テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

在宅勤務の実態ついて徹底解明 | メリットやデメリットは?

Afterコロナの新しい働き方「在宅勤務」

caption

コロナウイルスの感染拡大に伴い、常識となった「在宅勤務」ですが、コロナウイルスの感染拡大後も在宅勤務を「標準」にする企業は増え続けると予想されます。

今回はそんな在宅勤務の意味や、在宅勤務のメリットやデメリット、在宅勤務によるストレスの解消法などを徹底的に紹介したいと思います。ぜひ在宅勤務について知りたい方は参考にしてみてください。

在宅勤務とは?

caption

在宅勤務とはテレワークの一種で「会社のオフィスなどに出勤することなく、自宅を就業場所として働く」テレワークの形態のことを指します。働き方改革の政策の一つとして政府が在宅勤務を推奨していることもあり、多くの企業が在宅勤務の制度を導入しています。

現在の企業の多くは毎日在宅勤務というわけではなく、週のうち1〜2日など日数を制限して在宅勤務を導入している企業が多いです。職種はデザイナーやエンジニア、他にもライターなど多岐にわたる職業に取り入れられています。

ますます多くの企業が在宅勤務を「標準」に

caption

コロナウイルスの影響を受けて在宅勤務を推奨している企業が増えていますが、それと同時にコロナウイルスの感染拡大が収束した後も在宅勤務を「標準にする」企業が増えています。

その一例としてひさし製作所は生産現場で働く人を除いては週2〜3日を在宅勤務に設定する制度を設けました。このように、在宅勤務は身近になものになりつつあると言えます。

在宅勤務のメリットは?

在宅勤務には多くのメリットがあります。今回は多くあるメリットのうちいくつかを紹介します。

在宅勤務のメリットについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

在宅勤務のメリット・デメリットを徹底紹介!

在宅勤務のメリット①:通勤時間が「ゼロ」になる

caption

まず第一に「通勤時間がゼロになる」という点です。一般的なオフィスワークの場合通勤の際に必要な時間があり、毎朝通勤に時間と体力を使います。それに対して在宅勤務の場合は通勤時間がゼロになりその時間を自分のプライベートの時間に使う、あるいは勤務時間に充てるなど、仕事の効率のアップに繋がります。

他にも在宅勤務を行う場合勤務時間が自由になる場合が多いので、時間にとらわれずに作業を行うことができます。このように時間にゆとりができることにより様々なメリットが得られます。

在宅勤務のメリット②:効率や生産性がアップする人が「多い」

caption

在宅勤務のメリットとして「効率や生産性が上がる人が多い」という点があげられます。これは在宅勤務のメリット①でも述べましたが、通勤時間がないことや、基本的に一人で作業することにより、無駄な会話や騒音などがない状態で作業ができるため、勤務に集中することができ、生産性がアップするという人が多いと言えます。

しかしその一方「一人だと生産性が上がらない」「在宅勤務では集中力があがらない」という声も上がっているので、「生産性」という面でご自身が在宅勤務に合っているかどうかぜひ考えてみると良いでしょう。

在宅勤務のメリット③:地方からの勤務ができる

caption

在宅勤務のメリットとして「地方からでも勤務することができる」という点があげられます。これは在宅勤務なので通勤が必要がなく、勤務場所に制限がなくなるからです。

ある調査ではテレワークをきっかけに53%の人が地方への引っ越しを検討しているというデータも残っており、実際に地方から東京などの都心の企業に在宅勤務したい、と考えている方も増えているようです。地方で在宅勤務を行うメリットとしては「物価・家賃が安い」「治安が良い」「移動が楽」などがあげられます。

在宅勤務にはデメリットもある

もちろん在宅勤務にはデメリットもあります。今回はいくつか在宅勤務のデメリットについても併せてご紹介したいと思います。

在宅勤務のデメリット①:「人によっては」生産性が低くなる・集中力が続かない

caption

先ほど在宅勤務のメリットとして生産性が上がるとご紹介しましたが、人によっては「生産性が落ちる」と考える人もいるようです。実際、日本人のうち40%の人が在宅勤務をした場合の生産性がオフィス勤務より低下すると考えている、という調査結果も出ているようです。

在宅勤務になると家で一人での勤務になることが多いので、誰にも見られていないことでメリハリがつかなかったりだらだらと過ごしてしまう、などしっかりと自己管理ができないと生産性が落ちてしまう人も多いようです。

