあげるコツを紹介したいと思います。

今回は

  1. 自ら主体的に学ぶ
  2. 人脈や視野を広く持つ

の2種類をご紹介します。

リモートワークエンジニアとしてのコツ①:自ら主体的に学ぶ

caption

リモートワークエンジニアとして成長するために常に自分から学ぶ姿勢を持つことが重要です。例えば、空いている時間に技術書を読んだり、上司に積極的に質問していくなど主体的に動くことが重要です。

それによって社内での評価が上がるだけではなく、新たな発見が増えエンジニアとしてのスキルもアップさせることができます。

リモートワークエンジニアとしてのコツ②:人脈や視野を広くもつ

caption

リモートワークエンジニアとしてただ働くのではなく、職場を人脈を広げる場である、ということを意識してみてください。今後転職する場合や、フリーランスエンジニアに移行する場合には人脈は非常に重要な手段です。

ここでの技術は一般的にはどのくらいのレベルなのか、ということを常に意識することも技術力を磨く秘訣と言えます。

リモートワークエンジニアとして働く会社の選び方

リモートワークエンジニアを募集している会社はたくさんありますが、その中でも会社を選ぶコツを紹介したいと思います。

そもそもプロジェクトが面白そうかどうか

caption

まず、リモートワークエンジニアを募集している企業が行なっている事業やプロジェクトが面白そうか?というところが一つ重要な観点です。

そもそもこれから開発していくプロジェクトに面白みを持って自ら開発する姿勢を作ることがスキルアップのコツです。

このように募集要項を見るなどしてどのような開発を行うのか話を聞いてみて自分が惹かれるプロジェクトかどうか、というところをみることがおすすめです。

給料や福利厚生が良い

caption

もちろんもっとも重要な観点として福利厚生や給料があります。自分のスキルにあった案件を複数見つけ、求人ごとに相場と比較することによりその求人の給料が適切かどうか見極めてください。

リモートワークの度合い・休日

caption

一概にリモートワークエンジニアと言っても、完全リモートワークな企業や、週2〜3日出勤の一部リモートワークなど、形態は様々です。

フルリモートワークの場合地方などに住んでいても勤務可能な場合が多いので、ご自身の要望に合わせた求人を見つけてみてください。

リモートワークエンジニアのためのおすすめの転職サイトをご紹介

転職サイトは次の3つがおすすめです。ぜひ転職サイトに迷っている方はこちらのサイトから求人を探してみてください。

マイナビエージェント×IT

caption

マイナビエージェント×ITの特徴はとにかく求人件数が多いという点です。求人案件が多いと、自分の要望にあった求人を見つけやすいという特徴があります。ぜひ多くの求人案件を見つけたい、という方はこちらをご利用ください。

レバテックキャリア

caption

レバテックキャリアはJavaやPHPなどのWeb系エンジニアの他、Pythonなど幅広いIT・Web系エンジニアの求人案件を掲載しているのが特徴です。専門のコーディネーターとのカウンセリングを行い求人を紹介してくれるので、求人に迷ってしまうという方でも自分にあった案件を紹介してくれます。

まとめ

今回はリモートワークエンジニアについて様々な観点から紹介させていただきました。紹介した通りリモートワークエンジニアには向き不向きがあるので、ぜひご自身でリモートワークエンジニアが合っている職業なのか、確かめてみてください。

エンジニア以外にも在宅で働くことのできるお仕事もありますのでご参考にしてみてください。

在宅ワークでできるおすすめの仕事15選

最新のコラム記事COLUMN

コラムをもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビューをもっと見る