テレラボ|リモートワーカーのための求人メディア

在宅ってどういう意味?注目の働き方について徹底解説!

在宅の意味について徹底解説!

caption

コロナ渦の今、「在宅勤務」「在宅ワーク」といった、「在宅」という言葉を耳にすることが多くなりました。外出や故郷への帰省の自粛が求められる今、「在宅」を余儀なくされている実情があります。

「在宅」することに、閉塞感やマイナスのイメージを持つことが多いのですが、「在宅」の持つ意味を見直し、「在宅」の可能性と「在宅」している今だからこそできることを探ってみましょう。

「在宅」の意味は「家にいること」

caption

「在宅」の意味は、文字通り「家にいること」を意味しています。外出の自粛が叫ばれているから家にいるしかないと考えがちです。

しかし、これまで通勤時間も含めて休日以外在宅することができなかった生活から、家族とともに在宅できる環境へとシフトでき、家族と触れ合える時間が増えています。

「在宅」の意味は消極的から積極的へ

caption

これまで「在宅」というと、「在宅介護」「在宅看護」など、受けられる人は自宅でリラックスして過ごせるのですが、家族が一丸となって取り組むべき負担の大きな状態が思い浮かんでいました。

また、昼間在宅していると、仕事をしていない、生産性が低い、扶養家族ととらえられがちでした。しかし、インターネットの普及によって、本来出社しないとできなかった仕事が在宅でも可能になってきています。

「在宅」の意味は、「働く」ということから見ると、消極的な立場から、積極的な立場へと変貌を遂げつつあります。

「在宅勤務」と「在宅ワーク」の意味と違い

コロナ渦の今、「在宅勤務」「在宅ワーク」といった言葉をよく耳にしますが、これらの言葉は全く同じ意味ではありません。「在宅勤務」と「在宅ワーク」のそれぞれの意味と違いを確認してみましょう。

在宅勤務の意味は?

caption

在宅勤務は、会社に出社して行っていた業務を、自宅で行うことを言います。在宅勤務中は、出社する必要がないため、通勤する必要がありません。在宅できるため、家事育児と仕事の両立ができます。

これまで仕事でほとんど在宅できなかった人も在宅勤務によって在宅できるようになりましたが、すべての業種で可能なわけではありません。残念ながら、在宅勤務が可能な業務は限られています。

在宅勤務について詳しく見る

在宅ワークの意味は?

caption

「在宅ワーク」は、家にいながらできる仕事で、受注したものを納品する請負業務を意味しています。在宅勤務と違って、在宅ワークは出来高制になっているため、在宅勤務のような福利厚生がなく、賃金も低めです。

これまでの「在宅ワーク」は、シール貼り、宛名書き、小物作り、通信教育の添削といった、いわゆる「内職」といわれる業務が中心でした。

しかし、インターネットの普及により、データ入力、事務処理作業など、いわゆるオフィスワークも請け負うことができるようになりました。

在宅ワークについて詳しく見る

在宅勤務と間違いやすい3つの働き方と意味

新しい働き方である「テレワーク」「モバイルワーク」「サードプレイスオフィス勤務」は、会社に出社しない働き方ですが、「在宅勤務」と全く同じ意味ではありません。この3つの働き方の意味の違いを探ってみましょう。

テレワークやリモートワークとの違いは?

caption

「テレワーク」は「tele=離れたところ」「work=仕事」を合わせた造語で、「リモートワーク」と同義語として扱われています。会社から離れたところで仕事をすることを言います。出張業務も、広義ではテレワークに当てはまります。

在宅勤務も在宅ワークも、テレワークの一つであり、事務仕事だけがテレワークとは限りません。自宅に限らず、会社と離れたところで仕事をすることが「テレワーク」になります。

テレワークについて詳しく見る

「モバイルワーク」は在宅でもなく会社でもない

caption

「モバイルワーク」はパソコンやタブレットスマートフォンなどを活用し、自宅でも会社でもない場所で仕事をすることを意味しています。モバイルワークは、カフェや図書館などや、移動中であっても可能であり、場所は問いません。

「サードプレイスオフィス勤務」はあくまでオフィスワーク

caption

「サードプレイスオフィス勤務」は、あくまでオフィスワークなので、在宅勤務とは異なりますが、サテライトオフィスなど、会社以外の専用スペースで仕事をすることを意味しています。

つまり、「サードプレイスオフィス勤務」は「テレワーク」「リモートワーク」の一つですが、在宅勤務とは異なり、オフィスワークの新しいかたちになります。

広がる「在宅ワーク」の意味と選択肢

caption

在宅ワークは、請け負った業務を納品することによって賃金が発生する出来高制であり、これまではどちらかというと賃金は低めに抑えられていました。

しかし、システム開発やプログラミング、マーケティング・コンサルティング業務といった高度なスキルを必要とする在宅ワークも登場し、必ずしも賃金が低いものばかりではなくなってきています。

インターネットの普及により、在宅でできる仕事は広がりを見せ、テレビ電話を利用した英会話やトレーニングなどの個人レッスンなど選択肢も広がり、もはや在宅でできる仕事は事務仕事だけではなくなってきています。

在宅ワークを始めるのに、必要なスキルは多様性を持ち始めています。自分の持っているスキルが多ければ、選べる在宅ワークの選択肢が広がります。

在宅ワークは詐欺被害も多いので注意

caption

在宅ワークでは、納品しても報酬が支払われないケースや、高額の登録料などを支払い、結局仕事が紹介されなかったケースなど、詐欺被害も多いので注意が必要です。

あらかじめ投資しないと始められない仕事を紹介する業者は詐欺であると考えましょう。また、在宅ワーカーと発注業者をつなぎ、仲介するサイトがあるので、報酬を受け取る際に手数料が発生しますが、サイトを利用すると安全です。

「在宅」の意味とメリットを見直す

caption

これまで「在宅」の仕事は、大きな仕事ではなく、低賃金の内職のようなものという捕らえられ方がされてきましたが、在宅勤務・在宅ワークの仕事の幅に広がりができ、高いスキルを必要とする高収入が得られる仕事も増えています。

在宅勤務の広がりによって、満員電車での通勤が必要なくなり、単身赴任・転勤といった移動も抑えられ、故郷にいながら都会の会社で働くことも可能になってきました。

長時間会社に拘束されていた時間が、自由に自分の裁量で活用できるようになり、家族と触れ合える時間を休日以外に持つこともできるようになりました。

「在宅」を家にいることができるようになったチャンスととらえて、新しい家族の在り方を模索し、自分らしく活用していきましょう。

在宅勤務のメリットとデメリットについて詳しく見る

まとめ

今回は在宅という言葉の意味とテレワークや在宅ワークとの意味の違いなどを説明しました。在宅という生き方について興味を持っていただいた人の参考になれば幸いです。

カテゴリー

最新のコラム記事COLUMN

コラムをもっと見る

最新のインタビュー記事INTERVIEW

インタビューをもっと見る