在宅勤務をはじめる方はしっかりと生産性の観点でご自身が在宅勤務に合っているのかどうかご確認してみてください。

在宅勤務のデメリット②:コミュニケーションが難しい

caption

在宅勤務のデメリットとして「コミュニケーションを取るのが難しい」という点があげられます。オフィスがないので社員や仲間同士で顔を合わせながら会話をすることが少なくなります。それによってオフィスでの勤務ならできる簡単な相談でも難しい、と感じてしまう人は少なくないようです。

コミュニケーションが減ることにより、上司が自分の成長を妨げていると感じ、その結果会社に対する忠誠心も減ってしまうというケースもあるそうです。

その他にもコミュニケーションを取る機会が減ることにより孤独を感じる人もいるようです。なので適度に外に出る、コワーキングスペースなど場所を変えて勤務するなど様々な工夫をする必要があります。

在宅勤務のデメリット③:人事評価が難しい

caption

在宅勤務のデメリットとして「人事評価が難しい」という点もあげられます。従来の人事評価システムでは、多くの企業で実際の成果だけではなく「集団の中での協調性」や「勤務時間の長さ」も重視されてきました。

しかし、在宅勤務の場合直接社員の働きぶりがみられる訳ではないので、従来の評価制度では評価されにくいという点がデメリットとしてあげられます。特に出社する社員と在宅勤務をする社員が共存している企業では評価に差が出るなど、の問題が発生しているケースがあるそうです。

在宅勤務の各社の取り組みについて見る

caption

各社の在宅勤務について「在宅らぼ」では各社に独自でインタビューの方をさせていただきました。ぜひ各社の取り組みについて見たい方はこちらの記事もご覧ください。

会社インタビュー記事一覧を見る

在宅勤務は「共同スペース」を活用することによりよりよいものに!

caption

在宅勤務で生産性が上がらない、などの悩みを抱えている方はぜひコワーキングスペースやカフェなどの「共同スペース」を利用するのがおすすめです。コワーキングスペースとは起業家やフリーランス、出張が多い人などの孤立を感じやすい職種の方に人気の図書館やカフェのようなオープンスペースで、実務を行うことができる場所です。コワーキングスペースでは仕事や作業を中心に行う人が集まるので生産性を保つことや参加者同士のコミュニケーションを盛んに行うことができます。

今後も在宅勤務をする人向けのコワーキングスペースは増加し、ますます在宅勤務をする環境は整ってくると予想されます。

話題の在宅勤務おすすめのグッズ「テレワーク向けバッグ」

caption

テレワーク向けのバッグとはテレワーク向けに作られたバッグでデスクまわり用品を持ち運ぶバッグや、外側両面にポケットがあり、PCの小物などを効率よく収納できる機能がついてるなどテレワークをするのに便利なバッグのことを表します。

コワーキングスペースなどに移動するときに荷物がかさばることに抵抗のある方はぜひ購入を検討してみるのもいいかもしれません。

ストレスを貯めない在宅勤務の過ごし方とは?

テレワークをしていると一人で作業をするため、どうしてもストレスが溜まってしまうものです。今回は気軽にできるおすすめのテレワークのストレス発散方法をご紹介したいと思います。

在宅勤務によるストレス解消法①:時間の管理を徹底する

caption

在宅勤務の場合プライベートと勤務時間の差が曖昧になりがちです。そこでしっかりと区別をつけるためにタイマーなどを使って勤務の時間を管理するのがおすすめです。これによりプライベートの時間にメリハリがつき、仕事のことを考えずにリフレッシュすることができます。

例えば「午後の2時〜4時は休憩時間にする」「この仕事は3時間で終わらせる」など、ルールは人それぞれで構いませんが、時間の管理を徹底することでストレスフリーな在宅勤務を行うことができます。

在宅勤務によるストレス解消法②:適度にWeb会議を行う

caption

先ほど、在宅勤務のデメリットで紹介した通り在宅勤務では孤独を感じやすいです。そんな中ZoomやSkypeなどのツールを使って適切な頻度でWeb会議を行い上司や仲間とコミュニケーションを取ることによって孤独感を解消し、生産性を保つことができます。

他にもWeb会議は迅速に情報共有や意思決定を行うことを可能にしたり、会話を通して業務を行うことにより離れていても社内に一体感をもたらしてくれる効果があるので、Web会議システムを積極的に取り入れることがおすすめです。

こちらの記事ではWeb会議アプリやチャットアプリなどのおすすめのコミュニケーションツールを紹介しています。

在宅勤務におすすめのツール29選について見る

まとめ

今回は在宅勤務の意味や、メリットとデメリットとその解決方法について、そしてストレスを貯めない働き方などについて紹介しました。在宅勤務をしようとと考えている人の参考になれば幸いです。

最新のコラム記事COLUMN

コラム をもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビュー をもっと見る